2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



メキシコ2日目〜グアダルーペ祭り、サンクリ散策。〜 世界一周169日目★

昨日夕方、グアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナからメキシコ南東部チアパス州にある小さな町サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(サンクリ)に乗り合いシャトル(バン)で移動してきた我々。

いろんな人から話で聞いていた通り、サンクリにはヨーロピアンな雰囲気が漂っていておしゃれ。

さて、何日滞在することになるやら。

 
(1メキシコペソ=約5.8円 2016年12月。) 

 

前回の記事↓↓    

earthtravel.hatenablog.com

 
旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

YouTube(ようつべ) ↓↓

 

f:id:Relie:20170501212239j:plain

8時、朝食。

まだ準備中って感じだった。

  

f:id:Relie:20170501212243j:plain

朝食は無料だが、おかわりは有料らしい。

『$35』とか書いてあるが、35USドルということではなく、『35メキシコペソ』という意味。

なぜかペソはUSドルと同じ記号を使うので、初めてのメキシコだと特に戸惑う。

 

f:id:Relie:20170501212249j:plain

パンケーキと、”なんとか”っていう聞きなれない料理の2つからの選択制だった。

”なんとか”っていうのの正体がなんなのかわからなかったので、安牌を切ってパンケーキを選択。

ちょっと想像とは違うパンケーキが出てきたが、まぁまずくはなかった。

それでも後から来た欧米人たちのほとんどは”なんとか”っていう料理を注文していて、見る限りそっちの方が美味しそうだった。

明日の朝はその”なんとか”注文しよう、と思った。

ちなみに食べ終わった食器は自分で洗う。

 

f:id:Relie:20170501212252j:plain

朝食後はそれぞれのドミに戻ってチェックアウトの準備。

廊下にはこのようにタオルを干すところが豊富にあるので助かる。

乾燥しているので、ここに干しておけば一晩で乾く。

 

f:id:Relie:20170501212254j:plain

10時30分ごろ、チェックアウト。

そしてフロントに荷物を預けてもらう。

実は我々、この宿自体は昨日と今日の2泊予約している。

昨日はドミで今日は個室と、ブッキングドットコムで別々に予約した形になる。

そのため、今日は1度ドミを出てチェックアウトし、個室のクリーニングが終わり次第再びチェックインして個室に移動するという流れになる。

個室の方が若干高いが、その差1人100円ちょいぐらい。

この宿をおすすめしてくれた方もドミと個室の両方に泊まったらしいが、その100円くらいの差を考えたら個室の方が絶対にコスパがいい、と言っていた。

と言っていたので、我々も今日個室に移るのだ。

本来なら2日連続個室を予約したかったところだが、昨日は個室が満室だったので仕方なくドミに泊まったというわけだ。

 

f:id:Relie:20170501212256j:plain

晴れ渡った青空のもと外出。

ここは町の中心部にあるセント・クリストファー・カテドラル

この教会の前は広場になっている。

 

f:id:Relie:20170501212258j:plain

この広場を北に進むと、11月20日通りというおしゃれな通りに出る。

背の低めの建物の店が軒を連ね、その前では路上販売の人たちもたくさんいる。

いい感じの雰囲気。

この時も、『サンクリはいいよとこだよ〜。』という旅人からの情報が頭をよぎる。

そして、そのサンクリの良さを街を歩きながらどんどん実感していく。

 

f:id:Relie:20170501212302j:plain

なかなか大胆でユニークな展示方法だ。

 

f:id:Relie:20170501212304j:plain

通りを抜け、右手に衣類や雑貨などの市場があったのでそのエリアへ侵入していく。

 

f:id:Relie:20170501212307j:plain

雑貨を買いたいと言っていた相方の購買欲にも火が灯る。

まぁ、この時は灯っただけで終わってしまい何も買うことはなかったが。

 

f:id:Relie:20170501212308j:plain

テキトーに雑貨市場を抜け、サント・ドミンゴ教会にたどり着く。

 

f:id:Relie:20170501212310j:plain

よく見ると面白い模様の外装だ。

 

f:id:Relie:20170501212311j:plain

中に入ってみる。(無料)

