2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



アメリカ横断23日目〜モニュメントバレーを車で観光〜 世界一周130日目★

スポンサーリンク



 テキサス州エルパソからアリゾナ州にあるモニュメントバレーまで車で移動中の我々は、ニューメキシコ州からアリゾナ州へ入ったところにあるマクドナルドの駐車場で車中泊をしていた。

前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

YouTube(ようつべ) ↓↓

 

 

https://gyazo.com/a172fe2cb694ddd6f88f9d2b8ebee321

この砂漠地帯なのか山岳地帯なのかわからない場所は、予想通り深夜には冷え込んだ。

深夜3時か4時ごろ寒さで目を覚ました私は、たまらず車のエンジンをつけ暖房をオンにした。

その時車の温度計が示していた数字は確か40℉(約4.4℃)

4℃を限界耐久温度とする私の寝袋では、もはや十分な暖かさをキープできない。

結局そこからあまり寝ることができずそのまま朝を迎えてしまった。

朝8時。

ようやく登ってきた太陽を合図に我々はこのマクドナルドの駐車場から出発した。

 

https://gyazo.com/cd6d0a2bd50f2a31b2de5b7cb75f9198

と、その前に、冷えた体を芯から温めるために近くのガソリンスタンドへホットチョコレートを買いにいく。

シカゴ→ナッシュビル間のガソリンスタンドで、『ホットドリンクどのサイズでも0.79ドル』という衝撃価格を経験している我々は、スモールサイズで1ドルを超えるという価格設定をどうしても受け入れられず、近辺のガソリンスタンドを何件か回ってホットドリンクを衝撃価格で販売している店を探した。

結果はどこも1ドル何十セントという価格で、我々が期待していた価格で販売している店は存在しなかった。(まぁそのくらいが相場なのだが。)

結局我々が寝ていたマクドナルドから一番近かったガソリンスタンドでホットチョコレートのラージサイズを1.35ドル(約139円)で購入した。

アメリカのこういうドリンク購入は基本的にセルフサービス。

日本のコンビニなどとは違ってコップがすでに用意されているので、それに好きなドリンクを注いでレジへ持って行き精算する。

気になるドリンクをちょこっと味見してから購入を決める、などということも可能だ。(OKなのかどうかは知らないので自己責任)

 

https://gyazo.com/db2b01bdba83f1721a655f26618d2601

ちなみにアメリカのラージサイズはこのくらいの大きさ。

外へ出て車に乗ろうとすると、変なおっさんに話しかけられた。

先住民と日本か韓国あたりの血が混ざっていよう顔付きの彼は、我々に興味を持ったようで色々と話す。(アリゾナ辺りから先住民系の顔つきの人が一気に目立つようになった。)

我々としても特に危険は感じなかったので彼としばらく話をしていたのだが(8割がた聞き手)、だんだんと話の内容がシビアになっていきなんだか怪しい雰囲気に。

彼の話す英語は20%くらいしか理解できなかったが、どうやら彼はやはり韓国あたりにルーツがある方で、身内と離れ離れになってフェイスブックなどを駆使して探しているけど見つからないという。

さらにどうやって探せばいいか我々に案を求めてくる。

最終的にはお金をくれ、と謙虚な姿勢ながら言われた。

途中から薄々気づいていたが、その一言で完全い彼の本当の目的がわかった私は『ごめんなさい。あげれるお金はないです。』と拒否の姿勢を表した。

『そうですか。世界旅行をするくらいならきっとお金持ちの方なのだろうなと思って声をかけたんですが。。わかりました。お時間頂いてしまい申し訳なかった。』

そんな感じで彼は最後まで謙虚だった。

そんな彼の態度に少し罪悪感を覚えそうになったが、これで良かったのだ、と自分に言い聞かせ車を走らせた。

 

https://gyazo.com/90457b29fb4098c4170488a9ab62f779

 モニュメントバレーを目指し、本当に何もない荒野地帯に1本伸びるコンクリートロードをひた走る。

 

https://gyazo.com/ecd3529fefc747b28366ae28461ef3bc

https://gyazo.com/b86ab1cc438b715d8c771cf23d048713

この辺りになってくるとガソリン値段がエルパソやニューメキシコに比べて一気に跳ね上がった。

昨日エルパソにいる時は1ガロン1.8ドルか1.9ドル台が普通だったのに。

 

https://gyazo.com/774bf920fae9fafb8fdc594ad59465ec

日差しが強い。

 

https://gyazo.com/b8ebed8b844790fd6e75ce4aecde2b98

モニュメントバレーに近づいてくると、赤土の岩山が現れ始め雰囲気を高める。

 

https://gyazo.com/a5ce1b4c7c2edf95389ab7d3f15a9e2d

今朝出発してから約2時間が経過した11時ごろ

目の前にモニュメントバレーらしきでっかい岩山が見えてきた。

この永遠に広がる荒野といい、どこまでも一直線に続く道路といい、突然現れるでっかい岩山といい、ここはまるで映画の世界。

 

https://gyazo.com/eea12e5782b98fbaf7616703e8832973https://gyazo.com/b628417bd5f3919a62e409b8f6c393df

