読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



ドイツ13日目〜ミュンヘンでテロ〜 世界一周25日目★

スポンサーリンク



今日は昨晩ホストの方に教えてもらった、ナチス時代の収容所のあったダッハウへ行くことに。そうです。ダッハウ強制収容所です! 

f:id:Relie:20160815051021j:plain

 ここはオラニエンブルク強制収容所と並んでナチスの最も古い収容所と言われているらしいですね。

なんとも極悪な人体実験も行われていたのだとか。

そんなダッハウへはメトロとバスで向かいます。

 

 

とりま宿を出てしばらく歩くと、日本人ぽい人。。


そして背中には、家主のお友達が持ってる楽器と同じものが。

 

この人だ(°_°)!

 

声をかけたらやっぱりそうでした〜


や〜、日本語通じるっていいですね(^^)

 

どうもどうもってかんじで挨拶して、あ、じゃあまた っていう風なやりとり(笑)

 

また宿帰ってからお話しするのが楽しみになりました(^^)

 

メトロでダッハウ駅まで向かい、
そこからは人の流れについていく感じでバスに乗り、降りるところも流れに身を任せていきました(笑)

 

こちらの施設は入場無料。

f:id:Relie:20160815052352j:plain

f:id:Relie:20160815052441j:plain

すごく広い土地です。ここにたくさん収容所施設が並んでたんだなぁ。

 

f:id:Relie:20160815052613j:plain

f:id:Relie:20160815052726j:plain

たくさんの資料も飾られてます。言葉がわからないのでいまいち理解できないのですが、写真などを見ながらなんとも言えない気持ちになりました。

無料で30分ほどの映画が上映されているので時間が合えば是非。日本語はありませんが映像を見るだけでも伝わるものがあると思います。

f:id:Relie:20160815052815j:plain

戦争資料館やこういった所をもっとたくさんの人に見てもらうと争い事、犯罪はなくなるんじゃないか、とか思ってました。。

 

ダッハウの後はミュンヘン市街散策へ。

 

f:id:Relie:20160815053715j:plain

ミュンヘン新市庁舎。現れた時あまりの迫力におー!!となります。

ここでは聖金曜日と諸聖人の日を除く毎日11:00、12:00(3~10月は17:00も)から約10分間からくり時計が現れる。

夜9時にはミュンヘン小僧がおやすみのあいさつに現れるらしい。

f:id:Relie:20160815053801j:plain

ペータース教会からの景色。新市庁舎フラウエン教会がドンと見渡せます。

私はここから17時のからくり時計をみました!

f:id:Relie:20160815055256j:plain

展望台の料金は2ユーロ。かなり狭い階段を登っていきます。そしてかなり疲れます。

 

f:id:Relie:20160815053843j:plain

フラウエン教会の内装。

 

f:id:Relie:20160815053914j:plain

 面白い噴水。

 

f:id:Relie:20160815055820j:plain

私はこの塔をペータース教会と間違えて不覚にも登ってしまいました。

しかも料金はペータースの2倍の4ユーロ。そこから見えた景色がこれです。

 

f:id:Relie:20160815055857j:plain

窓越しだし窓小さいし見にくい。悔しくてたまらなくなりました。

その後本物を発見して登った次第です。みなさん気をつけて下さい。

この建物に4ユーロ払って登る価値はありません!

 

いやー、今日はたくさん歩いて疲れたので18時ごろメトロに乗り込み帰宅しました。

 

そんな今日、ミュンヘンでのテロ!

ショッピングセンターで銃撃事件があったのです!

 

ミュンヘンのあるバイエルン州は連続でテロが起きてます(°_°)

 

 

こ、怖い(°_°)近い。

 

私達はミュンヘン中心部、新市庁舎の広場でからくり時計が17時に動くのを見てました。

 


私がもう疲れてたので早々と宿に帰ってゆっくり。


私達はテロ直前に帰ってきてたので何が起きたのかぜんぜん知らず、家主さんが帰って来た時に聞いてもうビックリ(*_*)

 

電車やバスが止まってしまってみんな帰れなかったそう。

 

もう少し帰るのが遅かったら宿に戻れなかったかもだし、もしかしたら現場近くに行ってたかも。。と思うとヒヤッとしました(°_°)

 そしてたくさん人が集まるあの広場が標的になっていたらと思うと怖くてたまりません。

 


ドイツ危ない(°_°)

 

 

はやく出よう(°_°)

 


というわけではないですけど、


ちょうどもうそろそろ次の国に行こうと決まったところでした。

 

 


明日ドイツを離れオーストリアに行きます!!

 

 

スポンサーリンク