2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



マレーシア7日目〜ジョホールバル観光『スルタン・アブ・バカール・モスク』へバスで行く〜 世界一周269日目★前編

昨日、マラッカからジョホールバルに移動してきた。

 

『ジョホールバル歓喜』で、日本人にとって名前だけは有名なジョホールバル。

とりあえず来てみたけど、何があるの?

 

調べても特に魅力的なものを発見できなかったので、

とりあえず一番有名そうな『スルタン・アブ・バカール・モスク』だけ行ってみよう。

 

そして、もうシンガポールへ渡ってしまおうと思う。

 

(1リンギット=約25円 2017年3月19日。)

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

 f:id:Relie:20171021143802j:plain

朝8時ごろ起床。

眠い目をこすりながら、朝食会場へ移動する。

 

f:id:Relie:20171021143806j:plain

朝食はトーストとコーヒーのセルフサービス。

 

f:id:Relie:20171021143815j:plain

シャワーを浴び、シンガポールでの宿探しを開始。

 

本当、毎日毎日宿を決めなきゃいけない作業は面倒くさい。

いっその事1週間くらいまとめて同じ宿を予約して、ダラダラ過ごしたい。

『沈没』って、こんな気持ちから発生してしまうんだろうな。。

 

f:id:Relie:20171021143821j:plain

11時。

なんとかシンガポールでの宿を予約し、チェックアウトして徒歩で『ラーキン・セントラル』というバスターミナルまで。

 

そこで、

『JBセントラル?JBセントラル?』と人に聞きながらジョホールバルの中心地、JBセントラル行きのバスを探す。

 

シンガポール行きのイミグレも、そのJBセントラルの隣にある。

 

◎JBセントラルの場所↓↓

 

f:id:Relie:20171021143825j:plain

JBセントラル行きのバスを発見し、乗り込む。

料金は1人1.7リンギット(約42円)。

11時ちょうどくらいにバスは出発した。

 

f:id:Relie:20171021143829j:plain

11時30分。

バスはJBセントラルに到着。

どうやらここが終点だったみたいで、乗客は全員降りた。

 

f:id:Relie:20171021143851j:plain

JBセントラル内の荷物ロッカーで荷物を預ける。

ロッカーの場所は、スタバとケンタッキーの間。

 

f:id:Relie:20171021143846j:plain

ロッカーはトークン制で、ロッカー大1つ使うのには20リンギット(約500円)必要。

おそらく時間は無制限。

 

相変わらず、バスなどの交通費に比べてロッカーの値段は異常に高い。

 

f:id:Relie:20171021143842j:plain

できるだけ不要な荷物は突っ込んでおく。

 

f:id:Relie:20171021143947j:plain

12時。

スルタン・アブ・バカール・モスク行きのバスを探したのだが、その辺の人に聞くと、

『モスク行きのバスはない。タクシーでしか行けない。』とのことだった。

 

”そんなはずはない!”

 

と思い、バス乗り場まで行って、再度モスク行きのバスはないか聞いてみた。

 

すると係員みたいなおっちゃんが、『これに乗れ。』10番乗り場のバスを指差した。

 

f:id:Relie:20171021143854j:plain

”なーんだ。やっぱりあるじゃん。”

 

そう思い我々はバスに乗り込む。

料金は1人1リンギット(約25円)と格安。

 

f:id:Relie:20171021143910j:plain

バスが出発してから10分もたたない頃。

向こう側にシンガポールが見える川沿いで我々はバスから下された。

地図で確認すると、スルタン・アブ・バカール・モスクはすぐそこにある。

 

なるほど、

おそらくこのバスはモスク行きというわけではなく、たまたまモスクの近くを通るバスってだけだったのか。

 

だからモスク行きのバスはなくて、タクシーでしか行けないと言われたんだ。

 

f:id:Relie:20171021143915j:plain

ちょっと歩いて、ジョホールバル最大のモスクという『スルタン・アブ・バカール・モスク』に到着。

 

白と青を基調とした美しいデザインだが、外観は全くモスクに見えない。

 

アメリカの古い市庁舎のようだ。

 

f:id:Relie:20171021143922j:plain

中を覗いてみると、工事中。

残念。。

 

f:id:Relie:20171021143932j:plain

その後モスクの周りをぐるっと回り、

 

f:id:Relie:20171021143935j:plain

猫と遊び、モスク見学終了。

 

さぁ、ここまで来たのはいいが、どうやって帰ろう?

 

とりあえず近くにあったバス停でバスを待ち、

テキトーなバスが来たら飛び乗って『JBセントラル?』と聞く。

 

”うん。” と頷いたので、そのままこのバスでJBセントラルへ。

 

 

f:id:Relie:20171021143939j:plain

帰りのバスも行き同様、1人1リンギット(約25円)だった。

 

f:id:Relie:20171021144000j:plain

12時55分。

無事JBセントラルに戻ってきた。

 

モスク方面行きのバスは10番からで、10〜15分間隔という高頻度で出ているみたい。

 

f:id:Relie:20171021144004j:plain

その後はJBセントラルから直結されている『City Square(シティー・スクエア)』というショッピングモールへ。

 

なかなか規模がデカかった。

 

f:id:Relie:20171021144010j:plain

屋上には鯉が放たれた池もあった。

 

f:id:Relie:20171021144041j:plain

14時。

いろいろと店を見て回って、

結局この『黒燈門-kurotomon-』というラーメン屋さんで昼食をとることに。

 

f:id:Relie:20171021144032j:plain

金丸(元味) 28リンギット(約711円)

 

とにかくスープが薄い印象。

おしぼり代で2リンギット取られたことには衝撃を受けた。。

 

f:id:Relie:20171021144016j:plain

その後は文房具屋さんで家計簿や日記に使う手帳やペン、定規を購入。

 

手帳は1つ1.52リンギット(約38円)。

ペンは1.2リンギット(約30円)と0.6リンギット(約15円)。

定規は1つ0.44リンギット(約11円)。

 

安すぎる。これら全部で100円いっていないという安さ。

 

質もいいし、文房具買うならマレーシアだな。

 

f:id:Relie:20171021144020j:plain

15時30分ごろ。

シティー・スクエアから外へ出る際道に迷い時間を食ってしまったが、なんとかマレーシアのイミグレへ突入。

 

やっぱり、けっこう行き来する人がいるんだな。

 

f:id:Relie:20171021144025j:plain

マレーシア側の出国審査は余裕で通過。

 

しかし、その後のバスが非常に分かりづらかった。。

 

〜後半へ続く(シンガポール入国)〜

earthtravel.hatenablog.com