2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



アメリカ1日目②〜【エミネムの地元】デトロイト市内観光〜 世界一周107日目★後編

トロントからグレイハウンドバスでアメリカ合衆国へ入国。

入国審査はやはりめんどくさいものだったが、なんとか入国完了。

 

アメリカ最初の都市は、デトロイト

 

▼前回の記事(アメリカ入国)

earthtravel.hatenablog.com

▼ あわせて読みたい 

earthtravel.hatenablog.com

 

f:id:Relie:20170612233810j:plain

15時15分。

アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに到着。

私の好きなラッパー、エミネムの地元だ。 

 

f:id:Relie:20170612233830j:plain

バスターミナルからは歩いてRosa Parks Transit Centerという市内バスターミナルまで向かう。

 

f:id:Relie:20170612233838j:plain

しばらく歩くとRosa Parks Transit Centerに到着した。

 

▼Rosa Parks Transit Center(市内バスターミナル)の場所

 

f:id:Relie:20170612233851j:plain

デトロイトには黒人が多いと聞いていた。

人種別人口構成は白人が約10%程度、アフリカン・アメリカン(いわゆる黒人)は約80%を占めているという。

市内バスターミナルに来てみて、いきなりそれを実感している。。

 

グレイハウンドのバスターミナルから市内バスターミナルまでの間、黒人以外見てない。

特に市内バスターミナルにはガラの悪そうな黒人たちしかいなくて、

『デトロイト=アメリカで一番治安の悪い都市』という事前情報のせいもあり少なからず恐怖を感じた。

そんな中目的のバスがいつどこに来るのかわからなかったので、

しばらくこのバスターミナル内をうろつきバス停を探さなければならなかった。

 

今思うとその中に危害を加えてくる黒人なんておらず、その恐怖は完全に我々の偏見からくるものだと冷静に考えることができる。

 

なんとかお目当ての25番のバスを見つけ、1人1.5ドル(約154円)で乗り込む。

運転手をはじめ、バスの中も黒人しかいなかった。

 

スポンサーリンク

 

f:id:Relie:20180222180302j:plain

16時ごろ。

今回の宿となるリバータウン・イン・スイーツ・ダウンタウン・デトロイトに到着。

バスはこの宿のすぐ近くに停車した。

 

▼リバータウン・イン・スイーツ・ダウンタウン・デトロイトの場所

 

f:id:Relie:20170612233917j:plain

料金は2人で1泊5943円だったが、

ホテルズドットコムというホテル予約サイトの

"10泊するとその10泊の平均金額を割引として利用できる" というシステムを利用。

今回の宿泊料金は1泊1625円となった。

 

1人1泊812円計算。これは安い。

 

f:id:Relie:20170612233902j:plain

朝からまともに食事をしていなかったので、部屋にあった電子レンジで昨夜友達からもらった "行き場を失った牛丼" を温めて食べた。

アメリカ入国の際没収されなくてよかった。

 

f:id:Relie:20170612233938j:plain

牛丼を食べ終え元気を取り戻したら、暗くなる前にデトロイトの市内観光へ出かけた。

観光と言っても、ダウンタウンをテキトーに散歩する程度のものだが。

 

デトロイトといえば自動車産業が盛んなモーター・シティ。

1900年初頭フォード、クライスラー、ゼネラルモータズ(GM)の本社が置かれたことにより世界の自動車産業を牽引しながら急発展を遂げてきた街だ。

 

しかし2009年には世界金融危機の影響でクライスラー、GMは経営破綻。

自動車産業に依存していたデトロイトは大打撃を受け、失業者は急増し警察官の人員削減で治安も悪化。

前述した通り、『アメリカで一番治安の悪い都市』とまで言われるようになったという。

 

f:id:Relie:20170612234003j:plain

しかしそんなデトロイトだが、実際に街を歩いた感じ中心部に限ってはそのような雰囲気は特に感じなかった。

 

デトロイトに到着してから宿に着くまではほとんど黒人しか見なくて少しビビったけど、ゆっくり街を歩いてみると普通に白人もいて安心した。

 

