読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



オーストリア2日目 〜ザルツブルク散策〜 世界一周27日目★

スポンサーリンク



昨夜からついにドイツを出て、オーストリアのザルツブルクにいます。

 

それでもザルツブルクはドイツとの国境付近。

オーストリアもドイツ語を話すらしく、地下鉄のUバーン、Sバーンと言うのも一緒。

あまり違う国に来たという感覚はありません(笑)

 

今朝は一泊5000円越えのホテルで朝食ビュッフェを堪能。

f:id:Relie:20160818225122p:plain

期待に応えるほどのクオリティーではなかったが、やはり朝ごはん食べ放題というのはテンションが上がる。

 

 

f:id:Relie:20160818225744p:plain

こちらが泊まっていた宿。

昨夜着いた時にはレセプションがもう終了していて、WiFiが使えなかった。

今朝8時からオープンと書いてあるのに普通に何十分も遅れてオープン。

やっと空いていると思ったらどうやら受付嬢が朝ごはんを取りに行っている様子で不在。

値段の割にいい加減なホテルだなと思った。オススメはしません。

 

目指すはホーエンザルツブルク城!

f:id:Relie:20160818230443p:plain

街を流れるザルツァハ川を渡ります。

 

f:id:Relie:20160818230601p:plain

モーツァルトの出身地というだけあって、

町中モーツァルトだらけです! 

 

f:id:Relie:20160818230718p:plain

モーツァルト広場にはモーツァルトの石像が飾られています。

 

f:id:Relie:20160819054226p:plain

さらにここはモーツァルト広場の隣にある レジデンツ広場です。

 

f:id:Relie:20160818230724p:plain

ザルツブルクカテドラルでは日曜日のためミサが行われていました。

入り口にミサ中は入れないみたいなことが書いてあったのですが、みんな普通に入っていきます。

もちろん我々も入り少しミサを見学しました。

 

カテドラルを過ぎると謎の大きな金の玉が輝くカピテル広場に出ます。

f:id:Relie:20160818230917p:plain

謎大金玉の上には男が遠くを見つめて立っています。

丘の上にあるのがホーエンザルツブルク城。

 

f:id:Relie:20160818231254p:plain

なんでも見つめる先には女の像がありそれもまた男の方を見つめているっぽいことが書いてあったのですが、いくら探しても女を見つけられませんでした。。

 

f:id:Relie:20160818231350p:plain

広場では巨大チェスのゲームが行われています。

  

 城へ行くには結構坂を登ります。

城の敷地には無料WiFiが通っていました!

f:id:Relie:20160818231850p:plain

チケットはスタンダードベーシックの2種類。違いはマジカルシアターが付いているかどうか。

正直マジカルシアターがなんなのか、どの程度のものなのかわからなかったので私たちはベーシックを購入。

f:id:Relie:20160818231907p:plain

1人9.2ユーロです。

なんとベーシックでも日本語オーディオガイド付きです!!

これは嬉しい!

 

城敷地内に入り進んでいくと、ちょっと道をそれ外に出た所でこのような絶景に出会うことができます。

 

f:id:Relie:20160818232244p:plain

緑が多くて本当に綺麗です。

 

さらに先に進んでいくとオーディオガイド使用スポットにたどり着きます。

f:id:Relie:20160818232415p:plain

ここにも受付がありチケットを見せるので買ったチケットは無くさずに持っておくようにしましょう。

 

ホーエンザルツブルク城は、

ローマ教皇グレゴリウス7世神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門したことで有名な1077年のカノッサの屈辱

に対しての皇帝派の報復を恐れて教皇派が作った防衛施設らしいです。

時代とともに外敵から身を守るために防壁に強化が行われてきたようです。

ここの部屋ではオーディオガイドとともにその移り変わりについて見学できました。

f:id:Relie:20160818233937p:plain

最初はこんなもんだった。

f:id:Relie:20160818233918p:plain

増築が繰り返されだんだんと城っぽくなっていくのがわかります。

f:id:Relie:20160818233926p:plain

皇帝派によるザルツブルク焼き討ちの際も焼失を免れたらしいが、

ナポレオン戦争の際、1816年からはザルツブルクの街ごとハプスブルク家の支配下に入ったらしい。

 

f:id:Relie:20160818235620p:plain

拷問の部屋では様々な拷問器具が展示されていたが、実際にここで拷問が行われたことはなかったらしい。

 

f:id:Relie:20160818235822p:plain

狭い階段を登り屋上に出ると、ここでも素晴らしい景色を眺めることができる。

 

f:id:Relie:20160818235825p:plain

ザルツブルクの街並みが一望できる。

この地理的有利もこの城の防衛施設としての強みだったらしい。

 

f:id:Relie:20160818235812p:plain

 

オーディオガイドを終えて城を出た後は、チケットに含まれているミュージアムへ足を運んだ。

f:id:Relie:20160819000320p:plain

f:id:Relie:20160819000336p:plain

戦争の様子や武器などが展示してあり、個人的にはなかなか面白かった。

 

下界に降りた後は、モーツァルトの生家へ訪れた。

たくさんの人が前に集まっている。なんと隣は今ではスーパーになっている。

なんか残念。。

f:id:Relie:20160819000548p:plain

中に入ってみたい気もあるが、値段が一人10ユーロもしたのでやめた。

これからの長旅に向けて、どこで金を払って見学をし、どこをパスするかは重要だが難しい選択だ。

特にヨーロッパは見学料も高い。

取捨選択の力を磨くいい機会だと思いたい。

 

この後特に行きたいところが思い浮かばなかったので二泊目の宿へ移動。

AMEDIA HOTEL EXPRESS SALZBURG CITY

というホテルのツインルームに滞在する。

 一泊二人で約8750円。一人4375円。

決して安くない。タイミングが悪かったのかもしれないが、ザルツブルクの宿は高かった。。

 

この後の散策は別行動することに。

私は庭の美しいミラーベルガルデンを見学したり、

ザルツァハ川沿いを散歩したりして街を散策した。

f:id:Relie:20160819001727p:plain

天気も良く庭は本当に綺麗だった。

 

f:id:Relie:20160819001659p:plain

庭から見えるホーエンザルツブルク城。美しい。

 

f:id:Relie:20160819001847p:plain

川沿いを散歩している時の景色。景色が綺麗だと川沿い散歩は余計気持ちが良い。

 

f:id:Relie:20160819052059p:plain

川沿いではマーケットがやっていた。

 

f:id:Relie:20160819052619p:plain

モーツァルトの家の前の通り。おしゃれな看板がバンバン突き出ていて超おしゃれ。

 

f:id:Relie:20160819052850p:plain

夕食はケバブを3.9ユーロで買って川沿いで食べた。

その後一旦ホテルへと戻った。

 

f:id:Relie:20160819052940p:plain

夕焼けが半端なさそうだったので外へ飛び出した。

太陽は見えなかったものの、街を赤く染める力はものすごく強かった。

 

f:id:Relie:20160819052956p:plain

そのまままた中心地まで散歩。夜のまち歩きというのもまた楽しいものだ。

 

f:id:Relie:20160819053040p:plain

ふらふらと歩いていたら頭上に猫の置物が!と思ったら本物の猫だった。

なんとも置物のように2匹揃って動かなかったので見間違えてしまった。何を必死に見つめているんだろう?

 

そんなこんなでザルツブルクの街を1日歩き堪能しました。

ザルツブルク観光は今日1日でおしまい。

明日はオーストリアの首都、

音楽と芸術の都ウィーンへと向かいます!

 

スポンサーリンク