2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



ポルトガル6日目〜アゲダから北部の都ポルトへ移動〜 世界一周75日目★

スポンサーリンク

今日は7時30分頃に目覚めシャワーを浴びテラスへ出た。

 

◎前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

◎旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

 

f:id:Relie:20170707164449j:plain

外は異様に霧っていて昨日から干していた洗濯物は湿気にやられ濡れていた。

気温もかなり冷え込んでいる。

今日は雨なのかな?

今日はアゲダからポルトガル第2の都市ポルトへ移動する日だ。

 

f:id:Relie:20170707164458j:plain

f:id:Relie:20170707164508j:plain

9時30分頃1階へ降りていくと昨日と同様豪華な朝食が我々を待っていた。

最高の朝食。

 

 

f:id:Relie:20170707164518j:plain

朝食時、今日のポルト行きの電車は13時55分アゲダ駅発だということをリナさんに告げると、駅まで送って行ってくれると言う。

本当に親切なホストの方だ。さらにはフレンドリーで明るい。

この家へのエアビー宿泊を決めて本当に良かったと思っている。

朝食後は電車の時間まで家でゆっくり過ごすことに。

庭で猫たちと戯れたり、

 

f:id:Relie:20170707164549p:plain

テラスに出てリクライニングチェアに横たわりANKER(アンカー)の小型Bluetoothスピーカーを鳴らしながら昼寝やパソコンいじりをしたり。(途中から日差しが暑かった。)

朝の霧はどこへ行ったんだというくらい空は晴れ渡ってきた。

 

f:id:Relie:20170707164559j:plain

13時30頃、我々はリナさんに別れをるげ昨日の夜に書いたささやかながらのプレゼントを手渡した。

書道によりも相方が折った折り紙にものすごく反応を示していた。

折り紙などもはやありきたりだと思っていたが、まだまだ折り紙も捨てたものではなかったか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

f:id:Relie:20170707164608j:plain

リナさんは駅まで送ってくれるだけではなく電車が来るまでプラットホームで一緒にいてくれた。

ここで偶然隣にいた日本人2人組と出会った。

今からコスタノバへ行きたいらしいのだが、バスなどでの行き方が不安なので教えて欲しい、ということがきっかけで少し話をした。

確かに我々は昨日コスタノバへ行っているが、リナさんの運転で行っているのでバスでの行き方は全くわからない。

全く力になってあげられなかった。

 

f:id:Relie:20170707164616j:plain

13時55分、電車は時間通りにアゲダ駅を出発した。

切符は電車の中で巡回してくるスタッフから購入する。

ポルトまで行くことを伝え1人5.55ユーロ(約640円)で買った。

事前にネットで調べたら、アゲダからポルトまでは時刻によって料金が違う。

乗る車両の種類が違うために生じる料金差なのだが、安いので5.55ユーロ、高いのになると20.45ユーロ(約2360円)と料金がまったく違う。

詳しくは下記URLから発着駅を入力して時刻と料金が調べられる。

https://www.cp.pt/passageiros/en/train-times

 

我々はもちろん1番安い時間帯に合わせてスケジュールを組んだ。

 

f:id:Relie:20170707165141p:plain

車内はこんな感じ。

まぁ、普通の電車って感じ。

 

f:id:Relie:20170707164647j:plain

f:id:Relie:20170707164718j:plain

アゲダを出て2時間30分ほどでポルトのサン・ベント駅に到着した。

切符にはカンパーニャ港駅までと記載されていたが、乗っていた電車がサン・ベント駅行きだったのでサンパーニャでは降りずにそのまま乗り続けサン・ベント駅まで来てしまった。

サン・ベント駅の方がポルト中心地だし、ホテルまでの道のりが断然近いからだ。

ポルトに電車で着いたら最初の見所がサン・ベント駅だ。

壁には鮮やかな青でポルトの歴史が描かれているのだとか。

 

f:id:Relie:20170707164754j:plain

今まで出会ったポルト経験者は必ずと言っていいほど『ポルトはいいところだ。リスボンはそんなに。』と口を揃えていた。

正直私はリスボンも特に嫌なこともなく、むしろ海があって大航海時代を感じれて街の景色もいいから好きな方だった。

そうであったからポルトというところはどれほどいいところなのか。あのリスボンがそんなにならポルトはどんなんなんだ、とトマティーナあたりからずっと思っていた。

それが電車を降りた時の駅の感じや駅を出た時の雰囲気などでなんとなく本当にポルトはいいとこかも、という予感がして私の中の期待が高まった。

 