外観とは違い、内部は暗い感じ。

ちょっとここで休憩させてもらう。

 

f:id:Relie:20170501212314j:plain

教会を出て、しばらく歩き町最大のメルカドを目指す。

メルカドに近づくと人が増えてくる。

 

f:id:Relie:20170502125716j:plain

11時45分、メルカド着。

メルカドの道は基本狭く、人でごったがいしているので非常に歩きづらい。

曲がり角も多くあり入り組んでいて、迷路みたい。

大体似たような店がたくさんあるので、メルカド内の土地勘がつくまで少し時間がかかった。

 

f:id:Relie:20170501212318j:plain

メルカドを歩いてみてまず驚いたこと。

野菜や果物が綺麗。

 

f:id:Relie:20170501212324j:plain

f:id:Relie:20170501212321j:plain

f:id:Relie:20170501212325j:plain

しかもこんな感じに綺麗に積み上げられていて見栄えがいい。

こんなメルカド初めて見た。

メキシコ人は意外と几帳面なのか?

モノを売るには見栄えが大事ってことをわかっているのか。

のちに聞いた話だと、メキシコ人は商売人気質の人が多いという。

 

f:id:Relie:20170501212329j:plain

そして場所によってはこの積まれている個数でのまとめ売りしかしていなく、個売りを受け付けない店もあった。

この果物屋もそのような店の一つだった。

こんなにみかんいらなかったけど、7個売りしかしていないというので仕方なく7個買った。

料金は7個で10ペソ(約58円)なのでだいぶ安いのだが。

 

 

f:id:Relie:20170501212327j:plain

こんな風に売られている鶏屋がたくさんあった。

なんか、鶏肉を食う気が失せる。

 

f:id:Relie:20170501212332j:plain

メルカドの中には床屋もあった。

日本の駅構内などでよく見る1000円カットのQBハウスのように、最後は掃除機で頭を掃除する。

観る限りここで使っている掃除機は床を掃除する家庭用の掃除機に見えたが。

 

f:id:Relie:20170501212336j:plain

どこかで肉を買いたいと思っていたが、メルカドの肉屋は衛生的にどうだろう、となかなか買おうという気になれない店ばかり。

そんな中、写真のような清潔感のある肉屋が現れた。

値段がちょっと高い可能性があるが、ここ以外ないと思ったのでここで肉を購入。

 

f:id:Relie:20170501212342j:plain

必要以上の量をカットして提供してくるので、何度も小さく小さくカットし直してもらい、結局豚肉を135g?で24ペソ(約139円)で購入。

肉ってやっぱ高い。

 

f:id:Relie:20170501212351j:plain

とりあえず必要な買い物を済ませたらメルカドを出て、散歩がてらテキトーに歩く。

そしたらこんな教会が現れた。

地図上では『El Cerrillo』と表示されている。

正直かなり遠回りをして歩いていたので、この時点で結構足に疲労がたまっていた。

ちょうどいい、教会で少し休もう。

 

f:id:Relie:20170501212348j:plain

内装は鮮やかで綺麗。

綺麗な花もたくさん飾られていて、今から結婚式でもあるのかってくらい。

ヨーロッパで見てきた基本暗い感じの教会とは一味違う。

 

f:id:Relie:20170501212345j:plain

ここに座り、しばらく教会を見学しながら一休み。

足の回復を待つ。

 

f:id:Relie:20170502125728j:plain

12時30分。

教会を出て宿へ戻る。

 

f:id:Relie:20170501212353j:plain

帰り道、宿近くのスーパーに併設されているパン屋さんに寄る。

サンクリはパンが激安。

しかもヨーロッパなどとは違い、菓子パンの種類が豊富。

 

f:id:Relie:20170501212355j:plain

このようなドーナッツパンが1個5.5ペソ(約31円)。

 

f:id:Relie:20170501212357j:plain

高くてもだいたい10ペソ(約58円)以下で美味しそうなパンが買える。

こりゃもう、あれもこれも買いたくなってしまう。

そして絶対これからヘビーユーズするだろうな、このパン屋。 

 

f:id:Relie:20170501212400j:plain

本日の買い出しの結果。

トマト1個を2ペソ(約11円)、アボカド1個を5ペソ(約29円)、豚肉135gを24ペソ(約139円)、みかん7個を10ペソ(約58円)、ハンバーガーのバンズ2個で5.8ペソ(約33円)、チョコドーナッツ1個5.5ペソ(約31円)、クリームコロネ1個7.5ペソ(約43円)。

肉以外、非常に安い。

 

f:id:Relie:20170501212403j:plain

13時。

早速昼食の調理を開始。

肉を切り、バンズを焼き、作るのは毎度おなじみハンバーガー。

 

f:id:Relie:20170501212404j:plain

ダントツで高かった肉は切って焼いてみるとたったこれだけ。(半分くらい晩飯用に避けておいたが)

