2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、現地情報、おすすめ宿情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



タイ1日目②〜ターミナル21のトイレ巡り&バンコクの歓楽街〜 世界一周252日目★後半

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港からバンコク市内に出てきて、早速次の目的地、カンボジアのシェムリアップ行きのバスチケットを手に入れてきた我々。

その次に訪れたのは、2011年にオープンしたバンコク屈指の大型ショッピングモール、TERMINAL 21(ターミナル21)

バンコクにはショッピングモールがたくさんあるがどこも似たり寄ったりで個性がない。

そんな状況を打破するために作られたのがこのターミナル21。

行ってみると、バンコクだけではなく、世界的に見てもかなり独特なつくりのショッピングモールになっていた。

 

(1バーツ=約3.2円 2017年3月3日。)

 

◎前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

f:id:Relie:20170721193945j:plain

16時20分。

BTSのアソーク駅直結のショッピングモール、『ターミナル21』へ。

繰り返しになるが、ここは普通のショッピングモールとは一味違い、内装のデザインやテーマが一風変わっている。

 

◎ターミナル21の場所↓↓

 

f:id:Relie:20170721193859j:plain

1フロアごと、パリ、ローマ、東京、アメリカ、イスタンブールなど、世界各国の大都市をテーマとしている。

『ショッピングモール全体が空港のターミナル』という設定になっているようだ。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170721194137j:plain

エスカレーターの入り口にはこのように次のフロアの都市名が、まるで空港の搭乗口のようなデザインで書かれている。

なかなか面白いコンセプトだ。

 

f:id:Relie:20170721193905j:plain

そしてこのターミナル21のユニークなコンセプトはトイレにまで及んでいて、このトイレ巡りが名物にもなっている。

と、いうことで、我々も早速最上階の6階から順番にトイレ巡りへ。 

これは6階、ハリウッドフロアのトイレ。

気分はまるでハリウッドの大スター。

レットカーペットを歩いているかのような気分に。

でも、トイレでこの演出は正直少し落ち着かない。

 

f:id:Relie:20170721193930j:plain

f:id:Relie:20170721194108j:plain

トイレから出ても、フロア全体がハリウッドデザイン。 

 

f:id:Relie:20170721194021j:plain

こちらは5階、サンフランシスコフロアのトイレ。

サンフランシスコの観光名所、フィッシャーマンズワーフのカニがデザインされている。

 

f:id:Relie:20170721194016j:plain

f:id:Relie:20170806222729j:plain

サンフランシスコフロアは5階と4階の2フロアにわたっている。

サンフランシスコ名物のゴールデンゲートブリッジがド派手にかかっている。 

 

f:id:Relie:20170806222906j:plain

エスカレーターの数がすごい。

 

f:id:Relie:20170721193924j:plain

こちらは4階のサンフランシスコフロアのトイレ。

 

f:id:Relie:20170721193950j:plain

f:id:Relie:20170721193957j:plain

f:id:Relie:20170721194011j:plain

f:id:Relie:20170721194040j:plain

パン屋さんがテーマのようだ。

サンフランシスコフロアは4階も5階もレストランが軒を連ねている。

5階には『PIER 21』という大きなフードコートが、4階には吉野家やCoCo壱番屋、富士レストランや8番ラーメンなどの日本食レストランがたくさん立ち並んでいる。 

 

f:id:Relie:20170721194053j:plain

f:id:Relie:20170721194057j:plain

f:id:Relie:20170806223356j:plain

こちらは3階のイスタンブールフロア

当たり前だが、人間というのは一度用を足し出したら途中でそれを止めることはできない。

それゆえ、我々が本当に用をたしたのは6階のハリウッドフロアのトイレでのみ。

その後は人がいなければ写真だけ撮ってトイレを出る。

人がいたら用をたすフリをして、人がいなくなるのを待ってから写真を撮る、ということを繰り返しながら1フロア1フロアのトイレをせめて行った。

この辺りからその一連の作業がめんどくさく感じてきた。

疲れてきても、座るところがあまりないのがターミナル21の短所か。 

 

