2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



カナダ10日目〜アヴリル・ラヴィーンの町ナパニーへ(ナパニー編)〜 世界一周105日目★後半

スポンサーリンク



 予想以上に時間はかかってしまったが、なんとかレンタカーを借りることができた私たちはひたすら進路を東にとり約220km先にある町ナパニーを目指した。

下道では危うく信号無視という危なっかしさを見せつけてしまった私だが、ハイウェイと言われる日本でいう高速道路にあたる道路に乗り込むと運転はかなり楽なものになり、少しずつ慣れていき余裕が出てきた。

難しいのは最初の数十分で、慣れてしまえば後は日本とさほど変わらない。

過去にロス、スペインで運転をした時もまったく同じ感覚だったことを覚えている。

海外での運転など所詮はそんなものなのである。

ちなみにアメリカやカナダでは日本と違い基本的にハイウェイは無料。(スペインもほぼ無料だった。)

たまにToll Roadという有料区間もあるが、今回の道順にそのような区間は存在しない。

今の日本でそんなことをしたら渋滞や排気ガス、公共交通機関の利用率低下などいろんな問題が起こってしまうだろうが、やはり高速が無料になったらいち利用者として単純に嬉しい。

また、高速道路無料化計画が浮上してこないかな。

 

前回の記事 ↓↓(ナパニー前編 ↓↓)

earthtravel.hatenablog.com

旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

 

YouTube(ようつべ) ↓↓

www.youtube.com

 

 

 

https://gyazo.com/1a69ccd61d32dd23c5b065f5c3cd9318

 思えば朝食も昼食もろくに食べていない私たちは途中のサービスエリアで休憩をした。

 

https://gyazo.com/a3408913a9f59b6166ad37a3fbad58f2

スタバやバーガーキング などのファストフード店が並ぶ中、ティム・ホートンズはダントツの人気を誇り行列ができている。

この現象は何もここだけのことではなく、トロントの街中をみても同じである。

バンクーバーでは圧倒的にスタバのシェアが高かったが、トロントではそれは完全に逆転している。

聞いた話によるとティムはカナダ人の誇りなのだとか。

他の都市がどうなのかはわからないが、バンクーバーのことを考えると"カナダ人の"というよりは"トロントの誇り"なのではないかと思ってしまう。

それともスタバ発祥の地シアトルに近いバンクーバーがカナダでは例外的存在なのだろうか。

とにかく、トロントエリアではマックもスタバも寄せ付けない圧倒的なシェアを獲得しているティムは、フィリピンで言うところのJollibee(ジョリビー)的存在と言っても過言ではないだろう。

 

https://gyazo.com/efb635c0d65e77fd4d6d865b7502828d

さすがにティムの行列に並んでいる暇はなかったので、私は空いているバーガーキングでバーベキューポークバーガー的なものを3.75カナダドル(約292円)で購入した。

ところで、カナダでは英語とともにフランス語も公用語として定められている。

ここのバーガーキングの店頭メニューは英語とフランス語が交互に表示されるようになっていたのだが、私が文字を見ながら注文しようとした瞬間にメニューがフランス語に切り替わりやがったため注文するのに非常に手こずったのを覚えている。

ちなみに私が頼んだバーベキューポークバーガー的なものはフランス語で『AU PORC EFFILOCHE』と表示されていた。

こんなもの突然の状況でサラッと読めるはずがない。

 

https://gyazo.com/97109d7d9e70ff157926a81e022c45c5

繰り返しになるが、日没まで時間がないので簡単な食事とトイレを済ませたらすぐに再出発した。

それにしても、この車何度見てもデカイ。

ちなみに車に疎い私はこの時、これがシボレー車だということを全く知らずに運転していた。

 