f:id:Relie:20170707164808j:plain

サン・ベント駅から坂を登り徒歩10分ほど。

今回の宿はcool Hostel というところ。

ここには2泊して2人で7371円。

1泊1人1842円計算だ。

 

f:id:Relie:20170707165116j:plain

f:id:Relie:20170707164901j:plain

f:id:Relie:20170707164835j:plain

f:id:Relie:20170707164742j:plain

8人部屋ドミトリーで朝食、キッチン、テラス付き。

中心地から徒歩圏内でスーパーも近くにあり立地も悪くない。

1泊1800円台は我々にとっては決して安くない値段だが、この条件は魅力的であった。

 

f:id:Relie:20170707164912j:plain

f:id:Relie:20170707164733j:plain

宿に荷物を置いて18時過ぎ頃外へご飯を食べに行った。

ポルト名物だというFrancesinha(フランセジーナ)を食しに近くのカフェへ。

CAFE SANTIAGOというお店で、地球の歩き方にも乗っているのだとか。

ちなみにFrancesinhaとはフランス語で『可愛いフランス女性』という意味らしい。

夜通った時は列ができるほど混雑していたが、我々が行ったこの時間帯はガラガラだった。

かなりボリューミーだと聞いていたので我々は1つ注文してシェアすることにした。

値段も9.5ユーロ(約1096円 )とお高めであるためシェアが好ましかった。

 

f:id:Relie:20170707164700j:plain

目の前に出されたフランセジーナを見た感想、それほどボリューミーじゃない。

実際に食べてみても、大の男なら普通にぺロリと完食できてしまうだろう。

もちろん半分にシェアした今回、これだけで私の胃袋を満たすことなど到底不可能であった。

 

f:id:Relie:20170707164852j:plain

中身はこんな感じ。

トーストしたパンの上には卵黄ととろとろチーズが、中にはハムとたぶん牛肉のステーキがサンドされ、皿周りにはフライドポテトがバーッと盛り付けられている。

見るからに美味しそうだ。

ソースもたっぷりとかかっていて例えるならビーフシチューを思わせるような風味だった。(実際にはビーフシチューの方が美味しいと思う)。

ソースの中にはビールが混ぜられていてその酒の味ははっきりとわかった。

最初この酒の味はポルト名物のポルトワインを使用しているのだと思っていい気分になっていたのだが、後で調べたらこれはビールらしく少しがっかりした。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170707165013j:plain

ご飯を食べ終えたらとりあえず川沿いへ行ってみようということで坂を下った。

リスボンも坂は多かったが、ここポルトはさらに坂が多い。

むしろ坂しかないんじゃないかと思うほど気づけば坂道を歩いている。

 

f:id:Relie:20170707164825j:plain

歩いているとちょうど夕日の時間になってきたみたいだ。

川沿いへ歩いて行くとポルトのシンボル的な存在『ドン・ルイス1世橋』がチラッと見えたので、あの上から夕日を見ようと思いそこへ向かった。

f:id:Relie:20170707164843j:plain

どこから橋を渡れるのかがわからず少し迷ったがギリギリ夕日を拝むことができた。

ギリギリといっても橋の中央付近のポルトの町並みが一望できるいい感じの眺めのところに着いた頃には日は沈んでしまっていた。

写真は橋を渡り始めたところからギリギリ見ることができた夕日とドウロ川とポルトの街だ。

 

f:id:Relie:20170707165025j:plain

このドン・ルイス1世橋という橋はすごくインパクトがあり、高さもなかなかある。

調べたら地上高45メートルあるらしい。

そこには飛び降り防止の高めの柵などはないためかなり見晴らしがいい。

スケールのある景色を眺めることができた。

この橋と、橋からの景色を見たらまた『ポルトはいいとこだ。』という先人たちの言葉を思い出した。

確かに、ポルトはいいところだ。

 

f:id:Relie:20170707165034j:plain

f:id:Relie:20170707165044j:plain

橋から降りた後は川沿いへ向かった。

向かいながらちょいちょい店にも寄った。

リスボンにもコルク製品が多かったがここポルトも同様だった。

ポルトガル名産なのか。

 

