2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



ニューヨーク4日目〜五番街のティファニー本店とプラザホテルなど観光。〜 世界一周187日目★

スポンサーリンク

12月27日火曜日。ニューヨークに来て4日目になる。

日本とは違い町はまだまだクリスマスムードだが、クリスマス当日を過ぎてしまえば我々のスケジュールはひとまずゆるくなる。

1月5日まであとまだ1週間以上もニューヨークに滞在する予定なので、そんなにせかせか街を駆け巡らなくてもいいだろう。

今日はなんとなく、銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンが主演した映画『ティファニーで朝食を』の舞台として有名な5番街のティファニー本店方面へ行ってみることにする。

それ以外の予定は、特にたててない。

 

(1ドル=約117円 2016年12月27日。)

 

前回の記事↓↓  

earthtravel.hatenablog.com

  
旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com
 

f:id:Relie:20170608043309j:plain

朝10時30分。

キッチンへ行ってコーヒーを入れる。

サンクリの日本人宿カサカサのオーナーから頂いたコーヒードリップする布が毎朝役立っている。 

 

f:id:Relie:20170608043313j:plain

そういえば我々の他にもう1組ゲストが泊まっていたが、いつの間にかチェックアウトしていたみたいだ。

オーナー夫妻はほとんど部屋にこもっている(もしくは出かけている)ので、現在この物件はほぼ我々の貸切状態。

我々の部屋の隣のもう一つのゲストルームの扉が開いていたのでちょっと覗かせてもらう。

我々の部屋よりも少し広くていい感じだなぁ。

この時期絶対必要ないと思うけど、扇風機も置いてある。

 

f:id:Relie:20170608043618j:plain

11時30分。外出。

地下鉄に乗ってまずは5番街ティファニーを目指す。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170608043626j:plain

12時。

地下鉄を出てまず現れたのが『プラザホテル』

1985年『プラザ合意』が行われたホテルとして有名。

他には、映画『ホームアローン2』マコーレー・カルキン演じるケヴィン・マカリスターが1人で超ゴージャスなスウィートルームに泊まっていたホテルとしても有名。

『ハーバートフーバー様もこの階に泊まっておられました。』に対して、

『それなんのコンビ?』と聞き返すセンスのいい日本語吹き替えが印象的。(ハーバーとフーバー)

ホームアローン2の撮影当時は今や第45代アメリカ合衆国大統領に当選してしまったドナルド・トランプがこのホテルオーナーだったらしく、ちゃっかりと映画にもカメオ出演していたらしい。

ケヴィンがプラザホテルに到着し『ロビーはどこでしょう?』と聞いた相手こそが当時プラザホテルのオーナーだったドナルド・トランプだ。

 

f:id:Relie:20170608043632j:plain

たしかプラザホテルから5番街のティファニー本店は近かったはず。

ティファニーへ行く途中、良さげな店に寄ってブーツをみる。(相方はずっと前からブーツを欲しがっている。)

ここには相方が欲しがるようなブーツはなかった、というか、どれも値段が高すぎて眼中にないものばかりだった。

 

f:id:Relie:20170608043637j:plain

12時10分。

五番街と57丁目の角にあるティファニー本店に到着。

やはりオードリー・ヘップバーン好きとしては、ニューヨークへ訪れたら1度はこの五番街ティファニーに足を運んでおきたい。

 

f:id:Relie:20170608043805j:plain

なぜかティファニー本店周りは柵で囲まれていた。

”もしかしてこれ、ティファニーへ入るために並んでいる列じゃないだろうな?”

と思ったが、実際そんなことはなく、これはただ横断歩道を渡る人たちが信号待ちしているだけだった。

でもなんでこんな風に柵があるんだろう?

店の入り口前が混雑しないようにか?