なんか寂しい。

 

f:id:Relie:20170501212406j:plain

アボカドとオニオンとトマトを和えたものをバンズに乗せ、肉をのせ挟んで完成。

 

f:id:Relie:20170501212409j:plain

 早速、中庭へ持って行き食べる。

食べる前の写真撮影は毎度のこと。

 

f:id:Relie:20170501212412j:plain

f:id:Relie:20170502131759p:plain

やっぱり外で食べると美味しさが増す。

今回具材に待望だった肉が入ったのだが、硬いし、こんだけ値が張るならなくてもいいかなと思った。

ベーコンと卵を挟めれば最高だな。

 

f:id:Relie:20170501212419j:plain

デザートにチョコドーナッツを食う。

うまい。

1個30円。

絶対また買うと思う。

 

f:id:Relie:20170501212422j:plain

食後は中庭にあるハンモックでゆっくり。

空も晴れて、いい時間が流れる。

 

f:id:Relie:20170501212425j:plain

14時50分。

今夜泊まる個室にチェックイン。

うん、確かに100円くらい違うだけなら10人以上収容されているドミよりは全然いい。

 

f:id:Relie:20170501212428j:plain

と、思ったら、個室なのになぜか2段ベッドが2セットも設置されておりドミっぽい空間。

5人部屋?

よくわからないが、まぁ支障はない。

 

f:id:Relie:20170501212433j:plain

f:id:Relie:20170501212436j:plain

部屋の窓からの景色。

今日もお祭りの行進をやってる。

 

f:id:Relie:20170501212439j:plain

15時20分、外出。

宿を出たら、ついつい先程行ったばかりのパン屋に寄ってしまう。

そして、買うつもりじゃなかった菓子パンを購入。

私が購入したのは写真右側の砂糖とバターが乗っただけの菓子パン、5ペソ(約29円)。

ダメだ、安いと安いでたくさんモノを買ってしまう。

こんな購買癖がついてしまったら、このあと行くニューヨークで痛い目にあるぞ。と、自分自身に言い聞かす。

でもこんな安いのも今のうちだけ、という考えが勝ってしまうのは己の弱いところか。

 

f:id:Relie:20170501212447j:plain

近くの公園でパンを食べ、再び歩き出す。

中心部は祭りで盛り上がっている。

 

f:id:Relie:20170501212444j:plain

たくさんの人が統一された衣装を着て、何か掛け声を叫びながら同じ方向へ行進している。

 

f:id:Relie:20170501212450j:plain

我々もその行進に着いて行く。

この通りも人混みがすごく歩きにくい。

 

f:id:Relie:20170501212453j:plain

メキシコ感が溢れ出るフラッグ。

 

f:id:Relie:20170501212454j:plain

ずーっと通りを歩くと、食べ物屋さんの屋台が急に現れ始める。

我々はグアテマラで聞いた日本人の寿司屋さんを探しながら歩いたが、残念ながらここでは見つけられなかった。

聞いた話によると、その寿司屋はバイトを雇いたくなるくらい大繁盛なのらしい。

メイン通りで売ってるから簡単に見つけられると思うとのことだが、なかなか見つけられない。

 

f:id:Relie:20170501212457j:plain

目の前の丘の上に教会が見えた。

あれはグアダルーペ教会。

なるほど、皆このグアダルーペ教会目指して行進しているのだな。

とりあえず我々も階段を登り丘の上のグアダルーペ教会を目指す。

 

f:id:Relie:20170501212500j:plain

なぜかこの辺は観覧車などあり遊園地っぽくなっていた。

祭り期間限定の催しか。

 

f:id:Relie:20170501212506j:plain

人混みの中の階段は登りづらい。

行進隊は相変わらず元気よく掛け声を叫びながら階段を登っていく。

皆真剣で、一体感がすごい。 

 

f:id:Relie:20170501212509j:plain

頂上のグアダルーペ教会に到着。

 

f:id:Relie:20170501212518j:plain

グアダルーペ教会に入れるキャパは決まっているので、大渋滞が起こっている。

我々も教会内に入ろうとしばらく待ってみたが、列は一向に進む気配がない、っていうか、進んでも人が多すぎて入れる余地がなかったため諦めて丘を降りることにした。

また今度、落ち着いた時に登りにこればいいか。

 

