2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



ギリシャ5日目〜バイクでサントリーニ島を駆け回る!(レッドビーチ、ワイナリー、灯台夕日など)〜世界一周51日目★

スポンサーリンク

 さて、今日は朝5時半に起きてホテルのテラスから朝日を眺める!

 

予定でしたが、完全に寝過ごしてしまいました(笑)

 

とは言ってもまだ6時40分ごろ。まだ間に合う!

 

テラスに駆け上がるとすでに日は昇って行き、

 

f:id:Relie:20170426021357j:plain

 

綺麗な朝日を見ることができました!

 

その後再びベッドのぬくもりを満喫し、再び起きた頃には9時を大きく回っていた。

 

まあ焦ることはない。ゆっくりリゾートを満喫しよう。

 

 前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

 

f:id:Relie:20170426021359j:plain

11時頃チェックアウトし次のホテルへ。

 

f:id:Relie:20170426021401j:plain

メイン通りを北に進むこと約7分ほど。(ハイシーズンだけあって、メイン通りはガヤガヤしている。)

 

今回のホテルは、 

DREAM ISLAND HOTEL 

f:id:Relie:20170426021402j:plain

 11時20分。ホテル着。

少し日本語をしゃべる男性が所々日本語を織り交ぜながら案内をしてくれた。

 

部屋へ行く途中に見た景色に私たちのテンションは一気に上がった。

 

f:id:Relie:20170426021431j:plain

 

 

 めっちゃいいホテル!!!リゾートだ!!!!!

 

 

f:id:Relie:20170426021416j:plain

f:id:Relie:20170426021423j:plain

泊2人で19194円!

つまり1人1泊9597円!

 

決して安くはないが、ハイシーズンでこのクオリティでこの値段ならリーズナブルだと思います。(泊まろうか泊まらないかめっちゃ迷ったけど。)

 

せっかくリゾートに来たならリゾート気分味わいたいですもんね!

 

f:id:Relie:20170426021440j:plain

部屋に入ったらとりあえず部屋の撮影会が始まります(笑)

 

f:id:Relie:20170426021433j:plain

f:id:Relie:20170426021426j:plain

f:id:Relie:20170426021441j:plain

f:id:Relie:20170426021445j:plain

そしてホテル散策を開始しさらにテンションを高めます。

リビング綺麗すぎ!!

 

このホテルは素晴らしかったので、『おすすめ宿紹介』として別記事で詳しく紹介しています↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

 

どしよう、今すぐこのホテルでゆっくりと贅沢に時を過ごしたい。

でも今日外を散策して、サントリーニ最終日となる明日、ホテルでゆっくりする方が絶対にいい。

 

となれば今すぐバイクをレンタルして島を駆けまわるべし!!

 

ということで、早速最寄りのレンタバイク屋さんへ。

 

f:id:Relie:20170426021406j:plain

ちなみにこれはホテルに置いてあったバイクレンタルリスト。

宿の人に聞くと、ハイシーズンの相場がおよそ25から30ユーロくらいだろうと言っていた。

 

できれば30以下の場所がないか探す。

 

しかし実際、30以下どころかほとんどのレンタル屋でバイクは完売しているという状況だった。

 

ハイシーズンにバイクを借りるなら先に予約をしておくか、借りる時間を考えるかしたほうが確実かもしれない。

 

とりあえず相方をマクドナルドに置いて、私は1人バイク探しを続行した。

 

f:id:Relie:20170427100237j:plain

結局、ホテルからそう遠くないレンタバイクやで125ccのスクーターを借りれた。(オートマ車だったな。)

ここは最初にアタックして、『30ユーロ』と言われ、『じゃあもうちょっと探してみる。』と言って立ち去ったところだった。

この時、『OK、でもどこも同じ値段だし、バイクがあるかどうかわからないわよ。』

と言われていた。

確かに、その通りだった。 

『ね、私の言った通りだったでしょ。』と、私のカムバックを笑顔で迎えてくれた。

 