 

f:id:Relie:20170608043644j:plain

さーっとその人ごみを抜け、ティファニー店内へ。

おー、クリスマス仕様にデコレーションされていて、すごく綺麗。

お客さんもたくさんいて賑わいを見せている。

 

f:id:Relie:20170608043658j:plain

店内を歩き回り散策。

お客さんがたくさんいる方が閑散としているより店員からの視線をひしひしと感じなくていいので散策しやすい。

そしてラフな格好をした観光客もたくさんいるので、そんなにガチガチにきまった服装をしていく必要がないのも我々長期旅行者にとっては嬉しい。

フォーマルな格好なんて、持ってないもん。

 

f:id:Relie:20170608043704j:plain

大きなリースで囲まれた時計。

リースには創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーが、『ティファニー製品を購入した人だけが手に入れることのできる特別な箱を作りたい。』と考え考案された『ティファニーブルーボックス』が飾り付けされている。

シンプルな飾り付けなのだが、非常に豪華さがある。

 

f:id:Relie:20170608043714j:plain

店内には何本ものクリスマスツリー。

 

f:id:Relie:20170608043719j:plain

ツリーの飾りにも先ほどのリース同様ティファニーブルーボックス

 

f:id:Relie:20170608043738j:plain

ティファニー本店は6階(だったかな?)建てになっており、エレベーターもしくは階段で自由に行き来できる。

各階をウィンドウショッピングするだけで結構な時間を過ごせる。

 

f:id:Relie:20170608043724j:plain

4階は陶器やグラスが売られているフロアー。

 

f:id:Relie:20170608043728j:plain

f:id:Relie:20170608043733j:plain

これは、映画『ティファニーで朝食を』を連想せずにはいられない。

ここに料理が運ばれてこれば本当にティファニーで朝食をいただける。

一度でいいからやってみたい。

 

f:id:Relie:20170608043759j:plain

12時40分。

ティファニー本店見学を終えたら外へ。

 

f:id:Relie:20170608043755j:plain

外のショーウィンドウにも『ティファニーで朝食を』を連想させるようなものが展示されていた。

いやぁ、ティファニーブルーって見てて心が癒される。

ティファニー以外でこの独特で絶妙な色使いの青色はなかなか見ない。

 

f:id:Relie:20170608043743j:plain

ティファニーの正面入り口の横にあるロゴ。

とりあえず、この前で記念撮影をしといた。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170608043810j:plain

ティファニーを出たら、ティファニーの斜め前にある『Bergdorf Goodman(バーグドルフ・グッドマン)』という1899年創業の高級老舗デパートへ。

ここへは店内でなく、クリスマスの時期になると至るデパートで行われる特別なショーウィンドウ、『ホリデー・ウィンドウ』を見に訪れた。

ニューヨークのホリデー・ウィンドウの中でもここ、『バードグルフ・グッドマ』ンのウィンドウには一際派手で独創的なデザインが毎年展示されることで有名。

『ショーウィンドーが美術館』『すべてのデザイナーの憧れ』などと評され、2012年にはドキュメンタリー映画、『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』が公開されている。

 

*ガラスの反射が激しくて非常に写真が見づらいのが残念。

 

f:id:Relie:20170608043816j:plain

今年のテーマは『緑』らしく、木々や動物など自然がいっぱいのディスプレイに仕上がっていた。

 

f:id:Relie:20170609231458j:plain

 

 

 

f:id:Relie:20170608043822j:plain

13時。

ショーウィンドウの美術館、バーグドルフ・グッドマンを見終えたあとは再びプラザホテルの方へ。

 

f:id:Relie:20170608043827j:plain

正面の入り口からは入ることができない様子?

 

ちなみにここプラザホテルは2005年に休業しており、その後2008年に営業再開したものの多くの客室が高級コンドミニアムになってしまい、その際ホテルとして機能している部屋は大幅に減ってしまったのらしい。

それでも1泊最低でも7万円前後はするというニューヨークを代表する歴史ある高級ホテルである。

 

f:id:Relie:20170608043833j:plain

正面がダメならとりあえずサイドにまわりこんでみる。

 

f:id:Relie:20170608043838j:plain

すると『THE PLAZA FOOD HALL(ザ・プラザ・フード・ホール)』と書かれた入り口があり、そこからたくさん人が出入りしていたので我々もそこへ入ってみる。

 

f:id:Relie:20170608043843j:plain

階段を下り、地下へ。

 

f:id:Relie:20170608043904j:plain

f:id:Relie:20170608043851j:plain

ちょっといいレストランやフードコート、お土産やさんなど、高級そうな空間が広がっていた。

我々はここでお土産になるようなものを探してみたが、どれもすごく高い。

ここでお土産を買うのはひとまず保留ということにしておいた。

 

f:id:Relie:20170608043859j:plain

寿司を売るレストランも。

寿司くいてぇ。。

 

f:id:Relie:20170608043910j:plain

適当にこのエリアを抜けると、プラザホテルの内部に続いていた。

 

f:id:Relie:20170608043915j:plain

プラザホテル内のレストラン(?)

