2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



アメリカ39日目〜フルハウスの家、サンフランシスコ市庁舎、ぐねぐねストリートなど〜 世界一周145日目★

スポンサーリンク



レンタカーを返しカリフォルニア州サンフランシスコに滞在中。

今日は日本でもおなじみの海外ドラマ『フルハウス』のオープニングでも登場するアラモ・スクエアや、サンフランシスコ市庁舎日本町、くねくねロード(ロンバート・ストリート)などを訪れる予定。

天気は雲ひとつないいい天気だ。

(1ドル=約110円  本当に、毎日上がっている。。

 

前回の記事↓↓   

earthtravel.hatenablog.com

   

旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

YouTube(ようつべ) ↓↓

 

 

f:id:Relie:20170308131006j:plain

昨日は朝8時すぎでキッチンは混み合っていたので、今日は朝7時30分に朝食へ。

さすがに昨日ほどは並んでいなかった。

そしてなぜかテーブルにはクッキーが数枚置かれていた。

早起きは三文の徳ということか。

 

f:id:Relie:20170308131014j:plain

昨日の経験を生かし、火が全体に均等に通りやすい小さいフライパンでホットケーキを作る。

仕上がりはこんな感じ。

ちょっと焦げたが、お焦げ好きの私にとってはまだ許容範囲。

クッキーと一緒に美味しく頂いた。

朝食後は部屋へ戻り、『フルハウス』の全シーズンのオープニング動画をYou Tube で見て気分を高めた。

 

f:id:Relie:20170308131020j:plain

10時30分

まず向かったのはサンフランシスコの市役所。

道中にあった変な遊具でちょっと遊ぶ。

 

f:id:Relie:20170308131028j:plain

砂利の上をどれだけ音を立てずに歩けるかという遊具。

目の前のモニターにどれだけ音を立てているかがリアルタイムで表示される。

京都の二条城の鶯張りの床を音を立てずに歩くよりも難しい印象。

 

f:id:Relie:20170308131037j:plain

これは変な打楽器。

あまりいい音色は奏でれなかった。

 

f:id:Relie:20170308131051j:plain

これはよく分からないが自分の声がすごく響く装置。

これらの遊具で遊びながら、サンフランシスコ市庁舎の方へ歩いて行った。

 

f:id:Relie:20170308131044j:plain

こちらは南米アンデス5カ国(コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ボリビア、ペルー)をスペインからの独立に導いたシモン・ボリバルの像。

なぜここサンフランシスコにあるのかは良く分からない。

 

f:id:Relie:20170308131055j:plain

市庁舎の前には立派な像たちがいた。

 

f:id:Relie:20170308131101j:plain

これがサンフランシスコ市庁舎。

ワシントンD.C. にある国会議事堂に似ていて、それに負けないくらい立派。

これが市庁舎とはとても思えない。

 

f:id:Relie:20170308131106j:plain

サンフランシスコ市庁舎の中は無料で見学できる。

内装もかなり豪華で荘厳。

つまり見応え十分。

バシバシ写真を撮る観光客も多く訪れていた。

もはや市庁舎が観光名所化している。

 

f:id:Relie:20170308131111j:plain

まるでヨーロッパの王宮や城にいるかのようだ。

 

f:id:Relie:20170308131125j:plain

なんか人がたくさん集めているなぁと思ったら、市庁舎内で結婚式が行われていた。

しかも1組だけではなく、複数組。

もはや市庁舎の域を超えている。

 

f:id:Relie:20170308131122j:plain

3階や4階に上がってってみると、結婚式関係者以外立ち入り禁止のところがあった。

立ち入り禁止なので入れはしないが、外から覗くことはでき雰囲気は感じれた。

 

f:id:Relie:20170308131129j:plain

11時25分ごろ

市庁舎を見学した後は歩いてアラモ・スクエアへ。

住宅地を歩くとそこはもうすでにフルハウスのような雰囲気の家が立ち並んでいる。

おしゃれだ。

 

f:id:Relie:20170308131134j:plain

11時40分ごろ

アラモ・スクエアに到着。

繰り返しになるが、ここは海外ドラマ『フルハウス』のオープニングシーンのロケ地。

タナー・ファミリーがこの公園でピクニックをしているシーンの背景にこのビクトリア様式の美しい家々が写っている。

 

f:id:Relie:20170308131138j:plain

残念ながらこの丘の上部は現在立ち入り禁止になっていた。

タナー・ファミリーがピクニックをしていたのはおそらくこの立ち入り禁止エリア内。

同じ場所から同じ視点で同じ景色を眺めたかったが、まぁ仕方がない。

 

f:id:Relie:20170308131142j:plain

f:id:Relie:20170308131146j:plain

ビクトリア様式の家々の前の道を歩いてみる。

この家々、売りに出されているという話を聞いたが、現在人は住んでいるのだろうか。

 

f:id:Relie:20170308131150j:plain

12時30分。

アラモ・スクエアを見学した後は徒歩で日本町へ。

実は今日の昼飯は日本町でラーメンを食べると決めていた。

事前に調べていた『RAMEN YAMADAYA』というラーメン屋に訪れた。

 

f:id:Relie:20170308131153j:plain

私はYAMADAYA KOTTERI というラーメンを14.14ドル(約1566円)で頂いた。

チップを含めてトータルで16ドル(約1760円)支払った。

特にトッピングの具材が美味しかった印象。

 