24時間で30ユーロ。

相場通りの値段だ。ちなみに24時間以下の時間制の貸し出しはしていないらしい。

 

f:id:Relie:20170426021447j:plain

12時。

 その後、ブダペストの世界一豪華だと言われるマクドナルド以来となるマクドナルドで軽く昼食。

 

f:id:Relie:20170426021452j:plain

Greek Mac というご当地っぽいメニューがあったので、それをポテト、ジュース(でかい!)とセットで頼んだ。

 

f:id:Relie:20170426021455j:plain

f:id:Relie:20170426021457j:plain

値段は7ユーロ。

簡単に言うと、ケバブのちゃっちい版という印象。

まぁまずくはない。

 

f:id:Relie:20170426021500j:plain

12時50分。

その後はガソリンスタンドへ。

胃袋もガソリンタンクも満タンにしたら、

 いざ、Perissa Beach へ!!

 

*ちなみにガソリンは満タン返しではありません。たぶんそういう概念がないのか、借りたときは残り半分もない状態でした。チェックもされず、無事に返せればそれでオッケー!って感じでした。

 

f:id:Relie:20170426021506j:plain

いやぁ、やっぱりバイクは最高です。

島を駆け回るとなると余計テンション上がります。

ノーヘルってのがまた爽快感を増す。

 

f:id:Relie:20170426021502j:plain

13時。

急に現れた絶景に思わずバイクを止める。

サントリーニの町は高い崖の上にあるので、いたるところでこのような高いところからのオーシャンビューが眺められる。

 

f:id:Relie:20170427105501p:plain

なんか座るところがあったので座ってみた。

 

f:id:Relie:20170426021504j:plain

道を走っているとこのような絶景がバンバン出てくるので、事故らないように注意が必要だ。

眺めたい時はバイクを停めて。という心が大事。

 

f:id:Relie:20170426021510j:plain

13時30分。

Perissa Beach到着!

この辺から南に向かってザーッとビーチがのびています。

 

f:id:Relie:20170426021518j:plain

f:id:Relie:20170426021515j:plain

もちろん泳ぎます!

水もなかなか綺麗でした!

 

f:id:Relie:20170426021513j:plain

f:id:Relie:20170426021520j:plain

バカンスを楽しんでいる欧米人が多い印象。

ワイワイ海ではしゃぐのではなく、ビーチで寝転がったり海に浸かったりゆったりと海を楽しんでいる。

静かなビーチだった。

 

f:id:Relie:20170426021508j:plain

f:id:Relie:20170426021507j:plain

中には入れなかったものの、ビーチ近くにあった教会は外観だけでも綺麗でした!

それにしても、日差しが強い。

 

f:id:Relie:20170426021523j:plain

14時30分。

次の目的地へ向かっている途中、またしても絶景ポイントがあったのでバイクを止める。

 

f:id:Relie:20170426021651j:plain

パノラマで撮ってみたが、これは写真では到底伝わらない。

とにかく、迫力があり綺麗なオーシャンビュー。

 

f:id:Relie:20170426021525j:plain

14時40分。

Red Beach というビーチに到着。

砂糖のように真っ白な教会付近にバイクを停め、レッドビーチまでは歩いていく。

 

f:id:Relie:20170426021528j:plain

おー、すごい!

