読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、ハプニング、現地情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



アメリカ横断20日目〜ダラス樹木園でハロウィーンとケネディ暗殺現場〜 世界一周127日目★

北米 アメリカ アメリカ横断 ダラス
スポンサーリンク



テキサス州ヒューストンから同じくテキサス州であるダラスへ向けて北上していた我々は、昨夜はインターステイト45号線上にあったビジターセンターの駐車場で車中泊をしていた。

前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

YouTube(ようつべ) ↓↓

  

https://gyazo.com/b4b78b48ee86e5bfeec98f81a9eaf9c3

9時ごろ目を覚まし、トイレがてら早速建物内へ入って無料のコーヒーもしくはテキサス名産などのおもてなしがないか確かめる。(ルイジアナ州のビジターセンターで無料のルイジアナコーヒーが用意されていたことに味を占めている。詳しくはコチラ↓↓) 

 

earthtravel.hatenablog.com

 

 

https://gyazo.com/b91b4273176f7d0771294a0c7e4ee692

残念ながらコーヒーやテキサスステーキなどのおもてなしはなかった。

やはり、そう甘くはない。

その代わりと言ってはなんだが、ここにはスマホなどを充電できるコンセントが備わっており、相方曰くワイファイも無料でつながるとのこと。

しかしなぜかこの時私のiPhoneとMacBook Airではその無料ワイファイにつなげることはできなかった。

 

https://gyazo.com/5514bfa8eed40cdb3a607b8713fc6f2e

スマホも体も充電完了状態になったら、10時過ぎごろこのビジターセンターを出発した。

相変わらずいい天気。

テキサスあたりから何もない荒野の景色が目立ち始めてきた気がする。

 

https://gyazo.com/ee8d48daff53a97e05327e25ebc7d36b

10時40分。

我々の眼の前にダラスの摩天楼が現れた。

規模はヒューストンとそう変わらないか、少しデカイくらいかな。

我々の最初の目的地は目の前に見えるダラスダウンタウンではなく、ハロウィーン仕様の装飾が施されているというダラス樹木園というところ。

そこはダラス中心地から北東に15分くらい走ったところにあるので、一旦はダウンタウンをスルーして北東方向へ車を走らせる。

 

https://gyazo.com/6296c2f0c856285aa15a7cc6a6d19213

ハイウェイを降りて下道を走っている時、信号待ちをしていた我々の眼の前に白バイ(実際には黒いバイクだが)が現れ道をふさいだ。

白バイが来たのと同時くらいに信号は青になったが、こいつのせいで前へ進めない。

”なんだこのテキサスレンジャーは。邪魔だ。どけ。”

そんな思いもむなしく、結局その白バイは信号が青の間は1ミリたりともそこを動こうとはしなかった。

そして我々側の信号が赤になった途端に前進し、その場を離れやがった。

なんなんだこの嫌がらせは。

全くなんの目的で我々の進路を塞いだのかわからないまま、我々は2周目の赤信号を待った。

白バイもこちらを向いて頭をさげるなどすればいいものの、そのようなことは一切せずにただ前を見て道をふさいでいるだけだったので感じが悪い。

 

https://gyazo.com/19b8dc464a5c095a6801b6160c544ec1

10時50分。

ダラス樹木園に到着した。

ハロウィーン当日というだけあって、意外と多くの人が来園している様子。

そのほとんどが家族連れだった。

 

https://gyazo.com/5fb0b37308376d20d92e4ed5196663c1https://gyazo.com/1383f3a2107170ac5e7cede6c660b074

気になる料金だが、まず駐車場で車1台15ドル(約1545円)取られ、さらに入園料で1人15ドルとられるという、予想以上に高い金額を請求された。

我々の中では駐車場だけで15ドルも取るなんてことが理解できず、結構ショックを受けた。

昨日のヒューストンのサニー・フリーマーケットなんて車1台2ドル(約206円)だったぞ。

 

https://gyazo.com/879178cab0d768867ea940bdc42eac3c

でもせっかく来てしまったのだから、後戻りするなどそれこそ馬鹿らしい。

今日はハロウィーンだし、特別に奮発したと考えることにしてとにかく園内がその料金に見合ったものに仕上がっていることを期待した。

そういえば、おとといも1人45ドル(約4635円)のテキサスステーキを食べるにあたり特別に奮発したっけな。

 https://gyazo.com/3e4571549092e8e082c7edac8c801615

とりあえずインフォメーション窓口へ行き見どころとパンフレットをもらう。

このかぼちゃの敷き詰め具合はすごい。

これは結構期待できるかも。

 