https://gyazo.com/43cdce57657f33a271ef267cccf90389

https://gyazo.com/4b0d1ba405f81d94e32a0ac58fddc8e9

 再出発後もひたすら東に進み続けると、ようやく案内標識に Napanee(ナパニー) の文字が現れてきた。

これには私たちのテンションも上がらずにはいられない。

ここでBGMをアヴリル・ラヴィーンがナパニーについて歌った『My World』という歌に切り替えさらにテンションを上げた。

ちなみにこの『My World』の中でアヴリルは"人口5000人の小さな町で育った"と歌っているのだが、見ての通り看板には人口16000人と表示されていた。

まさかこの10年20年の間に人口が3倍以上も増えたとでもいうのか。

それとも合併か。

 

https://gyazo.com/e104697d611a85cabfae64f98ba13952https://gyazo.com/2df51cf04f5adc5c6d61048d7af3b250

テンション上がりっぱなしの中、ついにインターを降りてナパニーの町にやってきた。

日没までにはなんとか間に合った。

まさか本当に今日ここにたどり着くことができるとは。何時間か前の絶望的な状況からは思いもよらなかった。

本当、諦めなくてよかった。

なんてことを思いながら、涙は出ないもののなかなかの感動を味わい、とりあえず街のメイン通りであろうところにあったティムに入り一息ついた。

 

https://gyazo.com/c6df3d3d1e77708a3ae89bccccf57112

 歩道に植えてある木の紅葉が綺麗だったので写真を撮っていると、地元民であろう人からの視線を感じた。

そうだよな、こんな田舎に突然アジア人が来て歩道の木の写真なんて撮っていたらそりゃ目がいっちゃうよな。

比較的大きな都市ばかりを巡ってきた私は、この時久々にアウェイ感を感じた。

 

https://gyazo.com/c610c98129a76fabe1724aa6e8894dd3

ティムを出たらとりあえずこのメイン通りを歩いて散策した。

田舎ということは知っていたが、まぁ本当に田舎だった。

サンクスギビングデーの影響もあり、メイン通りはシャッター通りと化し人通りも少なく随分と寂しいものだった。

 

https://gyazo.com/1a7f0f55bec4d594fb42fc6a32108340

https://gyazo.com/64fbfd331d7226dec4363cf48c8d79cb

そんな中私たちは "Napanee" と書かれているものを発見するたびにテンションを上げ、写真を撮りながらこの閑散としたメイン通りを歩き進んで行った。

このような観光の仕方はアヴリルのことが好きな人以外にはなかなか難しいだろう。

というか、アヴリルのファンでもないのにこの町を訪れるアジア人など果たしているのだろうか。

https://gyazo.com/c1837f258435635d2dd7958fe1670c7d

町には小さいながらハロウィーンの装飾がされていた。

都会の大規模なハロウィン装飾よりも、このような小さな町のどこか温かみのある素朴な装飾からの方が昔ながらのリアルなハロウィーン文化が伝わってきてむしろ良い。

 

https://gyazo.com/b53e7bd23c494d23a2ffa770380ae893

https://gyazo.com/18de79c1995cee59b7d42576a454f164

 メイン通りを南西方向へ歩いていくと、『La PIZZERIA』というピザ屋がある。

ここはナパニーに訪れたら必ず訪れたい店で、なんでもアヴリルが昔よく通っていたピザ屋だという。

アヴリルのポスターやサインが飾ってあるのはもちろんの事、"Avril Lavigne's Special Pizza"というメニューもあるそうなのでファンにはたまらない場所になるだろう。