足場の悪い道を登っていくと、レッドビーチの全貌が。

 

背景の岩山が赤いからRed Beachと言われているのかな?と勝手に推測します。

 

f:id:Relie:20170426021530j:plain

ビーチへ行くにはまだまだ足場の悪い道を進む必要がある。

 

f:id:Relie:20170426021531j:plain

f:id:Relie:20170426021535j:plain

近づくと、欧米人がたくさん寝てました(笑)

本当に彼らは日光浴が好きなんだなぁ。

シミそばかすなんて眼中にありません。

さらに太っている痩せている関係なしに露出が好きのよう。

しわしわのおばあちゃんも普通にビキニでうろちょろしているから驚きだ。(それが悪いと言っているわけではありません。)

日本との価値観の違いを実感。

 

それにしても、背後にある赤い岩山は迫力満点。

こんな岩山に囲まれたビーチは初めてだ。

 

f:id:Relie:20170426021533j:plain

ビーチが綺麗でも、これを見たら結構引く。

ゴミは自分で持ち帰りましょう。

 

f:id:Relie:20170426021548j:plain

f:id:Relie:20170427111735j:plain

アジア風?スパ的なことをイメージしたが、石の温度がぬるくて微妙(笑)

まぁ、雰囲気は出てる。

 

f:id:Relie:20170427111732j:plain

もちろんこのレッドビーチでも海に入りましたよ!

ちょっと寒かったけど。

そう感じたらすぐさまビーチに上がり、干物のように日光浴を楽しむ。

じわじわと体が温まっていく感覚がたまらなく気持ちいい。

そしてまた暑くなったら海へ。というルーティーンを繰り返す。

こんな感じで、しばらくレッドビーチを満喫。

 

f:id:Relie:20170426021550j:plain

私が寝ている間、相方がこんなのを作っていました(笑)

なんで背景と同じ茶色の石で作ったんだ。 

 

 

さあ、この後は島西南端にある灯台を目指します!

 

そこで夕日を見たいのですが、この時まだ17時前

夕日は20時ごろなのでまだまだ時間がある。

 

f:id:Relie:20170426021552j:plain

小腹が減ったので、適当なところにあったスーパーへ行き食料調達。

 

 

f:id:Relie:20170426021555j:plain

その後、サントリーニワイナリーへ行きました。

サントリーニ島はワインが有名みたいですね。

 

ワイナリー付近に近づくと、すでにワインの匂いが漂ってくる。

 

f:id:Relie:20170426021558j:plain

f:id:Relie:20170426021557j:plain

f:id:Relie:20170426021602j:plain

ワイナリーだけではなく、おしゃれなカフェやお土産やさんもあります!

いろんな種類のワインがズラリ!!

ワインに詳しいスタッフに聞けば優しく英語で色々と教えてくれると思います。

ワインの試飲もできちゃうので、ワイン好きの人にはたまらないだろう。

 

f:id:Relie:20170426021600j:plain

これはぜひ友達のお土産として日本へ送ろう。

そう考え日本への輸送について聞いてみたが、残念ながら日本への輸送は取り扱っていないらしい。

個人で郵便局へ持っていけば可能らしいが、おそらく高くつくだろうということ。

残念。

相方は自分用にとここで手頃なワインを1本3.8ユーロで購入していた。

せっかくいいホテルに泊まっているのだから、部屋でリッチな気分を味わいたいらしい。

 

f:id:Relie:20170426021605j:plain

ワイナリーの駐車場からはオーシャンビューの絶景を眺めれます! 

 

f:id:Relie:20170426021554j:plain

絶景を見ながスーパーで買ったクロワッサンとポテトチップスらいただきました。

カフェに入ればこの絶景を見ながら優雅にティータイムを楽しめます。

(*立ち入り禁止エリアもあったので注意。おそらくウェディング専用のスペース。韓国人か中国人がそこへ入って写真撮影をしていたら、スタッフに怒られていました。)

 

そうこうしているうちにいい時間になってきたので、

ついに灯台へ向かいます!