すごく高級な雰囲気。

我々がさーっと入れるような雰囲気ではなかった。

 

 

f:id:Relie:20170608043919j:plain

13時20分。

プラザホテルを出たらまた5番街のティファニー本店の前へ。

改めて、正面からティファニー本店の外観を眺める。

荘厳な造りの建物に、大きな昆虫のようなデコレーションが2つ。

昆虫の間にある時計とそれを背負っている像は本店のシンボル的存在か。

 

f:id:Relie:20170608043925j:plain

そしてなんと、ティファニー本店の真隣には先ほどプラザホテルの時にも登場した今何かと世間を騒がせているトランプ大統領のトランプタワーが堂々とそびえ立っていた。

大統領選の時にはトランプタワー前で抗議デモなどが起こっていたらしいが、我々が訪れた時は特に騒がしい様子はなかった。

 

f:id:Relie:20170609231504j:plain

ティファニーもとんだ建物をお隣さんに持ってしまったな。

もしかして、抗議デモとかが起こった時のためにティファニー前は柵で囲まれていたのか?

とにかく、いつかこのタワーに飛行機が突っ込んだり爆発が起こったりしないことを心から願う。

 

f:id:Relie:20170608043930j:plain

13時30分。

五番街ティファニー周辺をうろちょろしてからの予定を何も決めていなかった我々は、とりあえずどこかでお昼ご飯を食べようと考えていた。

そして訪れたのがこちら、日本スーパー『dainobu(ダイノブ)』

”ニューヨーク 日本スーパー”と検索したら出てきたもので、五番街ティファニーの近くに立地していたので徒歩でちょいとそこへ寄った。

 

◎場所はここ↓↓

 

f:id:Relie:20170608044005j:plain

店内の様子。

懐かしい心おどる商品がたくさん並んでいる。

 

f:id:Relie:20170608043940j:plain

f:id:Relie:20170608043954j:plain

f:id:Relie:20170608044000j:plain

おにぎりや寿司、弁当など懐かしさを感じるものがたくさん置いてありそそったが、やはりちょっと根が張る。(でもここダイノブの値段はまだ良心的だったかも)

年明けに日本に帰るのに、わざわざここで割高な料金で日本のお惣菜を購入して食べる必要はない。

そう判断して、結局ここダイノブでは何も購入せずに店を出ることにした。

 

f:id:Relie:20170608044011j:plain

ちなみに 豆腐はイギリスのロンドンの日本スーパーで見た時 のようにべらぼうに高くなかった。

ロンドンのあの高さは異常だった。。

 

f:id:Relie:20170608044016j:plain

14時10分。

第ノブの最寄駅から地下鉄に飛び乗り訪れたのは、昨日と同じ『Artichoke Basille's Pizza(アーティチョーク・バジルズ・ピザ)』。

でもここは昨日とは違う店舗。

本当は1ドルピザの店を求めてこのエリアにやってきたのだが、いざ1ドルピザのみせに訪れてみると外観的に何となく入る気が起こらなくて、結局偶然近くにあったアーティチョーク・ピザに落ち着いたという流れ。

ここは昨日の店舗とは違い、空いていた。

 

◎場所はここ↓↓(最寄駅はウェスト 4 ストリート - ワシントン・スクエア駅

 

f:id:Relie:20170608044030j:plain

f:id:Relie:20170608044021j:plain

メニューも昨日の店舗とは少し違う。

違うというか、ペパロニとミートボールがない。

昨日の店舗でミートボールを食べておいてよかった。

 

f:id:Relie:20170608044025j:plain

店の作りは昨日の店舗とほぼ同じ。

店内は狭く、カウンター席がわずかにあるのみ。(椅子はなく、立ち食いスタイル。)

 

f:id:Relie:20170608044039j:plain

手前『アーティチョーク』5ドル(約585円)、奥『マルゲリータ』4.75ドル(約555円)。

2人で分けるので1ピースをさらに半分にカットしてもらった。

相変わらずの美味しい味とボリューム感に大満足。

それにしても、カウンターテーブル狭すぎ。

 

f:id:Relie:20170608044044j:plain

14時40分。

腹を満たせばこのエリアにはもう用はないので、地下鉄に乗りまた違うエリアを目指す。

しかしここで、ちょっとしたトラブルが。

乗り放題メトロカードを通して一度改札を通過したのだが、

”あっ、方向間違えたっ”

と思ってすぐに改札をくぐり再び外へ出てしまったのだ。

”あ、やっぱここであってるわ。”

となり再び改札を通ろうとすると、メトロカードが反応しなくて改札を通れない。

”あ、まさか1度改札を通ったらしばらく時間をおかないとカード使えないとか!?”