 

https://gyazo.com/43e8b92be254eb1a2fc4eb7412f99105

もちろんファンである私たちもこの店でそのピザを食べることを本日のナパニー観光における最大の目的としていたのだが、不運にも今日はサンクスギビングデー連休。

アメリカでは11月の第4週の木曜日がそれにあたるのだが、カナダでは10月の第2月曜日となっているらしい。

朝から予想はしていたが、その悪い予想は的中して店はお休みだった。

営業時間をよく見てみると日曜定休だったので、今日がサンクスギビングでなくとも休みだったのだが。

 

https://gyazo.com/624eea12fd0c40a70ac56e783a2e5bca

悔しさがこみ上げる中、せめてもの記念として店内を覗き込み雰囲気だけでも味うことに努めた。

確かにアヴリルのポスターがたくさん飾ってある様子。

 

https://gyazo.com/e1c8a57405fc2537e0d8451cada9819f

店を覗き込み写真を撮っていると、店の前を通りかかった地元の奥さんが私たちに話しかけてきてくれた。

『あなたたち一緒に写真を撮ってあげましょうか?』

『お、ぜひお願いします!私たちはアヴリル・ラヴィーンの大ファンなんです!』

『そうでしょうね、実はちょっと前からあなたたちの様子を見ていて、そうだろうと思ってたわ。』

どうやら少し前から店内を覗き込んでバシバシ写真をとっているところを見られていたらしい。

はたから見たら随分怪しい人たちに見えたことだろう。

『残念ながら今日はお休みなの。そんなにファンなら是非ここのオーナーに会ってもらいたかったわ。きっとアヴリルのことをたくさん話してくれたでしょう。』

『いやー、それは本当に残念です。』

『ところで、私はアヴリルと一緒の学校に通ってたのよ。もちろん、私は彼女よりだいぶ先輩になるんだけどね(笑)』

『本当ですか!?』

すげーっ!と最初は思ったが、よく考えてみればこんな小さな町であれば行く学校が皆大体同じになるのは当然である。

『ところで奥さん、アヴリルの家ってどこにあったか知ってますか?』

こんなに小さな町で、しかも同じ学校に通っていたのならこの町出身の世界的有名人が住んでいた家の場所くらい知っているだろう、と、私は結構な期待を込めて聞いた。

『ごめんなさい、それはわからないわ。』

まじかー。この町1番の有名人であろう人の家をむしろなんで知らないんだ。

学校やナパニーの看板の場所など他にも聞きたいことはあったのだが、このまさかの返答から次に聞くべきことが頭に浮かばなくなってしまった私は、その後軽い会話をしてその奥さんと別れた。

 

https://gyazo.com/8fc32c60ec0bdd6bd2d6360a00234610

https://gyazo.com/95647f23bad33816b3040354a6a48471

 有益な情報を得られなかった私たちだが、今度は車で街をドライブしながらナパニーの看板を探した。

Napanee MOTEL というモーテルの向かい側付近に1つ目の看板を見つけることができた。

もちろんここでもバッチリと記念撮影をし、その後もう1つあるという看板を探したのだが結局それを見つけることはできなかった。

 

https://gyazo.com/8b4c0d5bad4cd38a24de3d0d9ce44604

日が沈みあたりが薄暗くなってきた頃に到着したのがNAPANEE DISTRICT SECONDARY SCHOOL という学校。

おそらく先ほどの奥さんが言っていたのはこの学校のことだろうと勝手に思っている。

 

https://gyazo.com/298fb88edcaf95c2fa695061674fdf4e

https://gyazo.com/c6f65fca5a81e30c900a98d280dc6002

 果敢に校内への侵入を試みたが、もちろんしっかりと施錠がされており中には入れない。

ここでも私たちはガラス窓から校内を覗き込み雰囲気を味わうことに努めた。

幼少期から活発だったというアヴリルはこの廊下でもスケボーを乗り回していたのだろうか。

いや、さすがにそれはないかな。などと想像を膨らませながら校内を外から見学した。

ちなみにある空間にはいつかの卒業生一同の顔写真が飾られていた。

いつの時代のものなのか、肝心なところが観葉植物で隠れていて認識できない。

私たちは必死になってアヴリルの写真を探したが、見える範囲に彼女は存在していなかった。

アヴリルの世代のものでないとすると、いったいいつの世代がこのように特別に飾られる価値を生み出しているというのであろうか。

 