詳細はこちら↓↓

www.mrramenmanjr.com

 

f:id:Relie:20170308131157j:plain

日本町はこんな感じ。

確かに雰囲気は日本。

人はあまりいなくて静かだった。

いつも中国人で賑わっているチャイナタウンとは対照的だ。

予想としては、チャイナタウンほどまではいかなくとももっと人がたくさんいて賑わっているものだと思っていたのだが。

規模も小さめで、なんか日本は不人気で力がないように見えてしまう。

 

 

f:id:Relie:20170308131159j:plain

高速道路のサービスエリアのような雰囲気がある、ジャパンセンターという屋内モールに入ってみる。

 

f:id:Relie:20170310120436j:plain

イーストとウェストに分かれていて、レストランやお土産売り場、ダイソーなどが入っている。

内装はもちろんニホンナイズされている。

 

f:id:Relie:20170308131203j:plain

ジャパンセンターなのにたまにハングル文字が掲げられているのはどういうことなのだろうか。

店名は『ソウル・ガーデン』

ここはコリアンタウンじゃないぞ。

 

f:id:Relie:20170308131208j:plain

そしてなんとジャパンセンターにはあの紀伊国屋が入っていた。 

これは長期で日本を離れている人にとっては嬉しいのではないか。

 

f:id:Relie:20170308131215j:plain

品揃えは豊富とまでは言えないかもしれないが、雑誌や小説、ビジネス書などなど、日本の本屋さんにあるものは大体揃っていたと思う。

明日から雨が降る日が何日かあるらしいので、そういう時にここへきて読書をするってのもいいな、と思った。

残念ながら最近の日本の本屋さんのように座って読めるスペースは完備していなかったので、読むなら立ち読みになってしまうが。

 

f:id:Relie:20170308131219j:plain

ジャパンセンターを一通り見学し終えた後は近くにあった『ニンジャマーケット』へ。

ようは日本スーパーである。

 

f:id:Relie:20170309212828j:plain

やはりまずは日本のお惣菜にテンションが上がる。

アメリカのスーパーのデリにはない、日本独特のお惣菜に心癒される。

 

f:id:Relie:20170309212823j:plain

私の大好きなハマチの刺身も売っている。

醤油をつけてこのままかぶりつきたい。

 

f:id:Relie:20170309212826j:plain

ここニンジャマーケトはなかなか品揃え豊富だった。

が、もちろんだが日本のスーパーで購入するよりかは数割増しの値段で売られている。

我々は見学だけして楽しみ、いつも通り特に何も買わなかった。

 

f:id:Relie:20170308131223j:plain

14時30分。

ニンジャマーケットを出て徒歩で向かったのはロンバート・ストリートという世界一曲がりくねっているという道。

そこへ辿り着くにはまずこの急勾配を登り切らなくてはならない。

サンフランシスコにはこのレベルの坂道が普通に何箇所も存在している。

ちなみにこんな坂道登りたくないという人はケーブルカーなどでも行くこともできるのでそちらをお勧めする。

 

f:id:Relie:20170309213026p:plain

さて、この急勾配をどう攻めようか。

相方はワンピースに登場するジャンゴのように後ろ向きで坂を歩き、私は元陸上部の血が騒ぎ出して久々の坂ダッシュでこの急勾配に挑んだ。

 

 

f:id:Relie:20170308131227j:plain

一気に登りきれなかったのは私の体力の衰えだけが原因ではないだろう。

そう思わされるほど、この坂道は急でしかも長かった。

頂点に立ったところからは先が見えず、それはまるでジェットコースターの落下直前の景色。

しかしその先に広がるサンフランシスコの街並みは美しいものだった。

息を切らして登りきった後だとなおさらだ。

 

 

