読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、ハプニング、現地情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



イタリア2日目〜水の都ヴェネチア散策、初ゴンドラ〜世界一周58日目★

ヨーロッパ ヨーロッパ-イタリア イタリア-ヴェネチア イタリア
スポンサーリンク



今日は寝不足です。

 

昨日の夜ベットにダニが発生していることに気づき、シーツひっくり返したり虫除けスプレー巻きまくったりしてて、さらにそのせいで覚醒してしまいなかなか寝付けなかったのだ。

 結局3時過ぎまで眠りにつけず、起きたのは朝食の時間の7時30分。まぁ、4時間くらいは寝れたことになるが我々にとっては全然足りない。

 

しかし朝食は食べたいので8時過ぎには朝食をとっていた。

 

https://gyazo.com/f316ad644b2f68804c56b7f6e8683953

朝食会場のテレビではポケモンが放送されていた。

サトシがゼニガメをゲットする回で非常に懐かしかった。

ポケモンの放送が始まった頃の回だからだ。その時私は小2で家のテレビでこの回を見ていたのを今でも覚えている。

 

https://gyazo.com/2bbd8a6627ae367d1340d60e8a7ecbdf

ビュッフェスタイルと聞いていた朝食は、期待を下回るものだった。

メニューは、機内食で出そうなクロワッサン1個と、ラスク2枚、トースト食べ放題、コーヒー、水、ジュースのみだった。

せめてハムや玉子に野菜はあって欲しかった。

 とは言え、ないよりは全然いい朝食。トーストを食べまくりお腹を満たす。

10時にチェックアウトし、ヴェネチア本島にある次の宿へと向かった。

 

本島までは電車かバスで行けるのだが、ホテルがサンタルチア駅という電車の駅に近かったのでメストレ駅から電車で移動した。

 

利用するのはTRENITALIAという鉄道会社。チケット販売機のところには1人スタッフがいて、我々が切符の買い方にちょっと手こずるとすかさずやってきて買うのを手伝ったくれた。

https://gyazo.com/eae8c9f47d7ba3ceb57bfa480e8be18c

値段は片道1.25ユーロ(約141円)バスが1.5ユーロと聞いていたのでそれが本当なら電車の方が少し安い。

 

https://gyazo.com/b96210918c018421e6af92795096cce2

メストレ駅から1駅でサンタルチア駅まで到着。

駅を出ると目の前に大運河が広がっていて、本当にヴェネチアに来たんだなぁと思わされた。

 

今回の宿はカンナレージョという地区にある、

HOTEL ADUA

 

このカンナレージョという地区は駅から近く立地もいいしお手頃な宿がたくさんあるらしい。その情報をもとに今回の宿を探し出した。

ツインルームの値段は1泊2人で7549円。1人3775円計算だ。

この宿に2泊する。

 

 

メストレ駅から徒歩10分かからないくらいで宿に着いた。看板も目立つように出ていてわかりやすかった。

レセプションの女性に簡単にヴェネチアの歩き方を教わった後、離れにある我々の部屋へ案内してもらった。離れと言っても、レセプションがある建物のすぐ隣りの建物である。

 

https://gyazo.com/a206ab4ff408319a8bdc068699f86db1

部屋は決してきれいとは言えないが2つ星ホテルとわかっていて泊まっているんで文句は言えない。

 

12時に昨日の宿で出会った大学院生の男の子2人とローマ広場で待ち合わせだったので、部屋に着いて一息入れてから11時45分ごろ宿を出た。

 

ローマ広場はバスの発着点になってるらしい。

徒歩で約10分。待ち合わせ場所で無事合流した。

 

まずはお昼をということで彼らが調べておいてくれた立ち食いパスタ屋へ向かうことにした。

そのパスタ屋は少し離れたところにあるので、向かいながらヴェネチアの町並みを楽しむことができた。

 

https://gyazo.com/7b2d6914c7e68d4a80079a77cbf48774

 

https://gyazo.com/d004794315bf9a8ff1768559d56a6d66

水の都と言えど、よく見ると河自体は綺麗なものではなかった。色は濁り、所々ゴミも浮いている。当たり前だが、河、ゴンドラ、建物、空などを風景としてみないと美しくない。

 