途中道路脇に車を停め、モニュメントバレーの外観というか全体を眺める。

これから我々はあの岩山地帯の中に侵入していくわけだ。

 

https://gyazo.com/a3571e82127031b148edf2a1fab39591

こんなところに真っ赤なフォードのマスタングできている人たちがいた。

せっかくの愛車が砂嵐や飛び石で汚れるぞ。

 

https://gyazo.com/ae8ab763f87788c41d10c495b83aa7e9

 ここモニュメントバレーはアメリカ先住民族であるナバホ族の保留地(要は土地) で、ナバホ族の聖地と呼ばれている。

 

https://gyazo.com/31f62ed2d7aae8c06fecf3e4739f6b3f

https://gyazo.com/e5ac91d6c24a736a7e2894329f5d7a03

ちょいちょい寄り道をしながら、11時30分ごろようやくモニュメントバレーの料金所にたどり着いた。

1〜4人が乗った車なら1台20ドル(約2060円)

5人目以降1人につき6ドル(約618円)徴収される。

GROUP RATESというのはバスやバンで入場する場合の値段。

ちなみにMORTORCYCLE、つまりオートバイは10ドルだ。

 

https://gyazo.com/2f38e3d0159d0d84baa17e27010fea21

 この料金所でモニュメントバレー内の見どころや回り方などが記されている簡単な地図を渡された。

そして『ゆっくり回っても2時間あればで一周できるわ。』

と捕捉された。

モニュメントバレー内には自家用車で走り観光できるバレードライブという道がある。

バレードライブは全長約27㎞、基本未舗装のガタガタ道。

運転に自信のない方や雨の日などは無理をしないほうがいい、とどこかのサイトで紹介されていた。

 

https://gyazo.com/3feec12533dc7f7672a3a8b383538314

料金所から道なりに進むとビジターセンターと駐車場がある。

さらにここにはTHE VIEW HOTEL というホテルもあるので、時間や金に余裕がある方はここで一泊するのも悪くないだろう。

何でもモニュメントバレーで見る朝焼けや夕焼けの景色は、別世界の絶景と称されているらしい。

確かに東京ディズニーランドで見る夕暮れ時のビッグサンダーマウンテンは綺麗だからなぁ。

 

https://gyazo.com/e2de3a62fef4bd7f88b7b8d2e81bb426

 駐車場付近ではナバホ族が観光ツアーを販売していたが、我々はツアーに参加するつもりはないのでそこはスルーしてビジターセンターの建物内に入った。

そこには簡単な博物館があり、軽くそこを見学した。

 

https://gyazo.com/3f6e7c673459a03f78393deb3f00d43a

そして外へ出れそうなところがあったので出てみると、そこはモニュメントバレー全体が見渡せる展望エリアになっていた。

 

https://gyazo.com/76dfb357786535b56806be81d8212872

 いきなり現れた壮大なパノラマに嫌でも興奮する。

 

https://gyazo.com/b84ad5df4d249d87131a093630dfadc6https://gyazo.com/2cce2e040120d266df13deef08105019

我々は景色を楽しみながらとりあえず写真を撮りまくる。

 

https://gyazo.com/ec24daafdd62830a338f8495be3cfd04https://gyazo.com/d6323cac4770a0f4d287164897fe6989

さらに少しスポットを変えて岩の上にも乗ってみた。

いやぁ、まだバレードライブを走っていないというのにここだけでお腹いっぱいになってしまいそうだ。

 

https://gyazo.com/1b5adadc9c7d9136b2f41f9f7833b8b5https://gyazo.com/86c6096ca335b88fd34f8ec5c58ff63a