2013年の財政破綻宣言から約3年。

街は着実に回復に向かっているということだろうか。

 

f:id:Relie:20170612234018j:plain

Central United Methodist Churchという教会。

とんがった時計塔が印象的。

 

f:id:Relie:20170612234039j:plain

f:id:Relie:20170612234055j:plain

 ダウンタウンを北上。

メジャーリーグ、デトロイト・タイガースの本拠地、コメリカ・パークまでやってた。

 

市内歩きでカメラのシャッターを切っている人間は我々以外に見かけなかったが、

さすがにここは人気観光地になっているらしくアメリカ人もこの球場前でバシバシ記念撮影をしていた。

 

▼コメリカ・パークの場所 

 

f:id:Relie:20170612234048j:plain

巨大なトラの像。

表情にも力強さがあり、今にも襲いかかってきそうなくらい迫力満点だった。

阪神タイガースとは比べ物にならない。

 

f:id:Relie:20170612234101j:plain

f:id:Relie:20170612234107j:plain

コメリカ・パークのすぐ隣にはフォード・フィールドというNFLデトロイト・ライオンズの本拠地があった。

NFLとはアメリカのプロアメフトリーグのこと。

 

それにしても、タイガースの隣にライオンズとは。。

 

スポンサーリンク

 

f:id:Relie:20170612234116j:plain

f:id:Relie:20170612234131j:plain

そのあとは私の好きなラッパーエミネムなど、

デトロイト出身のラッパー達がコラボしている『Detroit vs Everybody』のPVに登場する風景を求め街をうろついた。

 

しばらく発見できずにさまよったが、それらはデトロイト中心を川の方へ下ったところにいくつかあった。

大きめのオブジェが街の真ん中にドンっと存在している。

 

この『モニュメント・オブ・ジョー・ルイス』という拳のモニュメントは、

アメリカ出身のボクサー、ジョー・ルイス右腕なのだそう。

 

経済破綻して元気をなくしたデトロイトの街に一発入魂するような力強さを感じる。

 

f:id:Relie:20170612234123j:plain

『Labor's Legacy Monument』

2001年に建てられたという労働に関するモニュメント。

デトロイトのモニュメントの中では個人的に一番美しく見えた。

 

f:id:Relie:20170612234204j:plain

 こちらは『スピリット・オブ・デトロイト』というデトロイトを象徴する像。

左手には神を表す太陽、右手には人類を表す家族がのっているとのこと。

 

この像が本来どんなことを意味しているのか知らないが、

想像するに神より人類の方が重い(偉大)ということだろうか。。?

 

f:id:Relie:20170612234142j:plain

f:id:Relie:20170612234153j:plain

デトロイト川沿いにあるのが『The Gateway To Freedom』というモニュメント。

直訳して『自由への入り口』

この人たちが見つめている対岸はカナダ

 

これは1860年代

たくさんの南部奴隷が自由を求めてデトロイトを通過し自由の地カナダを目指して行ったことを表す像だという。

 

f:id:Relie:20170612234158j:plain

まるでディズニーランドの蒸気船マーク・トゥエイン号を思わせる船がデトロイト川に停泊していた。

ちなみに、マーク・トゥエイン号の舞台はミシシッピ川。

 

f:id:Relie:20170612234210j:plain

19時ごろ。

日も暮れ始めてきたので、そろそろ歩いて宿まで戻った。

無理してまで真っ暗になったデトロイトの街を徘徊することはなかろう。

 

夕食を食べるために宿近くにあった酒屋へ行ったが、特にいいものはなかったので何も買わずにそこを出た。

今日は晩飯抜きということだ。。

 

遅めの昼食に牛丼を食べていたのでそこまで空腹ではなかったが、

晩飯抜きってなるとおのずと明日の無料朝食に期待してしまう。

 

▼次回記事(アメリカ横断開始)

earthtravel.hatenablog.com

 

▼ あわせて読みたい 

earthtravel.hatenablog.com

 

▼アメリカ横断まとめ【完全版】

earthtravel.hatenablog.com