2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



ウクライナ・キエフ(ボルィースピリ国際空港)プライオリティーパスラウンジ情報

スポンサーリンク

トルコのイスタンブールからヨルダンのアンマンまでのフライトに、

ウクライナ国際航空を利用。

ウクライナの首都キエフにあるボルィースピリ国際空港約12時間の乗り換え時間ができたので、プライオリティーパス使用可能の空港ラウンジへ行ってみた。

 

ネット上でこの空港のプライオリティーパスラウンジの詳しい情報がなかなか載っていなかったので詳細を記録しておこうと思う。

 

(2017年6月の情報。)

 

スポンサーリンク

 

 

まず、プライオリティーパスのホームページでは ボルィースピリ国際空港にプライオリティーパス使用可能ラウンジは”ターミナルDに3つ”あると記載されている。

ひとつは国内線利用者用で、残りの2つは国際線利用者用だ。

しかし実際には国際線利用者ようのプライオリティーパス使用可能ラウンジは1つしかなかった。

受付で確認してみると、2つあったのは過去の話で現在はやはり1つしか存在しないらしい。

ハシゴするのを楽しみにしていたのに、これはショックがデカい。。

 

場所はターミナルDの4階

24時間営業。

 

f:id:Relie:20170618050229j:plain

f:id:Relie:20170618050413j:plain

保安検査を抜けたら右左両方にラウンジ行きの看板が見えるが、どちらも同じところへ案内する標識なのでどちらへ進んでもたどり着くところは一緒。

 

f:id:Relie:20170618050236j:plain

エスカレーターを登ったらラウンジが現れる。

 

f:id:Relie:20170618050242j:plain

こちらが現在、プライオリティーパスを使用できる唯一のラウンジ。

入り口にも大きく『PRIORITY PASS』の表示がされている。

 

f:id:Relie:20170618050248j:plain

f:id:Relie:20170618051358j:plain

向かいと数十メートル離れた場所にもう2つラウンジがあるが、残念ながらそこではプライオリティーパスは使用できない。

 

f:id:Relie:20170618051547p:plain

簡単なつくりの受付。

この受付のつくりを見れば、このラウンジがどの程度のレベルのものなのかなんとなく予想することができる。

 

f:id:Relie:20170618050253j:plain

受付を抜け、内部へ。

黄色のウクライナカラーがおしゃれだが、ズバッと言うと

待合室みたいな雰囲気だということは否めない。

予想通り、ちょっと残念。。

 

スポンサーリンク

 

 

◎食事・ドリンク類

f:id:Relie:20170618050258j:plain

一応食事は用意されていた。

 

f:id:Relie:20170618050316j:plain

f:id:Relie:20170618050311j:plain

f:id:Relie:20170618050323j:plain

f:id:Relie:20170618050331j:plain

食事の詳細はこちら。

私が到着したのは朝8時40分ごろだったので、この時は朝食メニューが並べられていた。

 

・ハム2種類

・ビスケット

・ヨーグルト

・コーンフレーク

・ピーナッツ

・フルーツ

・チーズ

・パン数種類

・マフィン

・煮込み料理

・ソーセージ

 

など。

 

f:id:Relie:20170618050454j:plain

f:id:Relie:20170618050406j:plain

12時が近づいてくると、食事がランチ用に変更された。

と言っても、フルーツがサラダに、ソーセージがパスタに変更されたくらいだが。

あと写真には収めていないが、昼からはスープが2種類追加された。

 

f:id:Relie:20170618052727j:plain

冷蔵庫に入っているセルフドリンクはコカコーラと水のみ。

水は炭酸水も置いてあった。

炭酸飲料が苦手な私には辛い。。

 

 

f:id:Relie:20170618052905j:plain

ビールやワインなどのアルコール類、

コーヒー紅茶カプチーノなどのカフェ系、

アップルジュースなどのソフトドリンクなど、

その他ドリンクはこちらのカウンターでのオーダー制になっている。

 

f:id:Relie:20170618050345j:plain

朝食時。

 

f:id:Relie:20170618050420j:plain

昼食時。

フルーツが撤去されサラダが追加された。

ヨーロッパの生野菜ってみずみずしさがなくあまり美味しくことが多いが、ここウクライナも例外ではなかった。

飲み物はカフェラテ。見た目がいい。

 

f:id:Relie:20170618050504j:plain

カプチーノとアップルジュース。

 

◎その他サービス

f:id:Relie:20170618050350j:plain

パソコンルームもあった。

 

f:id:Relie:20170618050340j:plain

雰囲気写真①

 

全ての席がソファーとローテーブル

個人的にはもっと高いテーブル席が用意されていて欲しかった。

パソコン作業などやりづらい。。

 

f:id:Relie:20170618050402j:plain

雰囲気写真②

 

壁際の席には電源コンセントが用意されていた。

 

f:id:Relie:20170618050305j:plain

シャワールームはトイレと併設されている。

清潔感、水圧、水温は問題なかった。

昨日はイスタンブール空港泊でシャワーを浴びれていなかったのでこれは嬉しいサービス。

気持ちよかった。

 

f:id:Relie:20170618050426j:plain

受付で『シャワーを浴びたいのでタオルをください。』と言うと、このようなお風呂セットを渡してくれる。

 

f:id:Relie:20170618050434j:plain

中身はこんな感じ。

タオルだけ借りるつもりだったが、いろいろとアメニティーまで付いてきてちょっと嬉しかった。

 

f:id:Relie:20170618050441j:plain

お風呂セット詳細。

 

・バスタオル

・敷タオル

・スリッパ

・歯ブラシ、歯磨き粉

・髭剃り、髭剃りジェル

・シャンプー

・シャンプーキャップ

・綿棒

・ヤスリ

・ボタンと糸

 

など。

 

お風呂セットは使用後、シャワールームに置いておけばいいとのことだった。

 

スポンサーリンク

 

 

◎まとめ

f:id:Relie:20170618054917j:plain

総合的に見て、あまりいいラウンジではなかったな。

 

料理の種類は少なく、朝と昼でメニューがほとんど変わらない。

おそらく昼と夜も同じメニューだと思う。

 

そして内装デザインも単調。せめて雰囲気だけでももう少し豪華に演出して欲しかった。

シャワーと豊富なアメニティーが付いていることがプラスポイントか。

 

『空港ラウンジになら何時間でも居座れる』という自信があった私だが、さすがにこのラウンジに約11時間滞在はきつかった。

苦痛さえ感じた。

 

このラウンジを快適に利用できる時間は長くても3、4時間までくらいかな。

ウクライナのボルィースピリ国際空港を利用する際は、空港ラウンジにあまり期待を寄せて行かないほうがいいだろう。

 

箇条書きでまとめると、

 

・ラウンジ名:『AIR LOUNGE』

・場所:ターミナルDの4階。

・営業時間:24時間営業。

・Wi-Fiあり。(つながりも良好)

・食事あり(種類は少なめ。味もそれなり。)

・アルコールあり。

・シャワールームあり。

・バスアメニティーあり。(受付で貸し出し)

・パソコン2台あり。

・全席禁煙。

・電源コンセントあり。(全席ではないと思うが)

  

★実際に訪れたプライオリティーパス空港ラウンジ情報↓↓

earthtravel.hatenablog.com

スポンサーリンク