https://gyazo.com/ba2233b9e19b8b54ea5934e455ff023c

このダラス樹木園でかぼちゃ以外のみどころと言えば、園内に点在しているを歴史上の偉人たちの像

こちらは画家のクロード・モネ

なぜフランスの画家であるモネがここアメリカの樹木園にいるのかはよくわからない。

 

https://gyazo.com/ad9c54b3ae717445b0eae654b3b3e151

こちらはアメリカ合衆国第15代大統領のエイブラハム・リンカーン

 

https://gyazo.com/747bef3c0e231af16f485e5babc71065

リンカーンのところからちょっと歩いたら、そこにはかぼちゃが大量に置かれたゾーンがあった。

こうやってアップで写真を撮ると凄く見えるが、実際その場で全体を見てみると、それは想像していたよりも迫力に欠けるものだった。

 

https://gyazo.com/d85dce34961e6cd0e96b48df2768ee92https://gyazo.com/9e785a328112632a953be15066e757d9https://gyazo.com/1c267d84a0cda91d3f1f62299e3bedc4

かぼちゃの家。

 

https://gyazo.com/bb25a62601a8fbf325c998b7061f7aa0

子供達がたくさん遊んでいた。

アメリカではハロウィーンの日は学校は休みなのか?

いや、そんなことはないだろう。

 

https://gyazo.com/83746d69419016d85e55f189bda6aecfhttps://gyazo.com/85a3306674284343c986048d432222ac

前述した通り、写真の撮りようによっては凄くいいところに見えるが、実際その場にいるとそんなにすごくない。

いや、すごいのだが、想像していたものがもっとすごいものだったので期待が外れたと言った方が正しい。

駐車場15ドル+入園料15ドルで30ドルも払っていることも我々の期待をあげていただろう。

”30払ってこれか。”

そんな思いが我々の頭をよぎった。

あまりにも期待を下回るものだったので、私はまだ他にメインのかぼちゃ会場があるのだ、と本気で思っていたが、園内全てを歩いてみてもかぼちゃ装飾がされていたのはエントランスのところとここのみだった。

 

https://gyazo.com/55963f30ecd4891e0e36aedd0b0cb3a3

悔しい結果になってしまったが、いつまでもぐちぐち言っていてもしょうがない。

こうなったら例の偉人の像を全部回って一緒に写真を撮ってやる。

我々は無理矢理でも目的を作り、30ドル分精一杯楽しもうと考えた。

この像はパッと見アインシュタインかと思ったが、よく見るとアメリカの作家マーク・トウェインだった。

 

https://gyazo.com/714e4dfa31d4df79ed749864aaae28c2

ずーっと園内を奥の方へ歩いて行くと、子供向けのエリアのゲートがあった。

せっかくなのでここにも訪れておこうとそのゲートを潜ろうとすると、スタッフに『リストバンドはあるか?』とジェスチャーで問われた。

『そんなものない。』とこちらもジェスチャーで返すと、『裏にあるチケット売り場で買ってきなさい。』とジェスチャーで返された。

なんとこのエリアに入るには別途料金が必要になるらしい。

どんだけ金を取れば気がすむんだ。

もちろん我々はこのエリアへは入場していない。

 

https://gyazo.com/80a7ac8738d4b54676717726347f1b7b

その別料金エリアを避け園内を歩いていると、次に現れたのは今度こそアルベルト・アインシュタインだった。

この園内に入る像たちは基本的に遠くの空を見つめている。

 

https://gyazo.com/1e5c0351f50209525b6c3c6b821367a6

広場でプーさんが走り回っていた。

よく見ると全身プーさんの衣をまとった2歳前後と思われる子供だった。

たぶん本物のプーさんの大きさはあんなもんじゃないのかな。

その姿を遠くから見ると、まるで本物のプーさんが動き回っているように見えた。

ディズニーランドで見る大人ほどの身丈のプーさんよりも、こっちの方が原寸大に限りなく近くてリアルだった。

 

https://gyazo.com/2f1910801b776669623136a21e8329e5

ベンジャミン・フランクリン

政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者など、多彩な才能を発揮してアメリカ社会に大きく貢献した人物として100ドル札の肖像に選ばれている。

米ドル紙幣の最高額である100ドル札に選ばれるなんて、相当偉大な人物なんだな、と思いきや、アメリカではより少額の紙幣により権威的な人物が使用されることが一般的らしい。

その理由は小額紙幣の方がより多くの人の手に渡り目に触れる機会も多いからということらしい。

日本とは全く逆の思考である。

つまり米ドル紙幣の中で1番権威的とされているのは1ドル札の肖像であるアメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントン

その次に2ドル札のトマス・ジェファーソン、5ドル札のエイブラハム・リンカーンと続く。

実際2ドル札など日本でいう2000円札ばりに使い勝手が悪く、全く流通していないらしいのだが。(以前偶然会計の時に2ドル札を使用したら、レジの人に『ワァオ!』と驚かれたことがある。)

 

ちなみにベンジャミン・フランクリンを訪れる前にはライト兄弟の像もあったのだが、そこをベンチ代わりに腰掛けて一向に退こうとしないアメリカ人2人組が邪魔だったために撮影できなかった。

つまり我々の目標はことごとく打ち砕かれたことになる。

 

https://gyazo.com/a36ff523db69854f40c22cc86446704d

 園内をぐるっと一周し、最後にもう一度ハロウィーン装飾が施されているかぼちゃのエリアに寄った。

いわゆる見納めである。

何度見ても、どこか物足りなさを感じてしまう。

インフォメーションでもらったパンフレットの表紙になっている景色を探したが、それは去年のハロウィーンの様子らしくどこにも見当たらない。

 

余談だがこっちのカラスは日本のカラスとは少し外見が違いスタイリッシュだった。

 

https://gyazo.com/f04e08584f028586d6be17db06c1fce0

13時ごろ、我々はダラス樹木園を出た。

ちくしょう、こんなとこもう2度と来るものか。

そもそも樹木園なので花などの植物鑑賞を楽しむところなのだが、あいにく我々はそのような趣味は持ち合わせておらず、園内散策も特に盛り上がりのないまま終わってしまっていた。

植物に興味があり、お金に余裕があり、子供連れの方にはのんびり散歩ができるいいところかもしれない。

そのどれにも該当しない我々にとっては、ここはちょっと失敗したな、という場所になってしまった。

 

https://gyazo.com/19eaea215579f3a202f7ff0a826e1c8e

https://gyazo.com/2d804bf1cc72eb9702177132914fcb91

時刻は13時15分

ダラス樹木園で予想以上の出費をしてしまった我々は、とりあえず目の前の昼飯を節約しようということで、色々迷った結果セブンイレブンの5ドルピザをチョイスした。

体に良くないとわかっていても、節約気分の時はついついここに頼ってしまう。

 

https://gyazo.com/c6aa232214f25cf3ede34d331c79519b

ついでに併設されているガソリンスタンドで20ドル分で9.264ガロン給油をした。

アメリカではセブンイレブンも立派なガソリンスタンド店になる。

1ガロン2.159ドルなので1リッター0.57ドル(約58円)計算。

 

https://gyazo.com/8d9c133e3764b67207a742c2889c3323

ここのセブンイレブンにはDVDレンタルの自動販売機があった。

料金はDVD1枚1日レンタルで1.5ドル(約154円)

 

https://gyazo.com/e401c447b28f50101935c8f32e8a472d

ダラス樹木園の後はダラスダウンタウンへ。

ダラスでの見どころと言えばやはりジョン・F・ケネディ暗殺現場

逆にケネディがダラスで暗殺されなかったら何がこの町の観光名所になっていたのだろう。

 

https://gyazo.com/9007ef36cfdf140f6476b23716c0f9ef

とりあえず町を歩くにはこの車を駐車場に停めなくてはならない。

我々はケネディ暗殺現場付近まで来たらその近辺をぐるぐると流し、安めの駐車場を探した。

なかなか我々の条件に合う駐車場を見つけることができず、同じところを3周くらいはしただろうか。

結局ケネディー暗殺現場の北側に位置するジャンクションの高架下にあった、『平日朝5時〜夕方5時まで2ドル』という超破格の駐車場を発見し、そこに車を停めた。

ケネディ暗殺現場までは徒歩10分かからないくらいのところにあるので立地も問題ない。

 

https://gyazo.com/30bf074bcab5e1b2c62a4937528f0771https://gyazo.com/d1b55992c60af76d222fc21f8838cd44

いつも通りチケットマシーンで駐車券を購入して車のダッシュボードに見えるように置いておく。

この時14時20分ごろ

17時まで2時間30分ほどしかなかったが、ケネディ暗殺現場を見学するくらいならこれだけ時間があれば十分である。(博物館に入場してガッツリ見るのなら足りないかもしれない。)

 

https://gyazo.com/4b1828bdbc2274731f45e4ae67d824fe

これが The Sixth Floor Museum (シックス・フロア・博物館)

ケネディ大統領は当時教科書倉庫だったこの建物の6階の窓から狙撃され暗殺されたとされているが、致命傷を与えた銃弾は別の角度から撃たれたものだったとか、犯人とされていたオズワルドが事件2日後に暗殺されたなど、未だにたくさんの謎に包まれていて真実が解明されていないというのが現状。

ちなみにオズワルドは逮捕されてから『俺ははめられただけだ。』という言葉を残している。

今でもキューバのカストロ陰謀説マフィア犯行説など、幾つかの説が流れている。

口封じのため関係者の暗殺が繰り返されるなど、詳細を知るとそこではまさに映画『ゴッドファーザー』のような酷いことが行われている。

そういうこともあり、私はマフィア犯行説が有力なのではないかと思っている。

 

https://gyazo.com/6fa85e4233433276e6230f92fe86bdf2

 このシックス・フロア・博物館の1階はギフトショップになっていたが、これは博物館の出口を兼用する場所だったので、博物館に入場していない我々はそこに入ることができなかった。

ギフトショップぐらい出入り自由にしてくれたっていいのに。

 

https://gyazo.com/3fade66a938a9722b6a491628db10ad6https://gyazo.com/266edb5058324c8ad8cf87a0e99f2256

そんな博物館はスルーし、とりあえずケネディ暗殺現場へ。

このエルム・ストリートを車に乗ってパレードしている最中にケネディは暗殺された。

その瞬間の映像というのはユーチューブなどでも普通に閲覧することができる。(しかもカラーで。)

私もダラスへ来る前予習も兼ねてその映像を何度も閲覧したが、なかなか衝撃的な映像だった。

1枚目の写真のシックス・フロア・博物館の6階、写真向かって一番右隅の窓からオズワルドはケネディを狙撃をした。

しかし前述した通りケネディに致命傷を与えた頭部への銃弾は違う角度から撃たれたとされている。

 

https://gyazo.com/51bbc34859afa3f9e5d44e7f0cdc3969https://gyazo.com/f4ba5695399e923e2f188db537d3b3f1

この道路上のバツ印が狙撃された地点。

バツ印は1箇所だけではなく、ここからもう数十メートル先に進んだところにもう一つある。

 

https://gyazo.com/81928ee4de65544d9a1bd8ff54bd7335

https://gyazo.com/e239dda9363309f1ee62be1f2c795cbb

暗殺現場のエルムストリート沿いでは当時の新聞が売られていたり、ケネディ暗殺についての自説を観光客に熱弁する人が何人かいたりした。

この人たちの説明に捕まるのは正直めんどくさいので、我々はすでに捕まっている観光客の後ろから覗き込み、盗み聞きをするような形でその説明に耳を傾けた。

 

https://gyazo.com/b888099702aea83da76660a1f40ea914

ケネディ暗殺現場を見学しながら近くにいたリスと戯れた。

リスを見るとロンドンのハイド・パークを思い出す。

ここにいたリスはなかなか人間慣れしている様子で、我々が近くにいても逃げようとはしない。

木の実と見せかけて石を投げたり、木の枝でおびき寄せたりしながらしばらく遊んだ。

残念ながら相方がロンドンでリスのエサ用に購入したピーナッツは、この時も車のトランクの奥深くで眠っていた。

 

https://gyazo.com/f57b60f4e37feb20386992f687f11dc9

ケネディ暗殺に関するギフトショップ訪問を半ば諦めていた我々だが、シックス・フロア・博物館の道をまたいで反対側の建物にもギフトショップがあることに気づいた。

ここは先ほどのギフトショップと違い出入り自由。

もちろん我々はこの中へ入った。

 

https://gyazo.com/fed3f1ea37fd99d21997d58a28217c9a

そこでは新聞、Tシャツ、小物、本、ポスターなど、ケネディに関するグッズがたくさん売られていた。

特に強く惹かれるものはなかったので何も購入していないが、見ているだけで楽しめる。

 

https://gyazo.com/d52d194ebd3a523d283d4e8d19ef8cae

その後近くに見えたお城のような建物に行ってみるも、何かよくわからなかったし、特に入ろうという意欲もわかなかったのでここは外観を見るだけで良しとした。

これは一体何だったんだろう。

 

https://gyazo.com/688b2feef25863576b3d1930c2782aa5

15時50分ごろ、ダラス観光を終えた我々は近くのウォルマートへ寄った。

 

https://gyazo.com/a7c5a2da07badddf0b3a4fcd0cb6bd26

 いやぁ、先日ヒューストンでステーキを食った時は、ステーキはこれで最後、と思っていたが、時間が経ち肉を見るとやはり食べたいという欲望が襲ってくる。

最近私はウォルマートへ行くと、必ずと言っていいほど肉のコーナーへ訪れている気がする。

 

https://gyazo.com/c292d37ef55f1768744b214cdf8618dc

我々はここでリンゴ3つを3.05ドル(約314円)、1ドルポテチを2つ(つまり2ドル(約206円))、バナナ1本を0.94ドル(約96円)、水1ガロン(約3.78リットル)を0.88ドル(約90円)で購入した。

 

https://gyazo.com/0dceef963e562f57cfe39f14ab0f6637

そして寒さに弱くちょっとでも寒くなると凍えて眠れなくなってしまう相方は、ついにここで寝袋の購入を決断した。

シカゴで極寒の車中泊を経験した時にすでに購入を決意していたはずなのだが、アメリカを南下するにつれ気温が暖かくなっていったことや、なかなかコンパクトな寝袋が売られていなかったこともあり未だ購入に至っていなかった。

今回購入したのは結局望んでいたほどコンパクトなものではなかったが、今後本格的に突入していくアメリカの砂漠地帯のことを考えたらそろそろ購入しておかなければならない時期だった。

小さなラジカセくらいのサイズの寝袋を税込み43.27ドル(約4456円)で購入した。

*写真で持っている緑のやつよりももっと小さいサイズのやつ。

 

https://gyazo.com/f6724cabe927ae7d1715c6c8d3d64575

ウォルマートでショッピングやネット接続を楽しみ、結局そこに1時間30分くらい滞在してしまった。

17時30分ごろ我々は次の目的地を目指し車を走らせた。

 

https://gyazo.com/6ded1bf7c414abd8e7dbeb26a4c1b384

 ダラスを後にした我々の次の目的地はまだまだテキサス州内。

テキサス州は本当にデカくて広い。

その目的地というのはメキシコとの国境の町テキサス州エルパソ

その名前からもメキシカンな雰囲気がひしひしと伝わってくる。

 

https://gyazo.com/212ae9ce6411d6a942e2211054f9a0be

ダラスからエルパソまでは、とりあえずはインターステイト20号線をしばらく進む。

夕日に向かって車を走らせていると、西へ向かっているんだなぁということを強く実感することができる。

それにしても綺麗だ。

なんか、最近毎日夕日が綺麗な気がする。

 

https://gyazo.com/cf62a06483e253b3f12d20030ef878fc

 21時。

ダラスから東に223マイル(356㎞)ほど進んだところにあるガソリンスタンドでガソリンを10ドル(約1030円)分給油。

5.078ガロン(約19.17リットル)入った。

ここのガソスタはレギュラー1ガロン(約3.78リットル)1.969ドル(約202円)。

1リッター0.52ドル(約53円)計算。

本当にテキサスはガソリンが安くて助かる。

もう、1ガロンで2ドルいってしまうと高く感じてしまう。

 

https://gyazo.com/c3b88ab60da768c67358bc4e08b6917a

 そして今夜はこのガソリンスタンドと同じ敷地内にあったウォルマートの駐車場で車中泊をすることに。

まだ21時をちょっと過ぎたところなので、我々にしては早い時間での駐車場チェックインである。

 

https://gyazo.com/3201c866e4066c45b4aded38b9048af4

 車の中で昼に購入したリンゴを切る。

このリンゴが今夜の夕食だ。

完全に今日訪れたダラス樹木園の出費を引きずっている。

その後テキトーに時間を過ごし、本日は就寝した。

このテキサスのほぼど真ん中あたりに位置するウォルマートからテキサスの端っこにあるエルパソまではおよそ400マイル(640㎞)。

順調に行けば明日の昼すぎごろにはエルパソに到着できるだろう。

  

https://gyazo.com/4e84fece09333f3c93d4a3bedcd97849https://gyazo.com/c279c7e24ed0d76fb407f0750ed2fa6ahttps://gyazo.com/8e3ab02015c2af6bca21ad65d2afa346

 

アメリカ横断20日目までのルート★

デトロイト→シカゴ→ナッシュビル→アトランタ→ウォルトディズニーワールド(オーランド)→マイアミ→キーウェスト→ニューオリンズ→ヒューストン→ダラス→テキサスのど真ん中のウォルマートで車中泊。

スポンサーリンク