2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



アメリカ横断28日目②〜サルベーション・マウンテン〜 世界一周135日目★後半

スポンサーリンク

 ネバダ州ラスベガスからカリフォルニア州の砂漠地帯にあるサルベーション・マウンテンまでを車で目指していた我々。

日の入りまでにサルベーション・マウンテンに到着したいのだが、出だしから同じ道を100㎞以上行ったり来たりするというドタバタぶりを見せつけ、日の入りまでの到着はなかなか危うい状態になっていた。

しかし諦めるのはまだ早い、と、とにかく先を急ぐことだけを考えて車を爆走させていた。

◎前回の記事(前半)↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

f:id:Relie:20170720224132j:plain

13時40分。

しばらく何もない砂漠地帯を走っていた我々にとって、久しぶりのガソリンスタンドや飲食店が軒を連ねる町が現れた。

先ほどの反省を踏まえここで一旦給油をしておくことにした。

値段的にも1ガロン2.59ドル(約266円)と、今朝の3.5ドルの法外価格に比べたら良心的。

ここで20ドル(約2060円)分で7.696ガロン(約29リットル)給油し、ほぼガソリン満タン状態にした。

ちなみにこの近くにはセブンイレブンやサークルケーなどのガソリンスタンドも存在していたが、私が見た限りここのMobileがこの辺りでは最安値だった。

 

f:id:Relie:20170720224138j:plain

ガソリンを満タンにしたところで再び出発。

グーグルナビに従って進むと、すぐに『JOSHUA TREE NATIONAL PARK(ジョシュアツリー国立公園)』という看板が現れ、さらにそこを進むと料金所が現れた。

『こんにちはー。ここはなんですか?』

『ここは国立公園よ。車1台で25ドルよ。』

”25ドルだと。”

『いや、私たちはこの国立公園に用はないんだ。サルベーションマウンテンへ行くのにちょっと通らせてもらうだけだよ。』

『だから25ドル払わないとここは通れないのよ。』

今思うと当たり前である。

『マジかよ。じゃあここを通らずにサルベーションマウンテンへ行く方法を知ってますか?』

『もちろん。今地図で説明してあげるわ。』

おそらく我々のようなお客さんは少なからず存在するのだろう。

料金所のおばちゃんは地図を取り出し、慣れた感じでサルベーション・マウンテンまでの道のりを説明してくれた。

そしておばちゃんが言うにはだいたい2時間くらいで到着できるという。

『そうか。ありがとう。じゃあその道で行ってみるよ。』

我々は元気良くUターンをかまし来た道を戻った。

グーグルマップを有料回避設定にしていたのだが、天下のグーグル先生もさすがに国立公園の料金までは頭になかったようだ。

 

f:id:Relie:20170720224148j:plain

おばちゃんに教えられた道は、州道62号線インターステイト10号線を使い、このジョシュアツリー国立公園の西側半分をグルッと大回りしていくというものだった。

地図で見るとこれはかなりの遠回りである。

おばちゃんの言う通り本当に2時間で到着することができれば、サルバーション・マウンテンには16時ごろ到着することになるのでギリギリ日はまだ沈んでいないだろうが、この遠回り具合と過去の経験から考えて、こういう時は人の言う情報はあまり鵜呑みにしない方がいい。

つまりなるべく急いで運転しなくてはならないことに変わりはない。

 

f:id:Relie:20170720224143j:plain

途中大統領選で何かと話題になっているドナルド・トランプの何かが道端で行われていた。

このような集まりはアメリカ横断中何度か見かける。

最初はトランプ反対デモかと思ったが、よく見るとそれは逆で、トランプ氏に清き一票を、的な雰囲気の集まりだった。

そういえばトランプさんに関する道路沿いの集まりはよく見るのだが、ヒラリー・クリントンに関するものはまったく見かけていないな。

 

f:id:Relie:20170720224155j:plain

その後我々はインターステイト10号線に乗り換えた。

こうなると私の運転する車の速度は一気に上がる。

今まで以上にハイウェイを吹っ飛ばし、大体の車をビュンビュンと抜き去っていく。

10号線を降りた後も、右手に見える大きく美しいソルトン湖などにはほとんど目もくれず、ただひたすらアクセルを吹かす。

相方はジェットコースターに乗っている気分になって助手席でプルプルしていたらしい。

今振り返ると、警察に捕まったり事故ったりしなくて本当に良かった。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170720224200j:plain