それでもこの絶景は本当のお腹までは満たしてくれない。

時刻は12時30分。

我々はバレードライブを走る前に軽く昼食をとることにした。

メニューは先日ウォルマートで購入した青リンゴとバナナ。

 

https://gyazo.com/1fc931a30d604820bad9e238dbc44eb1

https://gyazo.com/ddb6bcac345c345952b1b303de249c19

13時ごろ。

ようやく我々はバレードライブに突入した。

最初は見えるもの全てに興奮していたので、特にビューポイントに指定されていないところでも車を停めて写真撮影をしていた。

ちなみに写真に写っているフランス人家族とは、この先しばらく行動がかぶることになる。

 

https://gyazo.com/87792f7a955aef87dd2dfa679a162787

https://gyazo.com/5ad89e51340c52fe2bdf445925bb8dfd

モニュメントバレー内のポイントではアクセサリーなどのお土産が売られている。

ここのポイントのお土産やさんでは可愛い子犬が飼われていた。

それを見つけた動物好きの相方は嬉しそうに子犬へ近寄っていく。

 

https://gyazo.com/96f6f77826dd1b7119abc9bbd81e1e29

ビューポイントの看板を見つけると、このように車を脇に停めて外へ出て絶景を見る。

最初は料金所で渡された地図を見ながら行こうとしていたが、そんなの見なくても走っていれば看板が現れるので、途中から地図はほとんど使わなくなった。

 

https://gyazo.com/a7b09d88a2948fb12706e1e64e20a24d

そしてバレーロードを走っていて一番気をつけなくてはいけないのがこのPRIVATE ROAD(プライベートロード)。

ここはナバホ族、もしくは契約社しか侵入することが許されていない道路。

つまり一般人がここに入るにはビジターセンター駐車場付近で販売されていたナバホ族のツアーに申し込まなければならないというわけだ。

 

https://gyazo.com/8d08573517427325e933cade35d3fdf3

スリー・シスターズ。

ここでのシスターは『姉妹』ではなく『修道女』の方のシスターを意味する。

3つの突き出した岩がまるでベールを被った修道女に見えることがその名の由来らしい。

 

https://gyazo.com/2e0c1abef678d9d94866146e34a1d1b0

いろんなポイントに立ち寄りながら車を走らせ、ついにモニュメントバレーの中でも最も有名であろう『JOHN FORD POINT(ジョン・フォード・ポイント)』に到着した。

ここはアカデミー賞を何度も受賞している映画監督、ジョン・フォードがとても気に入っていた場所で、実際に『駅馬車』『捜索者』などのロケをこの場所で行っている。

ジョン・フォード監督以外の映画でも、『イージー・ライダー』『インディー・ジョーンズ最後の聖戦』『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』『フォレスト・ガンプ』『ローン・レンジャー』などなど、数々の名作がここモニュメントバレーを舞台に撮影されている。

 

https://gyazo.com/5d107da400a30ee72537b025d9cf16cf

https://gyazo.com/bcca587971e5c5d69bb169de181a0b1fhttps://gyazo.com/12991720be4e714a4001af136d0ed5f8

本当に映画で出てくるような絶景。

とりあえず写真を撮るしかない。

私はジョン・フォード・ポイントを歩き回りながら写真を撮り、バック・トゥ・ザ・フューチャーで主人公のマーティーがインディアンの襲撃から身を隠すシーンの撮影はこの岩場で行われたのだろうか、などと妄想に耽っていた。

 

https://gyazo.com/6fdd7006cf3ed87a9d3ae6f3530e6d8fhttps://gyazo.com/c94f13be02bd168e2ff987f454bfe2bb

ここ、ジョン・フォード・ポイントではホットドッグハンバーガーなどのファストフードを販売する屋台があった。

小腹が空いていたので何か買おうとも思ったが、いろいろ考えた結果結局何も買わないことにした。

10ドルもするナバホバーガーナバホサンドウィッチがいったいどのようなものなのかは少し気になる。

 

https://gyazo.com/c8e89451b5ad0295f949f73ba42ac49f

一番の見所だと思われるジョン・フォードポイントは11箇所あるビューポイントの内のまだまだ4番目。

料金所のおばさんはゆっくり回っても2時間ほどで回れると言っていたが、この時点でもう1時間経過してしまっている。

まぁ特に急ぐ必要はないのだが、2時間で全部回るのは無理だな、とこの時思った。

ところで、たまに現れるこの野良犬みたいなのはどこからやってきたんだ。

食べ物に飢えている様子で、我々が車を止めると襲いかかってくるような雰囲気を見せて近寄ってくる。

もしナバホ族の犬ならば、危ないのでちゃんと管理しておいてほしい。

 

https://gyazo.com/3b009e40e503cbe978c65b230cb27851https://gyazo.com/07872ca72327e4bee02a8e6f787cbd87https://gyazo.com/1933b3d8216494ed84ec3b06497f5005

 