おそらくそういうことであろう。

何分待てば復活するのかわからなかったので、適当に5分とか待って改札をくぐろうとするのだが、一向に反応する気配なし。

もう待つのも面倒くさいので、窓口へ行っておっちゃんに事情を説明して通してもらおうとするのだが、我々の英語力に問題があったのかおっちゃんがボケていたのか、なかなか理解してくれない。

埒があかないので改札の横にあった出口用の檻のような扉を開けてそこから地下鉄内へ潜入した。

改札をくぐる前に路線と方向をちゃんと確認しておくことの重要性を思い知らされた。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170608044052j:plain

15時。

やってきたのは昨日も訪れたロウアーマンハッタンのショッピング街。

ダメだ、何も調べずに外出すると行くところが固定されてしまう。

とりあえずあそこへ行っとけば暇を潰せる、といった感じに。

 

f:id:Relie:20170608044057j:plain

アンダーアーマーアディダスなどのショップへ行き服を見る。

実は私、自分用ではなく日本にいる友達へのお土産用に服を探していた。

彼にはラスベガスのウーバー事件アマゾン返品問題の時など、何かとお世話になっているので感謝の気持ちも込めてそれなりのお土産を持っていかなきゃ。

 

f:id:Relie:20170608044117j:plain

本当は旅中に何かを買って日本へ送る予定だったが、なかなか難しくてそれは断念。

ちょうど年明けに日本へ帰るし、その時に直接会って渡すことにしていた。

それにしても、本当にアメリカの服は基本的なサイズがデカい(特にアンダーアーマーはSサイズでも大きかった)。

 

f:id:Relie:20170608044108j:plain

17時30分。

たっぷりと買い物に時間を使ったら地下鉄でブロンクスへ戻った。

安いスーパーを求めていた我々はひとまず宿を通り過ぎ、3 Av - 149 Stと言う駅で下車して『ALDI(アルディ)』というスーパーマーケットへ向かった。

アルディのある3番街の通りはまさに地元の商店街といった感じで、観光客が訪れるようなところでは決してない雰囲気だった。

 

◎ALDI(アルディ)の場所↓↓

 

f:id:Relie:20170608044103j:plain

マンハッタン中心地に多い洗練されたオーガニック系のスーパーとは違い、ここは本当に一般的なスーパーで値段もやはりお手頃。

そうそう、こういうスーパーに来たかったんだ。

アメリカのスーパーといえばのウォルマートがマンハッタン島やブロンクス地区にはないので(我々が探した限り)、このような庶民派スーパーは重宝する存在だ。

(あぁ、ウォルいきてぇ。。) 

 

f:id:Relie:20170608044113j:plain

18時45分。

宿に帰宅。

先ほどのアルディではご覧の食材を購入した。

玉ねぎ0.9kg1.49ドル(約174円)、キャベツ1.49ドル(約174円)、パン0.95ドル(約111円)、トマト6個1.49ドル(約174円)、アボカド1個0.69ドル(約80円)、チーズ1.79ドル(約209円)なり。

しかし今夜はこの食材を使って特に何かを作ることなく、テキトーに過ごして就寝することになった。

やはり昼間のアーティチョークピザは腹持ちがいい。

 

明日私はヒップホップ発祥の地『ブロンクス地区』を散策して観光しようと思っている。

せっかくブロンクスに滞在しているのだから、1度はこの地区を歩き回っておきたいし、自分が好きなヒップホップが誕生した場所に訪れておきたい。

今回はそれをせずにはニューヨークを離れることはできない。

私にとってブロンクスを歩き回ることはそのくらい重要なニューヨーク観光のミッションの一つになっている。

 

★次回記事↓↓(ヒップホップ発祥の地巡り)

earthtravel.hatenablog.com

 

★愛知県の美味しいラーメン屋トップ50ランキング↓↓

www.mrramenmanjr.com

スポンサーリンク