そして16時00分ちょうど。

何もない砂漠の中についにおっちゃんが作った謎のアート、サルバーション・マウンテンが現れた。

 

f:id:Relie:20170720224205j:plain

爆走兄弟レッツ&ゴーばりの激走が功を奏し、何とか日の入りまでに間に合った。

この激走っぷりでジョシュアツリー国立公園からサルベーション・マウンテンまでちょうど2時間だったので、やはり普通に走っていたら2時間30分は絶対にかかっていたな。

やはり料金所のおばちゃんの言うことを鵜呑みにしなくて正解だった。

 

f:id:Relie:20170720224343j:plain

 サルベーションマウンテンはキリスト教信者のレオナード・ナイトというおっちゃん(今ではおじいちゃんかな)が30年の歳月を注ぎ込んで作り上げたカラフルな丘型アート。

なんでもある日突然『GOD IS LOVE』という啓示を受けたらしく、その後宗教的メッセージを書いた気球を打ち上げるために1980年代にこの地に来たらしいが、結局気球は断念して、その代わりにこの宗教的メッセージが書かれた丘を作ることにしたのらしい。

ちなみに『サルベーション・マウンテン』を直訳すると『救済の山』という意味になる。

 

f:id:Relie:20170720224211j:plain

 我々が到着した時には観光客は我々を含め3組しかいなかった。

まぁ、場所が場所だしそんなに人でごった返すようなことはないんじゃないかな。

ちなみに他の2組はともにカップルだったのだが(中国系カップルとラテン系カップル)、登ってはいけないとこに平気で登って写真撮影をしていた。

何ってマナーが悪いんだ。

しばらくすると隅にある小屋からおじさんが出てきて注意をしていた。

そりゃ怒られて当然だろ。

ちなみにこのおじさんはサルベーション・マウンテンの作者であるレオナード・ナイトさんではなく、ここを管理しているボランティアのおじさんである。

今ではレナード・ニモイ レオナード・ナイトさんはもう引退されたらしく、このようなボランティアによって管理されているという。

このボランティアのおじさん、出てきた時に声をかければサルベーション・マウンテンを優しくガイドしてくれるというので、もし機会がある方は声をかけてみるといいだろう。

 

f:id:Relie:20170720224323j:plain

f:id:Relie:20170720224216j:plain

f:id:Relie:20170720224221j:plain

『GOD IS LOVE』

サルベーション・マウンテンにはこの文字がいたるところに描かれている。

この文字を見てなんとなくジョン・レノンを連想してしまうのは私だけだろうか。

 

f:id:Relie:20170720224227j:plain

サルベーション・マウンテンにいた猫を相方は気に入っていた。

 

f:id:Relie:20170720224239j:plain

f:id:Relie:20170720224246j:plain

f:id:Relie:20170720224250j:plain

f:id:Relie:20170720224257j:plain

 サルベーション・マウンテンの内部。

手作り感が溢れ出す、ものすごくピースフルな空間。

 

f:id:Relie:20170720224231j:plain

登るのは禁止。

 

f:id:Relie:20170720224302j:plain

でもこの黄色い道を辿れば登ってもいいらしい。

 

f:id:Relie:20170720224308j:plain

 もちろん登ってみる。

 

f:id:Relie:20170720224318j:plain

サルベーション・マウンテン頂上からの景色。

こうやってみてみると周りには本当に何もない。

 

f:id:Relie:20170720224328j:plain

その辺に停まっている車たちにもペイントが施されている。

 

f:id:Relie:20170720224338j:plain

日が暮れないうちに一度エントランスのところまで戻って看板を撮影。

 

f:id:Relie:20170720224333j:plain

オープン時間は日の出から日の入りまでというざっくりしたもの。

 

f:id:Relie:20170720224348j:plain

最後にもう一度黄色い道を渡り、サルベーション・マウンテンの頂上へ。

 

f:id:Relie:20170720224352j:plain

ここから見る夕日が綺麗だった。

ここまでたどり着く道中ドタバタはしたが、なんだかんだこの時間帯に到着するのがベストだったような気がする。

明るい景色も見れたし、こうやって綺麗な夕日も見れたし。

やはり負の連鎖からは脱出して正の連鎖が起こっているのだな。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170720224358j:plain

 17時ごろ。

日も沈み、辺りも薄暗くなってきたのを合図に我々は車に乗り込んだ。

そう、日の入りはサルバベーション・マウンテンの閉園時間だ。

行きの激走っぷりが嘘だったかのように、帰りはどんどん後続車から追い抜かれ、1に安全2に燃費重視運転で走行した。

左手に見える大きく美しいソルトン湖とその背景の美しい夕焼け空を笑顔で堪能するゆとりだってある。

『ゆとり運転、笑顔で行ってまいります!』

学生時代某ピザ屋でバイトしていた時、配達に出る前に必ず言っていたこの言葉の意味をこれほど深く感じ噛みしめたことはない。

そういえばサルベーション・マウンテンの周りには何もないというが、車で10分ぐらい走ったところにモーテルみたいなのがあったので、無理に弾丸観光しなくてもそこに泊まってゆったりとゆとりのあるサルベーション・マウンテン観光をすることも可能なようだった。