所々のポイントではこのように石が積み上げられていた。

我々も暇つぶしがてらこの石積みに挑戦した。

表面のザラザラ感が目立つこの赤い石は意外と積みやすく、石と石がくっつくような感覚はまるで磁石。

我々の積んだ石は、小さい石を使用している割にはなかなかの高さを出すことができたのではないか。

 

https://gyazo.com/3de69e2d94008fd3467672f0f77a8b06

https://gyazo.com/9576454e3559222ecdd2cf1aa1e851cchttps://gyazo.com/9e42cd946f349b0f72a618e4a41cdd70

その後も我々は一つ一つポイントに立ち寄りバレードライブを走り回る。

写真に写っているのは最初のポイントから一緒だったフランス人家族。

こんなところで持参の弁当を広げて飯を食っていやがる。(羨ましい。)

 

最初はガタガタ感がそんなになかった道路だが、奥の方へ進むにつれ未舗装具合が本格化していった。

このころには砂嵐がひどく、暑いけど窓を開けたくない状況になっていた。

そんなオフロードをゆっくりと進んで、ポイントも比較的じっくり鑑賞しているので、ゆっくり回っても2時間と言われたバレードライブを、我々は結局2時間30分弱で回りきった。

4/11番目のジョン・フォード・ポイントの時点で1時間経過していたことを思うと、その後の巻き返しが素晴らしかったのだなと回想する。

後半から、ポイントごとにいちいち車を降りることが億劫になっていて、1つのポイントにかける鑑賞時間が飛躍的に短くなったことも大きな要因と考える。

 

https://gyazo.com/65137d5834670c667f325a73c3866c4f

最後にもう一度ビジターセンターの展望エリアからモニュメントバレーの景色を眺めたが、なんだかんだここが1番いい気がした。

そしてビジターセンター内にあるお土産屋さんにも訪れ、モニュメントバレー観光を締めくくった。

 

https://gyazo.com/c006eb9f6c5e046d4fbf8b5995508f56

モニュメントバレーを出て時刻は16時30分。

本日はまだホットチョコレートとリンゴとバナナしか口にしていない我々は軽食を取るため最寄りのマクドナルドへ。

 

https://gyazo.com/036511f962dc966beb26a2b0b9b86e05

私はホット&スパイシーマックチキンのマヨネーズ抜きを1.07ドル(約110円)、フライドポテトSサイズを1.59ドル(約163円)で購入した。

アリゾナに来たらこれまでの普通のマックチキンはなぜか存在せず、代わりにピリッとした辛さがクセになるホット&スパイシーマックチキンが売られていた。

マクドナルドも、地域によって販売する商品が違うということか。

 

https://gyazo.com/87ecd5fea1c6adc1f5c50a41d379a523

しばらくここのマクドナルドでワイファイを繋げてゆっくりしようという作戦だったのだが、ここのマクドナルドには十分の強さのワイファイが完備されていなかった。

それに『長時間の長居禁止』的な内容のポスターが店内や駐車場に貼られている。

予定変更を余儀なくされた我々は、何かドライブのお供を買うために隣にあったスーパーへ寄った。

 

https://gyazo.com/4b24820aa20b6b5e014694b43bf79c8c

 スーパーには気色悪い、いや、色鮮やかなケーキがたくさん売られていた。

さすがにこれには我々の食欲はのらない。

 

https://gyazo.com/0dafa89711eee79530b3a3a3a7492be9

 先ほどのマックチキン1個とポテトSでは全く腹が膨れなかった我々は、ここで283gのバッファローウィング味のポテトチップスを2.87ドル(約295円)で購入して二人で分けて食べた。

完全にバッファローウィングという名前だけ見て購入してしまったが、これを買うくらいなら先ほどのマックでもう一個マックチキンかポテトを食っておいたほうがマシだったと思えるくらい美味しくないものだった。

美味しくないというか、味が濃すぎてくどい。

それでもちまちまこのポテチをつまみながら、我々は次の目的地であるアンテロープキャニオンを目指して車を走らせ、アンテロープキャニオン周辺の町であるページのウォルマートにて今夜は車中泊をこなす。

 

https://gyazo.com/572b12b174865d51021ce8f26824014bhttps://gyazo.com/1737c42c876781bf03b453fa6c9c3c90https://gyazo.com/d9fee22fc36fe9b23fa97db01482c2b8

 

アメリカ横断23日目までのルート★

 

デトロイト→シカゴ→ナッシュビル→アトランタ→ウォルトディズニーワールド(オーランド)→マイアミ→キーウェスト→ニューオリンズ→ヒューストン→ダラス→エルパソ→モニュメントバレー→アンテロープキャニオン近くの町ページのウォルマートで車中泊。

スポンサーリンク