 

f:id:Relie:20170308131229j:plain

15時25分。

坂を登りきってちょっと歩くと、そこはもうくねくね道の下り坂のロンバート・ストリート

グーグルマップで見てもここだけ蛇のようにくねくねしている。

そしてここのくねくねの部分は車でしか走行できないので、歩行者は脇にあるまっすぐな階段を下るしかない。

レンタカーを所持している時に1度通っておけばよかった、と、少し後悔。

 

f:id:Relie:20170308131234j:plain

麓からの景色はこんな感じ。

ちょっと見えづらいが、スキーを滑った軌跡のようにくねくねになっているのがわかる。

なんでこんなことになってしまったのだろう。

車よりもバイクでここを下ってみたいと思った。

 

f:id:Relie:20170308131239j:plain

ロンバート・ストリートを見学し終えた後は徒歩で宿まで戻る。

本当に急な坂道が多く、我々の体力と気力を著しく奪っていく。

そんな中少しでも疲れないように坂を登れる方法はないかと考えた末、写真のような体勢で2人協力して歩くという方法を考案した。

山側の人は谷側の人に押され、谷側の人は山側の人にもたれられるのでお互い普通に歩くよりかは楽に歩くことができる。

欠点としては両者とも前方が確認し辛いので、進路に植木などの障害物があるとそこにぶつかってしまう危険性がある。

そして何より周りからの視線に耐えなければならない。

 

f:id:Relie:20170308131243j:plain

さすがに宿までは長い道のりだったので、途中でスーパーに寄って一休み。

ここのスーパーの外にはちょっとしたテラス席が用意されていたので、飲み物を買ってそこでちょっとくつろいだ。

 

f:id:Relie:20170308131250j:plain

16時20分。

再び歩き出して訪れたのはグレース大聖堂

外観はフランスはパリのノートルダム大聖堂を彷彿させる。

グレース大聖堂はもともとは別の場所に建っていたのだが、1906年のサンフランシスコ大地震で建物が崩壊。

その後は寄付により現在の位置に立て直されたのだという。

 

f:id:Relie:20170308131247j:plain

内部は無料で見学可能。

内装はヨーロッパを思い出させてくれるような荘厳さ。

さらに中では聖歌隊の練習が行われていて、間近で生歌を鑑賞することができた。

こいつは運がいい。

 

f:id:Relie:20170308131253j:plain

16時50分

グレース大聖堂で十分足を休ませた後は再び宿を目指す。

 

f:id:Relie:20170308131256j:plain

ここまで基本的に登りばかりだったが、ここから先は下る一方になりそうだ。

”やれやれ、やっと降りか。”

そうなるともう宿に着いたも同然の気分になった。

 

f:id:Relie:20170308131304j:plain

17時。

やっと宿に到着し大広間でリラックスタイム。

今日は公共交通機関を一切使わず本当によく歩いたな。

私は体を休めながら、今まで溜め込んできたレシートを日付順に整理整頓して、貸し借りノートにその金額を記入していった。

そして今後の予定(主にニューヨークの滞在日数や滞在先、ニューヨークから日本へのフライトの件)を練って一気にそれらを手配した。

 

f:id:Relie:20170308131301j:plain

一方相方は最近始めたスロットを相変わらず回していた。

『My Vegas slot』というこのスロットゲームはMGMリゾート社が提供するM-lifeメンバーズ公式アプリで、アプリで遊んでポイントを貯め、貯まったポイントでラスベガスのホテル宿泊、ビュッフェ、シルクドゥソレイユ鑑賞、カフェ、バー、アトラクションなど、様々な場面で無料または割引特典がゲットできるというもの。

サンフランシスコの次に再びラスベガスに訪れことになった時、相方はラスベガスのクーポンについて情報収集中にこのアプリの存在を発見。

数日後のラスベガス再訪までの短期間で鬼のようにスロットを回し続け、せめてビュッフェくらいは無料で食ってやろうと意気込んでいたのだ。

決してギャンブルに目覚めたわけではないが、これを機にギャンブルにハマってしまう可能性はなくもない、と、少し心配になった。

ちなみに『My Vegas slot』の他に『My Vegas BlackJack』というアプリもあるらしい。

 

f:id:Relie:20170308131307j:plain

20時20分

晩御飯を作りにキッチンへ。

今日の献立はステーキ。

今回はニューヨークストリップステーキだ。

 

f:id:Relie:20170308131310j:plain

やっぱりステーキはうまい。

ステーキレストランへ食べに行くよりも、スーパーで買って自分で焼く方が断然安く済む。

 その後は大広間でゆっくり過ごし、テキトーに部屋に戻り就寝した。

 

明日は天気予報によると1日雨。

特に焦って行くところもないし、大広間でだらだらするか、紀伊国屋で読書でもして暇を潰そうか。

どちらにせよ、明日はあまり動かない1日になりそうだ。

 

★次回記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

★愛知県の美味しいしいラーメン屋 ベスト50↓↓

www.mrramenmanjr.com

スポンサーリンク