 

f:id:Relie:20170427131120j:plain

道中、またいい景色のところがあったので立ち止まる。

こんなサイコーなホテルに泊まって1日ゆっくり過ごしたい。

一体1泊いくらなんだろう。。

 

f:id:Relie:20170426021607j:plain

バイクを走らせる。

後ろに乗っている相方もマップスミーという地図アプリで必死にナビをしてくれる、が、ところどころ道に迷う。

サントリーニ島の住宅地みたいなローカルなところに入ると少し道が入り組んでいるのでわかりづらい。

 

f:id:Relie:20170426021611j:plain

19時15分。

灯台着。

岩場なので足元注意。

そして岬というだけあってかなり風が強く寒いです。

防寒具必須だと思います。

相方はダウンジャケットを着込んでいたほど。(こんなに着込んでいる人は他にいなかったが、それでも寒がりの人はダウンジャケットぐらいあったほうがいいかも。

 

 

f:id:Relie:20170426021609j:plain

ちょうどいい時間に到着できた。

たくさんの人が夕日を見に集まっているが、昨日のOia(イア)村の夕日の方がはるかに混み合っている。

 

f:id:Relie:20170426021614j:plain

 正直、夕日そのものの美しさだったらイア村よりこっちのほうが綺麗だったかも。

イア村の方は綺麗でおしゃれな建物がセットになることで綺麗さが一層増す。

こっちのは太陽1本勝負。

周りには何もなく、ただ海がザーッと広がっている。

夕日に照らされオレンジ色に輝くその海と、たまにそこを通過してナイスなシルエットを浮かべる船が最高の景色を作り出す。

 

f:id:Relie:20170426021616j:plain

人が増えてきてもこの程度。

全然人混みにもなっていないし、こりゃ穴場だな。 

日数に余裕があれば、イア村からと灯台から、 両方で夕日を見ることをお勧めします。

 

f:id:Relie:20170426021619j:plain

f:id:Relie:20170426021620j:plain

夕日のピークはやはり20時頃。

日本ではありえない時間での夕日鑑賞だな。

 

f:id:Relie:20170426021622j:plain

f:id:Relie:20170426021625j:plain

 日が沈みホテルへ帰る。

太陽からは一転、月景色を見ながらのツーリングもまた気持ちのいいものでした。(ちょっと肌寒かったですが。。)

 

f:id:Relie:20170426021628j:plain

途中スーパーマーケットへよったが特にいいのがなく、

21時30分。

結局晩飯はフィラの繁華街でアジアフードを買いその場で食べました。

 

f:id:Relie:20170426021633j:plain

f:id:Relie:20170426021630j:plain

野菜チャーハン4.5ユーロ、野菜炒め麺5.5ユーロをそれぞれいただきました。

 

チャーハンはタイ米とはいえ、久々の中華はなかなか美味しかったです。

 

本当、寿司、ラーメン、焼肉、牛丼が恋しいです。。

このビッグ4は帰国したら絶対真っ先に食べる。

 

 

f:id:Relie:20170426021639j:plain

f:id:Relie:20170426021640j:plain

f:id:Relie:20170426021637j:plain

22時。

ホテルに到着。

ホテルのロビーが綺麗すぎてびっくりした!!

 

f:id:Relie:20170426021642j:plain

部屋へ戻り、相方はワイナリーで買ったワインを堪能していました。(私はノンアルコールなので飲みません。)

正直、そんなにだったらしいです(笑)

3.8ユーロだから文句は言えませんね。

 

f:id:Relie:20170427133719p:plain

その後私は髪の毛を切りました(笑)

そして相方も自分で髪の毛を切っていました(笑)

 

f:id:Relie:20170426021643j:plain

襟足の部分をちょっとだけ切らせてもらいました。

カットって、難しい。。

 

f:id:Relie:20170426021649j:plain

もちろん宿の人の許可は取っていますよ!

ほうきとちりとりを借りて綺麗に掃除するのは私の役目。

結局相方のカットが終わった頃には1時近くになっていました(笑)

今日は海に2回も入ったし、バイクでツーリングもできたし、ワイナリー入ったし、綺麗な夕日も見ることができたし、髪の毛を切ってさっぱりもしたし、かなり濃密な1日を過ごせました。

 

さあ、明日は1日ホテルでゆっくり過ごすぞ!!  

 

 次回記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

スポンサーリンク