https://gyazo.com/657cb070d2e8e7e868158d68ac6e6830

https://gyazo.com/569fd74664c276bfeec2d68d108a696e

学校の看板には『WE RULE WE ROCK!!!』というフレーズが浮かび上がる。

 

https://gyazo.com/40bbf18d19ed5406e73cb542ad4a085f

次に向かったのはナパニー駅。

全く活気のない駅だった。

トロントからだと夕方に2本ほどこの駅にとまる便があるらしいが、本当にこんなところにとまる電車などあるのかと思うくらい廃れていて、その雰囲気は『この駅はもう廃止になったんだ』と言われても全く違和感を感じないであろうものだった。

 

https://gyazo.com/b98df5db82798f276a57c1785b657a54

ナパニー駅を後にしたら、再びメイン通りのティムに戻り作戦会議。

駐車場があり、Napanee Wi-Fiと表示される町の公共電波がつながりやすいここのティムは私たちの行動の中心地となっていた。

何かナパニーを感じさせるグッズが欲しいと思い向かったのは、北西方向に少し走ったところにあるNAPANEE MALLというところ。

しかし残念ながら今日はもう閉店していた。

 

https://gyazo.com/897a2d5439b3885ae599ad51e1b96bd4

ダメ元で入った隣のスーパーにも特にナパニーを感じさせるものは存在せず、もちろんアヴリル・ラヴィーンに関するものも一切存在しなかった。

あったのはおそらくナパニーとは何の関係もないであろうビートルズの記念ディスプレイだけだ。

今回実際にナパニーを訪れてみた結果、町でアヴリルを押しているのはあの『La PIZZERIA』だけだった。

いったいナパニーの人たちはアヴリル・ラヴィーンと言う人物をどの程度の偉人として捉えているのだろうか。

時刻は20時。そろそろということで私たちはナパニーを出てトロントへ戻った。

 

https://gyazo.com/61558388c2ceecdacaea91f9b433ae73

行きより帰りの方が早く感じるのはいつものこと。

トロントに着きガソリンを50カナダドル(約3900円)分入れたら47.214リットル入った。リッター1.059カナダドル(約82.6円)ということだ。

安くてもリッター100円は超えてくる日本と比べたら破格の値段だ。

給油後、レンタカーを返却するつもりだったが店はすでに閉店していたためレンタカー屋の駐車場に車だけ置いて地下鉄でトロント中心部へと戻った。

寿司などの和食食べ放題の店で晩御飯を食べる予定だったが、到着した時にはちょうど閉店時間の0:00になっていてそこは断念。

結局私の宿があるクリスティー駅まで行きコリアンタウンで韓国料理を食べた。

韓国料理はボリューミーでうまいが出てくるもの全てが辛かった。

注文がうまく伝わっておらず1品余分に出てきてしまったので、この日の晩御飯はお腹いっぱい食べることができた。

ちなみに手前の肉の鉄板焼きとご飯で10カナダドル(約780円)ほどだった。

しかも韓国では当たり前のことだがキムチなどの小皿は全てサービスである。

食べ終わるとお腹の中が燃えているようにポカポカした。

久々に韓国料理の凄まじさを感じた。

 

この後私はすぐそこにある宿に戻り、みゆきさんも地下鉄で数駅ほど行ったところにあるという家へ帰った。

ちなみに家に帰った時相方はまだ起きており、今日ひとりで何をしたのかを語ってくれた。

なんでも昼食時に行ったティム・ホートンズで英会話力の乏しさから注文がうまくできず、頼んだものと違うものが出てきたことに相当なショックを受けたのだという。

一人じゃ注文もうまくできないんだな、と、ひとりで行動してみて色々と刺激を受けてきた様子。

まぁ、それはそれでいい経験になったのではないだろうか。

 

明日は朝レンタカーの返却手続きをしに再びAVISレンタカーへ行き、そこからバスに乗り世界三大瀑布の1つであるナイアガラの滝を目指す予定だ。

スポンサーリンク