ヴェネチアの街は歩くのが難しい。

細い道が入り組んでいる上に、橋を見つけて渡らなければならないことが多いので方向がわかっていても簡単にはたどり着けない。

 

https://gyazo.com/60a5b6ec21f2f1d00821f36918b7acbc

そんなこんなで立ち食いパスタ屋に到着。

 

https://gyazo.com/163f8b5e22b1e996b7f0ebd30e20ae90

全品5ユーロ。(約566円)お値打ちな値段だ。

まずソースを何にするか選び、その後にチーズをのせるか?と聞かれる。

出来上がったらお好みでオリーブオイルや鷹の爪のようなものも無料でトッピングできる。

https://gyazo.com/f8371ce94d35b61514596e9496e3da5b

私はDuck Ragu'とかいうのを頼んだ。頼む前に『これは美味しいか?』と聞くと、ソースを味見させてくれた。

スロベニアで桃を買うときも買う前に『これは美味しいか?』と聞くと味見させてくれることがよくあった。

買い物のコツを少し覚えた気がした。

 

店内は狭く、何人かが使える程度のカウンターがあるのでそこで立ち食い。

https://gyazo.com/8fed30d03bcefb6f2a2cb548ef71962bhttps://gyazo.com/3afec41f3de0ffeb5726131f1a1aa8bf

麺は極太で少し柔らかめ。かため好きの私には少し歯ごたえが物足りなかったが、味は十分に美味しいものだった。意外と量もそこそこあるのでコスパは良い。

他の人にもオススメできるレベルであった。

 

その後ゴンドラに乗るためにまずはヴェネチアの中心地、サン・マルコ広場へ行くことに。

https://gyazo.com/c2bace8281ff627fb4ecfe6a2fa55fe4

細い路地なども通る。

 

https://gyazo.com/600aeb6931bf7abc0483883beecf24fa

大運河を眺めながら橋を渡る。

 

ルイヴィトンやシャネルなどのブランド通りを通りサン・マルコ広場にたどり着いた。

 

https://gyazo.com/3d74c6ceabead1fbfa56e540a865f59a

広い。広場を進んだ先にはサン・マルコ寺院がある。

 

この広場にも鳩がたくさんいたが、サラエボのセビリ広場に比べたらお子ちゃまレベルだ。

 

https://gyazo.com/e3cdf42dd3fa823d6884bc92228868bb

寺院の近くにある時計は天動説のデザインになっていた。

このデザインはわかりやすく歴史を感じることができた。

このようなデザインの個人用時計があれば値段次第では是非買ってみたい。

 

寺院や塔には長い列ができていた。これらを見学するにはチケットが必要である。

 

そんな列を横目でスルーしながら、アドリア海まで出てきた。そこにゴンドラ乗り場があったのでルートや料金などを聞いてみる。

 

ルートはショートで80ユーロ(約9060円)、ミディアムで120ユーロ(約13600円)、ロングコースで150ユーロ(約17000円)?だったかな。

正直ロングなんて最初っから眼中になかったので説明は聞き流し。

 

ゴンドラの料金は1人いくらではなく、6人乗りゴンドラ1隻に対していくらという値段設定がされている。ヴェネチアのどこのゴンドラ乗り場へ行ってもその料金は統一されているようだ。

 

我々は4人。6人マックスで乗って少しでも料金を下げるために観光しながら2人組の日本人を探し回った。

https://gyazo.com/e4d868ac6ec4d9ffeeab126040a4afeb

が、2人組どころか日本人自体が全くいないことに気づいた。

中国人はたくさんいたのだが、日本人が全然いない。日本人じゃなくても何人でもいいとゴンドラ乗り場に来る外国人にも声をかけてみたが、結果は惨敗。

結局4人で乗ることに決めた。

 

ショートは約25分、ミディアムは約45分ぐらいのコースだというので、倹約家の我々はショートを選択。雰囲気が味わえればそれでいいと思った。

それでもゴンドリエーレ(船頭)の人は色々見所があるからとミディアムを勧めてきた。しかし我々はショートでいいと言い張った。

4人で割って1人20ユーロ(約2260円)だ。(それでも高い。)

 

4人全員がゴンドラに乗り込みお金を払う時に、またゴンドリエーレがミディアムコースをオススメしてきた。しかも今度は通常120ユーロのところを100ユーロにしてやると値引きまでしてきた。