 

f:id:Relie:20170720224403j:plain

17時10分ごろ、検問所。

これはメキシコ国境が近いがためのもので、我々のようなアメリカ国内だけを旅行している者にとっては何も怯える必要のない検問所だ。

こうやって冷静でいられるのも、かつてメキシコ国境の町エルパソからモニュメントバレーへ北上する際に同じ類の検問をすでに経験しているからである。

予想通り、我々はパスポートを見せて、どこから来たかとこれからの行き先を聞かれるだけという簡単な検問で無事そこを通過することができた。

 

f:id:Relie:20170720224415j:plain

19時。

我々はインターステイト10号線沿いにあったJack in the box(ジャック・イン・ザ・ボックス)というファストフード店に訪れた。

ジャックインザボックスでメシを食うのはこれが初めてだ。

私はバーガー、ポテト、ドリンクのお得セットみたいなのを5.39ドル(約555円)で購入した。

 

https://gyazo.com/39595689f63e17495fb4eaa3248da91d

うん。味はなかなか美味しい。

これを機にアメリカのファストフード店巡りをするのも悪くないな、と思い始めた。

もうアメリカ横断の旅も終盤に差し掛かっているというのに。

 

f:id:Relie:20170720224407j:plain

ここのドリンクバーのマシーンは最先端でスマートだった。

タッチパネルで飲みたい飲み物を選択して、唯一のボタンである給水ボタンでジュースを補充。

珍しくて楽しいのはいいが、何のドリンクがあるのか探すのに時間がかかるし、これ1台しかないからピーク時には混雑が予想されるだろう。

それにこれだと操作数が増えて手間がかかるので、おかわりをもらいに行くのにちょっと行きづらさがある。

周りのネイティブの動きを観察すると、やはり皆さんおかわりを注ぎに行っている様子だったので、我々も安心しておかわりを注ぎに行けた。

本当にアメリカ(カナダもかな?)のファストフード店のドリンクは実質飲み放題状態。

これ、料金が高いラージサイズを飲んでいる人がいたけど、マジでどういう気持ちでラージサイズを購入しているんだろう。

わざわざおかわりを注ぎに行くのも面倒臭いわ、とでも思っているのだろうか。

 

f:id:Relie:20170720224429j:plain

我々はサルベーション・マウンテンの後の進路を、南西方向にあるメキシコ国境に近い町サンディエゴにするか、北西方向にあるアメリカ西の巨人ロサンゼルスにするかで迷った。

熟考を重ねた結果、今回サンディエゴはスルーしてロサンゼルスへ行くことを選択した。

そして21時。

今夜の寝床とするべく到着したのはロサンゼルス東側にあったウォルマート。

しかしここのウォルマートでは車中泊ができなさそうという雰囲気をなんとなく感じ取った我々は、トイレとネット接続を済ませたらすぐにこのウォルマートを出て他の宿泊地を探しながらロサンゼルス中心地方向へ車を走らせた。

実際車中泊しても特に問題はないと思うのだが、この時は何かわからないが何かを感じ取ったのだと思う。

 

f:id:Relie:20170720224434j:plain

 なかなか車中泊ができそうな場所を見つけられないままロサンゼルスの摩天楼の夜景を横目にロス中心部を通過し、ついにロスの西端、太平洋沿いの町サンタモニカに到達してしまった。

おいおい、これ以上西には行けないぞ。

というか、この瞬間我々は一応アメリカ横断という目標は達成したことになる。

なんともあっけない。

それはそうと今夜どこに泊まるか。

我々はサンタモニカの町を軽く車で流し、テキトーに見つけたバーガーキングの駐車場へ侵入し、雰囲気的にいけそうだったのでここを今夜の宿泊地とすることに決めた。

この時だいたい23時ごろ。

ラスベガスからサルベーション・マウンテン、さらにはサルベーション・マウンテンからサンタモニカまで、本日の走行距離は520マイル(約832㎞)。

行ったり来たりしたところもあるので実際はもう100㎞くらいは余分に走っているだろう。

約1000㎞という長距離運転(しかも前半は時間に追われながら)でたっぷりと疲労を溜め込んでいる我々は、その後すぐにぐっすりと眠りにつくことができた。

 

スポンサーリンク

 

  

https://gyazo.com/0cd5c1b00284c8c5ba8e932b39258320

https://gyazo.com/d11570843cdb0c4c21507aa7f24771bd

 

 

アメリカ横断28日目までのルート★

 

デトロイト→シカゴ→ナッシュビル→アトランタ→ウォルトディズニーワールド(オーランド)→マイアミ→キーウェスト→ニューオリンズ→ヒューストン→ダラス→エルパソ→モニュメントバレー→ページ(アンテロープ・キャニオン)→グランドキャニオン→ラスベガス→サルベーションマウンテン→サンタモニカのバーガーキングで車中泊(一応横断完了)。

 

★次回記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

★愛知県の美味しいラーメン屋トップ50ランキング↓↓

www.mrramenmanjr.com

スポンサーリンク