2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



マレーシア6日目〜マラッカからジョホールバルへバス移動〜 世界一周268日目★

本日は3泊したマラッカを離れ、シンガポールとの国境の街、『ジョホールバルの歓喜』で名前だけは有名なジョホールバルへバス移動する。

 

(1リンギット=約25円 2017年3月18日。)

 

◎前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

f:id:Relie:20171020220408j:plain

朝8時過ぎに起床。ねむい。。

シャワーを浴び、キッチンにある無料の食料を食べ朝食とする。

その後はだらだら部屋で過ごし、11時45分ごろチェックアウト。

今日もこの宿にはスタッフがいなく、昨日の我々同様、チェックイン待ちの人が待ちぼうけを食らっていた。

 

 

 

f:id:Relie:20171020220415p:plain

12時にオランダ広場隣にあるユース・ミュージアムに到着。

マラッカバスターミナルまでのバスはここの目の前に停車する、ということは昨日学んだ。

 

◎ユース・ミュージアムの場所↓↓

 

f:id:Relie:20171020220421j:plain

12時20分ごろ17番のバスが来てそれに乗り込む。

料金は1人2リンギット(約50円)。

 

f:id:Relie:20171020220428j:plain

13時15分。バスターミナル到着。

ドメスティックエリア(国内線)の、10番のバス停でバスに乗る。

 

ジョホールバルまでのバスのチケットは昨日このバスターミナルで購入済み。

大体のバス会社が1人20リンギット(約500円)を相場としていたが、この『DELIMA』というバス会社は1人18リンギット(約450円)で少し安かった。

 

14時ちょうど。定刻通りバスは出発した。

 

f:id:Relie:20171020220436j:plain

17時15分。

途中トイレ休憩を挟みながら、バスはジョホールバル『ラーキン・セエントラル』というバスターミナルに到着。

所要時間は約3時間15分ほどだった。

 

◎バスターミナルの場所↓↓

 

f:id:Relie:20171020220505j:plain

バスターミナルからは歩いて予約していた宿、『DOBLE K HOSTEL(ダブル・K・ホステル)』へ。

 

◎ダブル・K・ホステルの場所↓↓

 

f:id:Relie:20171020220450j:plain

受付はすごく狭い。。

チェックインの際、デポジットで30リンギット(約750円)を取られたため、手持ちの現金が10リンギット(約250円)を切ってしまった。。

 

f:id:Relie:20171020220456j:plainf:id:Relie:20171020220537j:plain

共用スペースはこんな感じ。

まぁ、悪くもなく良くもなく。くつろげそうな空間。

壁に現れたでっかい世界地図がいい。

 

f:id:Relie:20171020220442j:plain

我々の部屋はというと、狭い。。

いつものことだが寝るだけの部屋だ。

これで1泊2人で1817円。1泊1人約908円計算。

朝食無料

ワイファイは共用スペースでしか繋がらない。。

トイレシャワーは共同。

料理可能なキッチンなし。

これでこの値段はちょっと高いな。。

 

f:id:Relie:20171020220610j:plain

共同シャワーはこんな感じ。

 

f:id:Relie:20171020220602j:plain

ふと部屋の天井を見上げると、変な矢印が。

この矢印は『キブラ』といって、メッカの方向を示しているもの。

イスラム教徒は1日に5回メッカに向かってお祈りをする習慣があるので、このような矢印をつけてメッカの方角がわかるようにしているというわけ。

 

 

 

f:id:Relie:20171020220512j:plain

腹減ったー、と思いながら共用スペースへ行くと、朝食のものと思われるパンやジャムがまだ置いてあった。

”スタッフ、片付けくらいしろよ。”

と思いながらも、”置いてあるのだからもしかして食べていいのかも。”、

とも思い、スタッフに食べていいか聞いてみた。

すると、『本来は朝食用だけど、いいよ。』と言われた。

何事も聞いてみるもんだ。

 

f:id:Relie:20171020220529j:plain

思えば昼飯抜きだった我々は美味しくジャムトーストをいただいた。

このトーストを食べている時、宿の人っぽい男性が隣に座ってきて話しかけてきた。

ジョホールバルの観光やシンガポールまでの行き方、さらにはシンガポールでのいい宿泊先など、いろいろと親切に教えてくれた。

なんでも、シンガポールではチャイナタウンあたりに泊まるのがいいって言っていた。

その後、『今からバスターミナルへ一緒に行ってチケットの買い方など教えてあげる。』、なんて言われたが、それは断った。

おそらくこの人は大丈夫な人だろうけど、どこまでを受け入れてどこからを断るというのは、いつも思うが非常に難しい判断。。

 

f:id:Relie:20171020220516j:plain

20時頃。

晩御飯を食べるため、近くにあるショッピングセンターみたいな施設を訪れた。

 

f:id:Relie:20171020220522j:plain

しかし中は、シャッター街。。

逆になんでこんなに閉店しているのに、ショッピングセンターの入り口は空いてるんだ?

どうやらこの施設は21時に閉店するらしいが、まったくもって電気代の無駄である。

 

f:id:Relie:20171020220501j:plain

宿の周りに良さげな飲食店があまりなかったので、結局バスターミナルまでやってきた。

宿のデポジットのせいで所持金が10リンギット(約250円)足らずしかないので、クレジットカードが使用できる店がいい。

そうなるとおのずとここ、ピザハットとケンタッキーに行く以外の選択肢はなかった。

 

どうでもいいが、バスターミナルやその周辺にはおしっこの匂いが漂っていた。

世界中どこへ行っても、おしっことマリファナの匂いは治安の悪さを予感させる。

 

f:id:Relie:20171020220545j:plain

f:id:Relie:20171020220550j:plain

お持ち帰り限定価格で、ピザパーソナルサイズがなんと1枚5リンギット(約125円)。

迷わずそれを2枚注文。

クレジットカードを使わなくても払えたな。

 

f:id:Relie:20171021133329j:plain

そういえばこのピザハット、ピザを待っている間に飲めるドリンクサービスがあった。

でも、コップが常時1つしか置いていない。

しかもそのコップ、使用済みな雰囲気。

まさかこのコップ1つでまわし飲み的な飲み方をしなければならないのか?

不衛生極まりない。。

 

f:id:Relie:20171020220533j:plain

21時15分。

宿にピザを持ち帰って、早速いただく。

 

f:id:Relie:20171020220606j:plain

f:id:Relie:20171020220556j:plain

ピザのサイズはこのくらいの大きさ。

5リンギットなので文句は言えないが、やはり小さいな。

味は文句なく美味いが。

 

f:id:Relie:20171020220616j:plain

部屋に戻り、ワイファイがないため持参していたムービーを見ながら時を過ごす。

”シンガポールの宿どうしよっかなー”、と、毎度おなじみの宿決めのめんどくささを感じながらこの日は就寝した。

 

明日はバスで国境越え。シンガポールへ渡る予定。

 

◉次回記事(ジョホールバル観光)↓↓

earthtravel.hatenablog.com