f:id:Relie:20170806223403j:plain

f:id:Relie:20170806223407j:plain

イスタンブールフロアでは、綺麗なモザイクガラスのトルコランプを頻繁に見かけた。

 まだトルコへ行ったことのない我々にとっては、このモザイクガラスのランプはトルコというよりはボスニアなどの東欧を彷彿させた。

東欧にもこういうランプたくさんあったな、と、少し懐かしい気分に。

 

f:id:Relie:20170805224539j:plain

f:id:Relie:20170805224543j:plain

f:id:Relie:20170805224547j:plain

f:id:Relie:20170721194112j:plain

こちらは2階のロンドンフロアのトイレ。

世界最古であるロンドンの地下鉄がデザインされていた。

 

f:id:Relie:20170721194117j:plain

f:id:Relie:20170806223914j:plain

ロンドンフロアで目立っていたのは、トイレ同様地下鉄と、ロンドン名物二階建てバスだった。

 

f:id:Relie:20170721194123j:plain

そして1階。

いよいよ我らが日本。

さすがに、車椅子の人まではひな祭りで表現できなかったようだ。

 

f:id:Relie:20170721194156j:plain

f:id:Relie:20170721194210j:plain

f:id:Relie:20170721194214j:plain

f:id:Relie:20170721194219j:plain

f:id:Relie:20170721194223j:plain

f:id:Relie:20170721194229j:plain

f:id:Relie:20170721194240j:plain

銭湯や旅館を彷彿させるような和風デザイン。

先ほどの西欧のデザインとは根本的に、ガラリと違っている。

古き良き日本のデザインって、世界的に見たらかなり特殊なんだな。

ちなみに東京フロアにはもう一つトイレがあるらしく、そちらはアニメのコスプレや渋谷などの若者文化が表現されたトイレになっているらしい。

 

f:id:Relie:20170806224316j:plain

f:id:Relie:20170806224320j:plain

f:id:Relie:20170806224330j:plain

f:id:Relie:20170806224334j:plain

東京フロアを見渡すと、相撲、舞妓さん、武士、スナックや居酒屋、ちょうちん、漢字ひらがな、 表参道や高田馬場など、いろいろなものが日本を象徴するものとしてデザインされていた。

日本の文化の幅広さ、多様性を感じた。

 

f:id:Relie:20170721194247j:plain

f:id:Relie:20170721194256j:plain

 さらに下へ降り、Gフロアはローマ

『ローマの休日』でおなじみの真実の口が飾られている。

 

f:id:Relie:20170721194302j:plain

ローマフロアは、古代神殿にあるような太っい円柱の柱や、ルーブル美術館に展示されているような古代ローマ人の石像などが目立っていて、力強さを感じるフロアだった。

 

f:id:Relie:20170806225115j:plain

傍にポツンと置かれているこの原付は、おそらく『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックがローマの街を散策するときに乗っていたものを表しているのだろう。

 

f:id:Relie:20170721194307j:plain

f:id:Relie:20170721194311j:plain

f:id:Relie:20170721194321j:plain

最後のLGフロアはカリビアン(カリブ海)

(我々としたことが、ローマの1つ上の階のパリのトイレを見学するのを忘れていた。。)

 

f:id:Relie:20170721194359j:plain

f:id:Relie:20170721194342j:plain

このカリビアンフロアは、主にスーパーマーケットや一風堂などのフードコートが占拠していた。

スーパーにはたくさんのドライフルーツが売られていて、それぞれ試食ができるようになっていた。

他にもたくさんお土産になりそうなものが売っていたので、お土産探しには絶好の場所だろう。

 

f:id:Relie:20170806224325j:plain

ターミナル21の各フロアのモチーフは、我々がこの旅で訪れてきた都市ばかり。

再びその地を訪れて思い出を回想している気分になった。

普段は、今や目の前のことに必死で過去を振り返る時間があまりとれないから、”世界一周してる”ということをあまり実感することがないが、こうやって過去を振り返り自分たちが通ってきた軌跡をサーっと回想すると、”世界一周してるんだなぁ”と実感することができる。