f:id:Relie:20170707165051j:plain

ついにドウロ川沿いに到達した。

川沿いにはレストランが多く立ち並んでいた。

金曜の夜街は賑わっている。

この川沿いに降りての景色と雰囲気もまた最高にいいものだった。

この時またまた先人たちの『ポルトはいいところだ。』という言葉が脳裏をよぎった。

確かに、ポルトはいいところだ。

先人たちが上げに上げ続けてきた私の期待というハードルを、ポルトという街は軽く超えてきた。

それは同時に、サン・ベント駅に到着した時の私の期待は裏切られなかったということだ。

ここなら長いこと滞在できそうだ。

ただ一つ気に入らないのはアップダウンの激しさ

事実この道路川沿いから我々の宿まで帰るのにも相当坂と階段を登った。

登りに弱い相方はもう疲れ果てていた。

しかしこのアップダウンがあるからこそこの美しいポルトの景色が出来上がっているのだと思い頑張って登り続けた。

 

f:id:Relie:20170707165109j:plain

途中タクシーが、信号に合わせて自動で出たり引っ込んだりする車通行止めのポールに引っかかり下のパーツがガリっと剥がれてしまって立ち往生している光景に遭遇した。

おそらく進んだらいきなり地面からポールがニョキっと出てきてしまったのだろう。

その瞬間は見ていなかったが、(そのタクシーの運転手には悪いが)想像するだけで面白い。

この光景をものすごい形相で眺めていた他のタクシードライバーの動揺ぶりは今でも鮮明に覚えている。

 

f:id:Relie:20170707165059j:plain

宿に戻ったら、今後の予定を考えた。

とりあえずポルト2泊を抑えている後は何も決まっていないのだ。

絶対に行きたいところとしてはフランスのモンサンミッシェルとイギリス

ということで、まずはポルトガルからフランスまでの航空券を調べてみたが、これが3万円前後して高かった。

9月後半なら数千円で飛んでいるフライトなのに。。

早めに予約しておけば数千円だったのかなぁ、、とか思うが実際早めに予約する時にはまだこの日程ははじき出されていないのである。

要は早めに安く予定を決めてそれ通りに動くか、ギリギリまで未定のまま高く自由に動くかの2択なのである。

我々は基本的に後者になることが多いが、前者のやり方ももっと取り入れていかないととは思っている。

ギリギリで値段が高すぎて逆に身動きが取れなくなるという事態に陥ってしまっては元も子もない。

直前まで予定を決めずフリーでいることは自由を与えられていることだと思いがちだが、逆にそれは選択肢をどんどん狭められていることとなる時もあるのだ。

経済的にかなり余裕のある人にとっては別かもしれないが。

 

スポンサーリンク

 

 

話はそれたが、その後9月にポルトガル発の安い順で上位に出てきた目的地、オランダに目をつけた。

アムステルダムはもともと行ってみたかった街だし、男性の平均身長が180センチ以上という世界一の身長の高さの国を体感してみたかった。

どのくらい自転車に乗っている人が多いのかというのもこの目で見てみたかった。

値段は9月13日ポルト発アムステルダム行きで11268円。

決して安くはないがこの日程での他の目的地に比べたら断然安い方だった。

よし、もうアムステルダムへ行こう、ということでこのチケットを予約した。

それゆえ、ここポルトにもう2泊しなければならなくなった。

せっかくなので違う宿をということで今度はドウロ川付近の立地でかなりキレイ目な宿を2泊予約した。

こうしてどんどん予約を入れて予定が決まっていくと肩の荷が一つずつ降りていく感じがしてだいぶ気が楽になる。

いっその事1ヶ月先まで予定を立てちゃって移動も宿も全部予約を入れてしまえばかなり楽なんだろうなぁと思う。

ま、なかなかそんなことできないということはわかっている。

どこかで1つでも予定がくるえばドミノ倒し的に全ての予定がパーになるなんてことはよくある話だ。

そんなことは絶対にしたくない。

やはり予定を立てるなら1週間か長くても2週間先くらいまでにしておくのがちょうどいいのかな、と、今の自分の感覚では思う。

 

とりあえず今日はアムステルダム行きの飛行機に乗るところまで決め就寝した。

あまりに1度に物事を進めすぎると何をどうしたかごちゃごちゃになってわからなくなってしまうし、疲れている時に何かを決め予約を入れるのは本当は良くないと思っている。

判断力や注意力が鈍ってミスが起きやすいからだ。

 

明日はポルトの街を1日散策します!

 

 ★次回記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

★愛知県の美味しいラーメン屋トップ50ランキング↓↓

www.mrramenmanjr.com

スポンサーリンク