2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



アメリカ横断35日目〜バンクーバーからサンフランシスコへ移動〜 世界一周142日目★

スポンサーリンク

レンタカーでアメリカ横断の旅も残るところあと1日半。

明後日の14時までにサンフランシスコのダラーレンタカーで車を返却しなければならない。

そんな状況の中現在われわれがいるのはカナダのバンクーバー

上記日時までの返却を実現するために、本日はひたすら運転に時間を使うことになりそうだ。

つまり本日は移動日だな。

ちなみにバンクーバーからサンフランシスコまでは約950マイル(1520㎞)あり、ノンストップで車を走らせても15時間くらいはかかる。

(1ドル=約107円...   昨日より1円上がった。。) 

 

◎前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

https://gyazo.com/1b4e57fae769d1bbcc6e7be74fe0ab34

朝8時過ぎには目を覚まし、チェックアウトまでシャワーを浴びたりしてテキトーに時間を過ごす。

そして10時に部屋を出てチェックアウト。

ちょうどオーナーとオーナーの弟(勝手な想像)が出口付近にいて軽く見送りをしてくれた。

その2人は中国系だが、どうやら日本人には好意を持っているようだ。

昨日の延泊交渉の時にも言われた様に、弟は『良いレビューを書くのを忘れないで(^^)!』と念を押して言っていた。

 

https://gyazo.com/5ae6c36325af5f3bed068942f00eaad8

10時30分。

カナダの方がアメリカよりもガソリン価格が安いのではないか、と勝手に推測しガソリンスタンドへ寄った。

カナダに到着した時からガソリンスタンドを通るたびにガソリン価格に注目はしていたのだが、いまいち計算がしづらかった。

今日実際にガソリンスタンドへ入ってみてやっと真相が分かった。

アメリカではガロン表示だったのが、ここカナダでは日本同様リッターで表示されていて、さらになぜか料金はセント表示

この2重のアメリカとの違いが私を混乱させていたのだ。

ここでいうと、レギュラーガソリン1リットル111.9セント(約89円)、と表示されていて、一気に日本の感覚に近づいた。

ん、待てよ。アメリカではリッター50〜60円代のところが多かったので、ここのリッター89円って全然安くないじゃん。

そう思い、私はここカナダでのガソリン給油は見送り、アメリカ入国後に安いところを見つけて給油することに決めた。

 

https://gyazo.com/971009da0016f98c1c54ab3a314a1938

偶然にも、ここのガソリンスタンドにはティム・ホートンズが併設されていた。

これでまたしばらくティムに訪れることもなくなるだろう。

私は特に何も買わなかったが、相方は朝食がてらサンドイッチみたいなのとホットチョコレートを購入していた。

 

https://gyazo.com/821e77c9b97a3a768fc61dbad65b4355

それを車内で食べていた。

 

https://gyazo.com/874aa5cef77c1ccd6c9789b0452f1607

11時10分ごろ、アメリカとの国境に到着。

前回カナダからアメリカへ入国する際に手こずったことを思い出すと本当に面倒臭い。

一体何を聞かれどのくらい時間がかかるのか。

そう思いながら徐々に車は前へ進んでいき、ついに我々の番が回ってきた。

『こんにちは。』

『こんにちは。』

『アメリカには何日滞在する?』

『あと1週間くらいの予定です。』

『アメリカの次はどこへ?』

『コスタリカです。』

『OK。ここにもある通り、君たちは1月8日までしかアメリカに滞在できない。1週間でアメリカを出るならいいが、この点は絶対に忘れてはいけないよ。』

『OK、OK。』

他に幾つか質疑応答はあったかもしれないが、だいたいやり取りはこんなもん。

我々が予想していたより、アメリカ入国の入国審査はあっさりと終了した。

自家用車で入国の際はゆるいのか?それともつい先日までアメリカにいたのでゆるかっただけなのか。

真相はよく分からない。

 

https://gyazo.com/3adb2bcca014f7bd68b614c98658d8e7

 11時45分。

アメリカのガソリンスタンドで給油。

20ドル分(約2140円)で、6.899ガロン給油した。

ここは1ガロン2.899ドルだったので、1リッター0.76ドル(約82円)計算。

先ほどカナダで入れるよりリッター約7円ほど安い。

 

https://gyazo.com/6431f6f5354c1dacc53f13275e26d8bf

13時30分。

車を飛ばしてやってきたのはワシントン湖を挟んでシアトルの真東に位置するベルビューという町にあるショッピングセンター。

ちょっと正規ルートから外れてまでわざわざここへやってきた理由はユニクロだ。

実は先日シアトルに訪れた際ユニクロへ行こうと思っていたのだが、シアトルほどの大都市にユニクロは存在していなかった

仕方がないのでその日はユニクロ来店は諦め、今日、バンクーバーからの帰り道に寄れそうなところにあるユニクロへ寄ってみたというわけだ。

 

https://gyazo.com/1dca121e29cdcb06a94f26c37be9f854

我々がユニクロに寄りたかった理由はただ一つ。

ニューヨークタイムズスクエアで年を越す際の防寒着をここで購入しようと考えていたからだ。

私はトロントのユニクロでダウンパンツを見た覚えがあるのだが、相方はそんなものはなかったという。

それでも見た覚えがある私の希望で、ここのユニクロへ訪れた。

つまりここでのお目当はダウンパンツということになる。

しかし残念ながらそのような類いの商品はどこにも売られてなく、結局何も買わずにこのユニクロを出ることになった。

まぁ、最悪ニューヨークのユニクロで防寒着は買えばいいから、時間をロスしたということ以外特に問題はない。

 