たまには過去を振り返る時間も大事なのかな。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20170721193935j:plain

17時。

5階から地下まで、一気にフロア見学を済ませたら、4階のサンフランシスコフロアに戻ってちょっと早い夕食。

私の希望でラーメンを食べることにした。

店名は『ちゃぶ屋とんこつらぁ麺-CHABUTON-』

 

f:id:Relie:20170721194404j:plain

TVチャンピオンで優勝経験があるラーメン屋らしい。

私はサーモンまぜそばを189バーツ(約615円)で注文したが、これが美味しくないのなんの。

しかも水は無料かと思ったら有料で、ちゃっかり20バーツ(約66円)取られるし。

 

◎詳しくはこちらで↓↓

www.mrramenmanjr.com

 

f:id:Relie:20170721194409j:plain

19時。

ターミナル21を見学し終えたら、バンコクの夜の歓楽街へ出かけた。

と言っても、真面目な我々はただその近辺をフラフラして雰囲気を見に行くだけだが。

 

f:id:Relie:20170721194431j:plain

まずはBTSのNANA(ナーナー)駅から徒歩数分のところにあるモール型の歓楽街、『NANA PLAZA(ナナプラザ)』

”ゴーゴーバー”などがたくさん軒を連ねている。

ちなみに、ターミナル21からナーナー駅までは夜市を期待して徒歩で来たが、あまり夜市らしい夜市はやっていなく期待はずれだった。

 

◎ナナプラザの場所↓↓

 

f:id:Relie:20170721194448j:plain

ビキニ姿のねぇちゃんが店前でたむろしてスマホいじったり、客引きしたり。

客層は白人の中高年が多いな。

なんか、フィリピンの歓楽街、アンへレスを思い出す。(私はそこで1ヶ月間英語留学をしていた。)

そういえば街を歩いていても、この辺りでは若いタイ人娘と白人中高年の組み合わせをよく見かける。

アジアの歓楽街ってのはどこもこうなのか。。

 

f:id:Relie:20170807135525j:plain

アメリカ名物、HOOTERS(フーターズ)もある。

ここもやはり客層の中心は、鼻の下を伸ばしきった白人中高年。

 

f:id:Relie:20170721194453j:plain

ナナプラザ近辺を見学したら、再びターミナル21の方へ戻る。

そして訪れたのが『SOI COWBOY(ソイカウボーイ)』

こちらはターミナル21の道を挟んで真隣にある。

 

◎ソイカウボーイの場所↓↓

 

f:id:Relie:20170721194458j:plain

こちらも”ゴーゴーバー”を中心とした歓楽街。

ナナプラザのようなモール型ではなく、メイン通りが一本あるストリート型だった。

やる気のないビキニのねぇちゃんたち、見るからにいやらしそうな白人中高年という人口構成は先ほどのナナプラザと一緒。

それに加え、こっちでは日本人や韓国人などのアジア人も多く見かけた印象。

 

f:id:Relie:20170807140903j:plain

真面目な我々はこの通りを往復し雰囲気を見るだけ。

一通り雰囲気を味わったら、今日はもう宿に戻った。

 

帰りに宿最寄のオンヌット駅直結のテスコのフードコートで無料の水を飲んで一息ついた。

この立地に宿をとって良かった、と思えるのはこの無料の水くらいか。

 

f:id:Relie:20170721194507j:plain

23時ごろ、宿着。

我々は延泊を希望していたが、明日この宿は満室だというので延泊ができない。

ということで、明日の宿をネット予約してから就寝した。

今日の宿(VX THE FIFTY)シャワーは水だし、ワイファイは弱いし、いいところなし。

明日の宿はいいところだといいな、と期待したい。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク