2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



アメリカ横断21日目〜エルパソの夜景とテキサスステーキアゲン〜 世界一周128日目★

現在テキサス州。

 

ダラス樹木園でハロウィーン気分を味わい、ダラスダウンタウンでケネディ暗殺現場を見学。

 

ダラスをあとにし、メキシコとの国境の町、テキサス州エルパソを目指し西へ西へと車を走らせていた。

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

 

▼アメリカ横断まとめ【完全版】

earthtravel.hatenablog.com

 

f:id:Relie:20180310145059j:plain

朝7時30分。

毎度おなじみウォルマートの駐車場で目をさます。

とりあえずウォルマート店内へ行きトイレとインターネット接続を済ますのも毎度のこと。 

 

f:id:Relie:20180310145053p:plain

車内でりんごを切って食べる。

この前別のウォルマートで買った果物ナイフが大活躍だ。


 

f:id:Relie:20180310145103j:plain

昨晩ここに到着した時ガソリン少量入れていたが、

ここから約400マイル(640㎞)離れたエルパソまで一気に行ってしまいたいので再び給油をしてガソリンを満タンにした。

 

この時朝8時15分頃

ようやく太陽が昇ってきた。

 

f:id:Relie:20180310145108j:plain

昨晩と同じく10ドル(約1030円)分で5.078ガロン(約19.17リットル)のガソリン給油。

 

1ガロン1.969ドルという破格なガソリン値段。 

 

f:id:Relie:20180310145113j:plain

昨日別のウォルマートで購入した1ドルポテチを開封しいざ出発。

 

エルパソまでは約6時間ほどのロングドライブになるので、このポテチのような口のお供は欠かせない。

 

f:id:Relie:20180310145118j:plain

1時間ほど走ったところにあった綺麗めなビジターセンターみたいなところに寄ってみた。

 

f:id:Relie:20180310145123j:plain

なんかすごいけど、特に何があるというわけでもない。

もちろんウェルカムコーヒーもない。

 

トイレだけ済ませ、すぐに出発した。

 

f:id:Relie:20180310145127j:plain

 前半はインターステイト20号線を、

後半はインターステイト10号線を西へ進み、

予想していたよりも1時間も早くエルパソに到着してしまった。

 

f:id:Relie:20180310145134p:plain

エルパソでは車中泊を避け、どうしても宿に泊まりたいという相方の要望があった。

なのでとりあえず近くにあったマクドナルドに入りWi-Fiを繋げて今夜の宿を探す。

 

先日ヒューストンで食べたステーキのうまさが忘れられず、

あの時『しばらく贅沢禁止』を誓ったにもかかわらず、気づけば私はエルパソのステーキ屋さんをネットで調べている。。

 

 ▼ヒューストンで食べたステーキ

earthtravel.hatenablog.com

 

”贅沢は禁止。でもステーキは食べたい。。”

 

そんなことを考えていると、

 

キッチン付きの宿に泊まって、ウォルマートでステーキ用の肉を安く買ってきて作ったらいいんじゃないか?

 

という考えを思いついた。

 

安宿に泊まりステーキを食べに行くか、

少し値段は上がるがキッチン付きの宿に泊まってステーキを自炊するか。

 

悩んだ末、我々はステーキ自炊を選択した。

 

f:id:Relie:20180310145140j:plain

 そうと決まればサッサとキッチン付きの宿を予約し、最寄りのウォルマートへ向かった。

 

f:id:Relie:20180310145149j:plain

f:id:Relie:20180310145154j:plain

f:id:Relie:20180310145158j:plain

f:id:Relie:20180310145144j:plain

 そそられる肉がたくさんあって、どの肉を買ってやろうかものすごく迷う。

 

肉を陳列していたウォルマートスタッフに

どの肉が一番柔らかい?』と聞いてみるが、

 

『僕は肉の専門じゃないからわからないんだ。ごめんね。』

と言われた。

 

そうか、こいつはただの陳列係か。

 

肉の他にもベーコン玉ねぎトマトも購入した。

ステーキは今日の昼飯で、ベーコンやトマトは今日の夜飯と明日の朝食を考えての購入だ。

 

f:id:Relie:20180310145212p:plain

ついでにガソリンを18.35ドル(約1890円)分で9.82ガロン(約37.11リットル)給油した。

 

陥っている負の連鎖を表すかのように、

久々に半端な金額で満タンに達するというミスを犯してしまった。(ミスと言っても、特に問題はないのだが。)

 

それにしてもここのレギュラーの値段は1ガロン(約3.78リットル)あたり1.869ドル(約192円)。

1リットルあたり約0.49ドル(約50円)計算になる。

 

ついに1ガロン1.8ドル台に突入。

さすがメキシコが近いエルパソ。ガソリンが安すぎる。

 

f:id:Relie:20180310145226j:plain

 

予約した宿は バリュー・プレイス・エルパソ というところ。

 

キッチン付きのダブルルームで5153円。

1人1泊2576円ということになる。

 

ただここはWi-Fiが有料なので注意が必要。

 

私がそれに気がついたのはチェックインをする時だった。。

 

予約時にちゃんと確認していなかった私が悪いので、

そこは反省し1日3.35ドル(約345円)でWiFiを購入した。

ちなみに1つ購入すれば2人でシェアできる。

 

チェックインを済ませエレベーターで3階にある部屋へ向かおうとすると、

そこにはベッドの運搬作業真っ只中のお兄さんがいて、エレベーターを使ってベッドを運んでいた。

 

そして彼は我々に向かって『階段なら廊下をずっと行ったとこにあるぜ。』と一言。

 

いやいや、

いくら大量のベッドを運んでいる最中だといっても、まずは客を優先させるべきではないのか?

 

少なくとも私が日本で引っ越しの仕事をしている時は、

エレベーターを利用する人がいたらまず間違いなくその人たちを優先させていた。

 

このベッドのお兄さんの対応には納得がいかなかったが、

ここは気持ちをグッとこらえて階段で3階の部屋まで向かうことにした。

 

f:id:Relie:20180310145235j:plain

f:id:Relie:20180310145231j:plain

f:id:Relie:20180310145247j:plain

f:id:Relie:20180310145243j:plain

部屋はこんな感じ。

ちゃんとキッチンも備わっている。

 

と、ここで私の脳裏に不安がよぎった。

慌ててキッチンの棚という棚を全部開けてみると、

 

ない。

 

そう。

フライパンや食器などの類が何一つ用意されていないのである。

 

”なんでキッチンがあってキッチン道具がないんだよ。。”

 

落胆した私はとりあえず受付へ向かった。

 

f:id:Relie:20180310145400j:plain

 受付のところにあったポスターを見ると、

このようにディッシュパックを29.99ドル(約3088円)で購入できることが書いてある。

 

よく見ると販売を意味する『YOURS TO KEEP』という言葉が書いてあるが、

この時の私にはそんな文字が全く目に入らず、

これは29.99ドルでレンタルできるのだと思い込んでしまっていた。

 

キッチン道具がないと料理ができないので、痛い出費にはなるが借りざるをえない。

 

私は受付にいた女性スタッフに『ディッシュパックをレンタルしたい。』と申し出た。

 

すると彼女は何やらごにょごにょ言いだして、とにかくそれはできない、ということを言っている。

 

『はぁ?』

 

思わず日本語で本気の『はぁ?』を口にしてしまった。

 

キッチン道具は使えないということ以外、彼女の話す英語が全く聞き取れなかった。

レンタルできない理由をもう少しゆっくり説明してもらったが、それでも何を言っているのか要点をつかめなかった。

 

これは彼女の発音の問題ではなく、私のボキャブラリー不足によるものだったと自覚している。

 

『キッチンがあって道具がないってどういうことだ?

しかもその道具を販売するポスターを貼っておいてそれはできないってどういうことだ?

それにさっきエレベーターに乗ろうとしたらあのベッド運びの兄ちゃんがなぁ、... 』

 

できれば英語でこのような文句を言ってやりたかったが、

それができなかった私にできたことといえば、表情と態度で『ふざけんなよ。』という感情を表すことだけだった。

 

たまらず私が、『キッチン道具がないなら部屋をキャンセルしたい。』と言うと、

 

『それはできない。もししたとしてもキャンセル料がかかりますよ。』と言われた。

 

その後も食い下がっていると、

『近くにウォルマートがあるから、そこならここよりも安く色々売ってると思うわ。』と言われた。

 

この一言で私の憤りは爆発寸前に。

 

それでも、ここで日本語を解禁してバーっと文句を言ってその場を去るのも大人げなさすぎる。

憤りはすぐに呆れに変化し、私は『わかった。』とだけ言って部屋に戻った。

 

女性スタッフは一応『ソーリー』と言っていたので、特別に対応が悪いわけでもない。

 

このディッシュパックがレンタルではなく購入するものだと気付いたのは、部屋に戻ってポスターの写真を見返している時だった。

 

アメリカではキッチン付きの宿でもキッチン道具は持参というのが常識なのか?

 

f:id:Relie:20180310145221j:plain

それはそうと、この先どうする?

 

肉や野菜などの食料はもう購入してしまっている。

しかし明日からはまたいつ宿に泊まるかわからない車での生活が再開されるわけなので、これら生物はどうにかして片付けなければならない。

でも新たにフライパンや食器などを購入しても後々荷物になるだけ。

 

とりあえず再び最寄りのウォルマートへ向かった。

 

車を運転している時も、あの宿へのイライラは心の中でグツグツと煮えていた。

こうなると、私の確認不足だったはずのワイファイが有料というところにまでその怒りの矛先は向いてしまう。

 

"キッチン付きのホテルでフライパンなどが一切ないって。"

"キッチンが付いているから少し奮発してこのホテルを選んだのに。"

"あの場面ではマネージャーを呼んでクレームをつけたほうがよかったのか。"

"もう少し冷静になって知的なやりとりはできなかったものだろうか。"

"日本だったらどのような対応がなされるだろうか。"

"お金を節約しようとしてしたことがかえって裏目に出ているではないか。"

 

完全に負の連鎖に陥っている。

 

こういう時はポジティブにものを考えねば。

とは思っているものの、しばらくの間、心の中はネガティブなまま。

 

ネガティブな気分のうちに思う存分ネガティブな考えをして、

ある程度頭が冷えてきたらポジティブシンキングに切り替える。

 

私にはそんな思考パターンがあるということはわかっているのだが、

ネガティブなことを考えている時というのはやはり辛いものである。

 

こういう予期せぬことに対処していくことが行き当たりばったりの旅の醍醐味でもあるわけだが、

やはり実際そのようなことが起こったらその時はめんどくさく、えらく気分が萎えてしまう

 

自らこのような行き当たりばったりの旅を望んで実行しているのに、

ギリギリに計画を練り非常に効率の悪い旅程になってしまうと、それはそれで腹立たしく思えてしまうことがよくある。

 

そのようなことは旅に出るずっと前から何度も起こっていることなのに、一向に改善される兆しはない。

 

そうならないように心がけている時もあるのだが、それは毎回ではなく、いまいちまだそれを自分のものにできていない感じ。

 

いつになったら私のこの行動パターンは完全に改善されるのだろうか。。。

 

f:id:Relie:20180310145203j:plain

そんなことをとめどなく考えているうちにウォルマートに到着した。

ここで相方が名案を思いつく。

 

それはバーベキューや鍋焼きうどんなどでよく使われているアルミの容器を買って肉や野菜を炒めるというもの。

 

なるほど、それなら使い捨てができて荷物にならないし、何と言っても値段が安い。

 

というわけで、

ウォルマートで3枚入りのアルミ容器を3.23ドル(約332円)で購入して宿へ戻った。

 

f:id:Relie:20180310145253j:plain

 これがそのアルミの容器。

正直こんなものでステーキを焼いたりしたら穴が開いてしまうんじゃないか?

という不安はあった。

 

でもまぁ、その時はその時だ。

 

f:id:Relie:20180310145258j:plain

 こちらが購入した食材。

 

熟考の末、

結局肉は分厚いトップサーロイン約900gを10.77ドル(約1109円)で購入していた。

 

その他ベーコン2.98ドル(約306円)、

白たまねぎ1個を0.55ドル(約56円)、

ちっこいトマト2個を0.32ドル(約33円)で購入。

 

f:id:Relie:20180310145305j:plain

f:id:Relie:20180310145310j:plain

早速ステーキを焼いてみる。

思いの外うまく焼けることにちょっとびっくり。

肉から脂が出るので、油をひかなくてもそこまでくっつかない。

 

そして焼いているとステーキのいい匂いが部屋中に充満し始めた。

火災報知器が反応しなければいいのだが。。

 

ちなみにステーキの奥にあるのは米にトマトを豪快にのせたもの

 

この前ニュースアプリを流し見している時、

トマトと一緒に米を炊く『トマトごはん』というものが意外と美味しいという記事が目に入った。

 

それ以降トマトごはんが気になっていた私は、この機会にそれを試してみようと思ったわけだ。

 

作り方は非常に簡単で、トマトを米の上に豪快に載せてあとは通常通り炊くだけ。

果たして本当に美味しいのか?

 

f:id:Relie:20180310145314j:plain

 肉がいい感じに焼けてきたらたまねぎを炒める。

味付けは醤油とガーリックパウダー。

 

f:id:Relie:20180310145319j:plain

調理開始から約20分で完成。

肉は予想以上に柔らかくジューシー。

下手なレストランで食べるステーキよりも断然うまい。

 

これで1人3.59ドル(約369円)なので超格安だ。

(肉は1パックに3枚入っていたので10.77÷3で3.59。今回は2枚使用したのでまだ1枚余っている。)

 

生焼けの部分があったので2度焼きもしたが、ちゃんとしたフライパンがあればそんな手間はなかっただろう。

 

f:id:Relie:20180310145334j:plain

ちなみに、トマトライスの方は、まぁわるくない、って感じの感想。

そもそも水の量が少なすぎて超かための米が炊きあがってしまったので、その時点で本来のうまさを味わえていない。

ちゃんとした炊飯器があるときにまた試してみたいと思う。

 

 

この食事をとっている時がちょうど16時ごろ。

昼飯にステーキを食う予定が、ドタバタしたせいで夕飯みたいな感じになってしまった。

 

こうなると晩飯はいらなくなるので、

ステーキ1枚、ベーコン1パックなどの食料を明日のチェックアウトまでにすべて消費できるかが問題となる。

 

f:id:Relie:20180310145344j:plain

ステーキとトマトご飯を食べた後は部屋でテキトーに過ごした。

ガッツリしたエルパソ観光は明日でいい。 

 

しかし、明日の夜にはエルパソを離れている予定なので、

美しいと評判のエルパソの夜景はこの日のうちに見ておく必要があった。

 

20時ごろ。

正直少々面倒くさかったが、なんとか気持ちを高めて車に乗り込みエルパソの夜景スポットへ向かった。

 

宿からそのスポットまでは車で約30分ほどかかる。

そのスポットの名はシーニック・ドライブ

 

地元民にも人気のドライブコースで、

ビューポイント(展望台)には駐車場が何台かあるのでゆっくり夜景を堪能できる。

 

f:id:Relie:20180310145339j:plain

 高い建物がなく、市民の生活の明かりで構成さたエルパソの夜景は地平線まで伸びている。

まさに光の大地。

 

アメリカでよく見られるそびえ立つ摩天楼の夜景とは違い、温かみがある。

 

ここから見えるインターステイト10号線よりもう少し奥へ行くと、

そこはもうである。

 

メキシコとアメリカの国境になっているリオ・グランデ川はさすがにこの暗さじゃ確認できない。

 

f:id:Relie:20180310145405j:plain

 メキシコ市民の温かい明かりと言ったが、

実はここから見える地域はメキシコでも超絶危険な町と言われる

『シウダー・フアレス』という地域。

 

ネット上では世界一危険な町、と書かれていることもある。

 

ここから夜景を眺めているだけではとてもそんな危険な地域などとは全く想像がつかず、

その明かりの温かみからむしろ優しさに溢れた地域にすら見えてくる。

 

f:id:Relie:20180310145352j:plain

”メキシコの人たちめっちゃ電気使ってんじゃん。”

”ただ遠くから見ているからそう見えるだけかな?”

 

なんてことを思いながらエルパソの夜景を楽しんだ。

 

これは確かに美しいと評判になってもおかしくないし、地元の人たちも誇りに思っていることだろう。

実際地元民っぽいのがたくさんいたし、

この展望台からもう少し下ったところにあるもう一つの展望台には、

地元のちょいワル少年みたいなのがスピーカーで爆音を鳴らしながらたむろしていた。

 

f:id:Relie:20180310145348j:plain

じっくりと夜景を味わったら宿へ戻る。

宿に着いたのは22時前くらいだっただろうか。

 

明日は今日買った食材を全部使い切るために朝からおにぎりを作る予定。

いつもより早めの起床をしなくてはいけない。

 

眩しい日差しを浴び嫌でも起こされる車中泊の朝と、

カーテンは閉ざされふかふかのベッドの上で目覚める宿泊の朝では、

目覚め方が全然違う。

 

 車中泊の時は一切目覚ましはセットしないが、宿に泊まる時は一応セットしておく。

 

おにぎりを作ってチェックアウトしたらその後はエルパソの町観光へ。

ミッショントレイルを回るつもりだ。

 

その後最後に今夜夜景を見たシーニック・ドライブの展望台でそのおにぎりをほうばる

といった予定だ。

 

▼アメリカ横断21日目までのルート★

f:id:Relie:20180315095201p:plain

f:id:Relie:20180315095145p:plain

f:id:Relie:20180315095219p:plain

 

デトロイト→シカゴ→ナッシュビル→アトランタ→ウォルトディズニーワールド(オーランド)→マイアミ→キーウェスト→ニューオリンズ→ヒューストン→ダラス→エルパソ。

 

▼次回記事(ミッショントレイル巡り)

earthtravel.hatenablog.com

 

▼アメリカ横断まとめ【完全版】

earthtravel.hatenablog.com