100ユーロだと4人で割って1人25ユーロ(2830円)。1人5ユーロ多く出せばミディアムに変更できる計算だ。

もうゴンドラに乗り込んでいる状態ということもあり十分に相談する雰囲気ではない。それならということで結局100ユーロでミディアムコースを選択してしまった。

まったく、上手い商売しやがるな、と感じた。

 

https://gyazo.com/a79e7e721336bcc0339ab8bc74d9a592

ゴンドラは客観的に見るのと乗って見るのとではやはり見える景色、感じ方など全然違う。

これに3000円近くも払うのは正直高いと思うが、そこはヴェネチアというブランド料。

ヴェネチアに来てゴンドラに乗らない、という気持ち的なもったいなさが勝ってしまいなんだかんだ高いお金を払ってゴンドラに乗り込んでしまう。いい商売だ。

https://gyazo.com/27f9169db18f040adbf09e46f90adc87

ため息の橋ヴィバルディのなんかなど、ゴンドリエーレが所々街の説明などをしてくれる。ゆっくり進むゴンドラは心地よかった。

ただ、ゴンドリエーレが漕ぎながらスマホいじってたり、すれ違う船頭と大声でお喋りしている光景にはがっかりした。そういうのも全部加味して、この料金はやはり高い。

 

そういえばゴンドラは左側通行だった。

世界基準で船は基本右側通行と聞いたことがあったので何故だろうと思った。

しかもイタリアは道路も右側通行のはずなのに。。

 

ゴンドラを降りた後はサンタ・マリア・デッラサルーテ聖堂という場所へ向かった。

 

https://gyazo.com/de1d3234b8658be9eeb0ed1e7f5600be

https://gyazo.com/0b618a9d1e770fd0f95ba6341890e9b3https://gyazo.com/0e4c686935afc9ee2197880f4e0abfb4

https://gyazo.com/4f6e08c2252e54cc8b9102c62c4070bb

その途中、小さいが入場無料の近代アートの展示を見たり、

 

https://gyazo.com/73d4f5cceb616e1938ad0e1768015a6f

pasta & SUGOという昼ご飯に食べた立ち食いパスタと似たようなスタイルのパスタ屋で休憩したりした。

ここのパスタ屋は立ち食いではなく、ちゃんとテーブルと椅子が用意されている。

 

https://gyazo.com/f30485a8ca071c819d420324aa7c75ec

まず麺の種類を選択し、その後ソースを選択。一部のパスタを覗いて全部5ユーロ。

大学院生のタツヤくんとリョウタくんはパスタを頼み、我々はトイレ休憩をさせてもらった。

席に座ってお喋りしているとオーナーの方からスイカの差し入れが!

https://gyazo.com/f97f23194ddc4fa54a575a722d05d9bf

我々は何も頼まずトイレを借りただけなのに申し訳ない。。

このオーナーの方がすごく気さくで親日家で面白い方だった。

昼のところと同様味も美味しくリーズナブル。

ヴェネチアへ行かれる日本人の方には特にオススメだ。

 

その後海沿いを歩きながらサンタ・マリア・デッラサルーテ聖堂を目指す。

https://gyazo.com/be16e9e1ff5aec53f5887a6353ad90d8

ヴェネチアの日差しはかなり強く、個人的にはこれまでの旅で1番強く感じた。

これずっと浴びてたら確実熱中症になる。私は今までこのようなことを思うことは滅多になかったのだが、ここヴェネチアではそう思わされた。

 

 

サンタ・マリア・デッラサルーテ聖堂に到着。

 

https://gyazo.com/b6deefab34e70020951a93c8927bdbf4

この時ちょうど18時。

彼らとはサンタルチア駅付近で解散し、我々は晩御飯を食べに安いピザ屋を探した。

 

宿から少し歩いたところでピザ一切れを2.5ユーロ(約280円)で購入して店内で食べた。

https://gyazo.com/e07a5c18cf8a7ad63fd80d7fb62100a8

思ったよりも小さくて腹は満たされなかったが、今日はこれだけにしておくことにした。

 

ピザ屋からの帰り道、西日が街を照らしているのに気付き、思わず海の方へ。

ギリギリ間に合った。

 

https://gyazo.com/f3e9b72c3858dd52e994ce43e45cefed

夕日そのものの綺麗さで言ったら、サントリーニよりも輝きが強く綺麗に感じた。

 

やはりお腹が持たない気がしたので帰りにチョコミントジェラートを1.5ユーロ(約170円)で購入した。

 

明日は何をしよう?

リョウタくんとタツヤくんはカラフルな建物のある島、ムラーノ島ブラーノ島へ行くらしく一緒に行こうかとも思ったが、結局ヴェネチア本島でゆっくり過ごすことにした。

ゴンドラを眺めながらボーッとできるいい場所無いかなー。。

スポンサーリンク