https://gyazo.com/10303f2103376b3c7fb04112d48a8f2c

せっかくショッピングセンターまで来たのだからということで、ここで昼ご飯を食べて行こうとした。

美味しそうなラーメン屋があったので入ってみようと思ったら、この『輝月』とかいう店はまだオープン前で営業していなかった。

ちくしょう、一瞬にしてラーメンの腹になったのに。

 

https://gyazo.com/cfb068841d13ddaef7efa4c26cc33c9b

その後地下にあったちょっとお高めの、日本でいう成城石井のようなスーパーマーケットへ訪れた。

一応昼ご飯になりそうなものを探してみたが、成城石井なのでどれも値段が我々の予算をオーバーしている。

幸運にもここには幾つか試食が用意されていたので、それをつまんでとりあえず飢えをしのいだ。

 

https://gyazo.com/de45c87bf52cd16ba9d9908accb6658e

時刻は18時10分。

14時にベルビューのショッピングセンターを出てから約4時間走りっぱなしだった。

晩飯を IN-N-OUT(インナンナウト)でとろうとしてマップ検索をかけ、立地的に一番ちょうどいいところにあったインナンナウトへ訪れた。

そしたらここは『IN-N-OUT MARKET』

ニセモノじゃねぇか。

まったく紛らわしい。

インナンナウトを楽しみに空腹を我慢しながら何時間も運転してきたのに。

テンションは一気にガタ落ちである。

 

https://gyazo.com/1d8a0feac4a4d1e458d7f0ed328d52ff

インナンナウトもどきに意気消沈したが、気を取り直してとりあえず近くのガソリンスタンドへ。

ここは珍しくセルフではなく、スタッフが給油マシーンのところで待ち構えていた。

クレジットカードを渡しレギュラー満タンをお願いすると、なぜかうまくできなかったらしく、店内レジまで行って何かしてこいと言われた。

その ”何か” がよく聞き取れなかったのだが、私は勝手に『店内で支払いをしてこい。』と言っているのだと判断し店内のレジへ向かった。

しかしレジで支払いをして給油マシーンのところに戻っても、まだうまく給油が出来ていない様子。

再び私はレジへ戻り、つたない英語で必死にレジの姉ちゃんに状況を説明する。(状況と言っても、私自身何が起こっているのかよくわからなかったので、『兄ちゃんからレジへ行くように言われた。』としか言いようがなかったのだが。)

給油マシーンのところにいる兄ちゃんとレジの姉ちゃんとの間でもうまくコミュニケーションが取れていない様子。

結局10分近く待たされ、ようやく給油ができる状態になった。

一体何がどうなっていたのか、最後までその原因はわからなかった。

22.78ドル(約2437円)分で10.405ガロン入り満タンになった。

ここは1ガロン2.189ドル(リッター約0.57ドル(約61円))だったので、ここ最近にしてはすごく安い値段だ。

 

https://gyazo.com/fcdaa6e3b9abf0a14f27b9773faeece0

そして次のインナンナウトまでの空腹しのぎとしてこのガソスタで板チョコを2枚買った。

2枚とも半額値段で売られていると思ったが、実際は1枚は半額で、もう1枚は通常価格。

英語に慣れていない我々の勘違いだった。

ハーシーズは0.99ドル(約105円)、クランチは0.5ドル(約53円)

 

https://gyazo.com/31f05d9be255ddf747a6836fa82866af

 

22時。

カリフォルニア州少し手前の町、オレゴン州メドフォードのインナンナウトにたどり着いた。

本当に、ようやくだ。

よくここまで頑張った、と、自分を褒めてやりたい。

 

https://gyazo.com/76f67501fbb861f4d148260ff877f9f3

私も相方もダボーダボー(DOBLE DOBLE)を注文。

料金は1つ3.7ドル(約395円)。

そして私はこの後の運転のお供にチョコレートシェイクを2.3ドル(約246円)で購入した。

後から気づいたが、なんとオレゴン州には消費税というものが存在しないらしい。

レシートにも『NO TAX』と書かれている。

もっと早く気がついていたら、カリフォルニアへ入る前に食料などを買いだめしておいたかもしれない。

ちなみにオレゴン州は大麻が合法で、『Keep Oregon Weird(オレゴンは変な町で居続けよう)』という変なスローガンを掲げている変な州らしい。

この時そのことを知っていたら、もう少しオレゴン州に長居していたかもしれない。

 

https://gyazo.com/58b7897035897c3f9c7b829fa2560872

23時40分。

真っ暗で特に間にもない山岳地帯にあったガソリンスタンドで給油。

20ドル(約2140円)分で7.579ガロン給油。

1リッター約0.69(約74円)計算。

 

その後眠気に耐えながらしばらく車を走らせ、ようやく現れたレストエリアに車を駐車してこの日はそこで就寝をした。

行きもそうだったが、ここオレゴン州とカリフォルニア州の州境付近は山岳地帯で、レストランやガソリンスタンドなど、車中泊できそうなところが全然ない。

今回眠気が限界に達する前に運良くレストエリアが現れてくれて本当に良かった。

スポンサーリンク