f:id:Relie:20170501212511j:plain

みんな、どこから歩いてきたんだってくらい汚れている。

一体何の祭りなんだと思い調べてみると、メキシコでもっとも敬愛されている宗教シンボル『聖母グアダルーペ』の祭りらしい。

なるほど、だから皆グアダルーペ教会を目指しているのか。

聖母グアダルーペ最大の特徴は褐色の肌をしているということ。

だからメキシコ国民からの圧倒的な敬愛を受けているのか。

本日12月12日聖母グアダルーペの日で、メキシコの国民の祝日になっているらしい。

 

f:id:Relie:20170501212526j:plain

f:id:Relie:20170501212529j:plain

それぞれの団体ごとにユニフォームがある。

サッカーのユニフォームみたい。

地区ごとに分かれているのか?

 

f:id:Relie:20170501212531j:plain

道を戻りながら旅行会社を何軒かはしごし、グアテマラまでのシャトルの値段を聞いてまわる。

そう、我々は12月24日グアテマラシティー発の便でニューヨークへ飛ぶことが決まっているので、メキシコまで北上して来たにもかかわらずその日までには再びグアテマラに戻らなければならないのだ。

ここの旅行会社の場合、サンクリからパナハッチェルが350ペソ(約2030円)、サンクリからアンティグアまでが450ペソ(約2610円)。

グアテマラシティー直行のシャトルはないという。

もう数件回った結果、グアテマラシティー直行のシャトルを発見。

しかしその値段は1000ペソとか950ペソ(約5800円前後)だった。

ちなみに、行ってもいいかなと考えていたグアテマラ北部にあるフローレスという町までは550ペソ(約3190円)で行けるらしい。

が、サンクリからフローレスまでは遠いし、道がよくなさそうなのでそこへ行くのは現実的ではないだろう。

 

f:id:Relie:20170501212537j:plain

17時20分。

相方がミサンガを作りたいというのでそれを作るための糸探しに。

完成しているミサンガは町のいたるところで嫌という程見かけるのに、その元となる糸は探してみると全く見つからない。

 

f:id:Relie:20170501212540j:plain

私は家庭科とかあまり詳しくないのでよくわからないが、こういうのではないらしい。

結局理想の糸を見つけることはできなかった。

その後夕食の買い物のためにメルカドへ行こうとするが、メルカドはここから遠い。

今日はもう沢山歩いて疲れたので、またメルカドまで戻るのは正直いやだ。

結局宿近くのスーパーで野菜とパンを購入して帰った。

 

ズッキーニは3.61ペソ(約20円)、トマトは3.77ペソ(約21円)、ハンバーガーのバンズ1個2.9ペソ(約16円)、砂糖がまぶされた菓子パン1個5.8ペソ(約33円)だった。

結局今日1日だけで3回もパン屋さんを利用することとなってしまった。

本日購入したパンの数2人で7個。

 

f:id:Relie:20170501212543j:plain

20時。

夕食の時間。

宿に戻る途中にスーパーで購入したズッキーニとトマトを使ってスープを作る予定。

メルカドの方が安いかも。

 

f:id:Relie:20170501212546j:plain

ズッキーニとトマトと玉ねぎと、昼に買った肉の残りと一緒に煮込む。

 

f:id:Relie:20170501212548j:plain

日本から持参している醤油やほんだしで味を調整する。

 

f:id:Relie:20170501212551j:plain

スープとともに、プレーンのパンをフライパンで炙ったものを一緒にいただいた。

 パンはサクサクで美味しい。

スープは、ちょっと味が薄かったかな。

夕食後はシャワーを浴び、個室で就寝。

のハズが、ベッドに横たわっていると足や背中など身体中が痒くてたまらない。

もしかして、とベッドの上をよく見てみると、ダニみたいな小さな虫が這っていた。

”うわ、最悪。”

相方は二段ベッドの方で寝ていたのだが、何の異常もなかったらしい。

一方の私は痒くて痒くて寝ようにも寝れない。

このベッドの上にもういたくない。

この部屋にベッドが全部で5台もあってよかった、と、この時思った。

私はベッドを移動し、どうせねれないのならば夜更かしして何かしようと思い、『刑事コロンボ』の動画を観ることにした。

そうしてしばらくコロンボを見ていると眠気が襲ってきて、いつの間にか就寝していた。

私を噛んだ虫がナンキン虫でないことを祈る。

 

次回記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

★愛知県の美味しいラーメン屋トップ50ランキング↓↓

www.mrramenmanjr.com

スポンサーリンク