2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



シンガポール3日目①〜チャイナタウン、マリーナベイサンズ内観光(ガーデンズバイザベイなど)〜 世界一周271日目★前編

昨日は、

 

オーチャード、ボタニック・ガーデン、

リトル・インディア、

アラブ・ストリート、

ラッフルズ・ホテル、

マーライオン、

チャイナタウンと、

 

シンガポールを歩き回って1日フルで観光した。

 

昨日が盛りだくさんだった分、今日はゆっくりと残りのシンガポールを観光したいと思う。

 

(1シンガポールドル=約80円 2017年3月21日。)

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

 

スポンサーリンク 

 

 

f:id:Relie:20171029122356j:plain

朝は7時に起床し朝食へ。

 

昨晩我々のドミトリーで酒を飲んで盛り上がっていた東欧人団体客と朝食がバッティングなんてことになったら最悪だからな。

 

f:id:Relie:20171029122400j:plain

11時のチェックアウトに合わせて外出。

荷物はいつも通り宿に預かっておいてもらう。

 

f:id:Relie:20171029122404j:plain

今日は昨日と打って変わっていい天気だ。

絶好の観光日和。

 

f:id:Relie:20171029122408j:plain

11時40分。

MRTに乗ってやってきたのはチャイナタウン。

 

f:id:Relie:20171029122502j:plain

昨日はマクスウェル・フードセンターしか行けなかったので、今日はガッツリチャイナタウンを歩き回ってみる。

 

f:id:Relie:20171029122413j:plain

とりあえず昼飯。

美味しそうなめし屋が並ぶストリートを散策。

 

でも今日は食べたい店が既に決まっているので、ここではまだめしを食わない。 

 

f:id:Relie:20171029122421j:plain

その行きたい店というのはここ。

『天天海南鶏飯』

という海南鶏飯(チキンライス)のお店。

 

昨夜行ったマクスウェル・フードセンター内にある。

 

なんでもこの店、

シンガポールで1位2位を争うようなチキンライスの人気店なのだとか。

 

f:id:Relie:20171029122425j:plain

すっかりチキンライスにハマってしまった私。

これを食べずにシンガポールを離れられない。

 

f:id:Relie:20171029122428j:plain

海南鶏飯(チキンライス)スモール1つ3.5シンガポールドル(約280円)。

 

注文時にサイズを言わないと勝手にMサイズ(5シンガポールドル)にされるので注意。

 

味はうまいが、スープ付いてないしスモールだと量が少ない。

それで280円はなかなか強気な値段設定。

一昔前の日本の牛丼チェーンを考えると、これで280円は決して安い値段ではない。

 

昨晩相方が食べた、同じマクスウェル・フードセンター内にある『麦士威海南鶏飯店』

の方がコスト的にもいい。

 

f:id:Relie:20171029122432j:plain

f:id:Relie:20171029122438j:plain

昼時のマクスウェル・フードセンターは本当にたくさんの人で賑わっていて、行列が出来ている店も多々見られた。

 

相席は当たり前で、

地元民はポケットティッシュやチケットなどを席に置いて席取りしていた。

 

f:id:Relie:20171029122441j:plain

さすがにチキンライスのスモールだけでは足りなかった私はもう1軒ハシゴすることに。

この福順焼鼠麺家(?)とかいう店の行列に並んでみる。

 

f:id:Relie:20171029122447j:plain

美味しそうな鴨飯(ダックライス)に惹かれてこの店をチョイスした。

 

f:id:Relie:20171029122451j:plain

だいぶ並んで、ようやくMixed Duck Rice(ミックス・ダックライス) を購入。

4.5シンガポールドル(約360円)。

 

ボリューミーで味もうまいが、やはり味だけならチキンライスの方が私の好みかな。 

 

ちなみに、食べ終えた後は食器をそのまま机に置いておけば片付け専門のおばちゃんが片付けてくれる。

 

f:id:Relie:20171029122417j:plain

食事を終えてセブンイレブンに寄ってみると、チキンライスの弁当が売っていた。

ちょっと気になる。。

 

f:id:Relie:20171029122458j:plain

13時ごろ。

チャイナタウンの観光名所、スリ・マリアマン寺院へ。

 

昨日観たリトル・インディアにあるスリ・ヴィラマカリアマン寺院と同じヒンドゥー教寺院。

シンガポール最古のヒンドゥー教寺院だという。

それがなぜかチャイナタウンのど真ん中にある。 

 

中の見学は無料だが、

写真撮影は3シンガポールドル(約240円)かかるということだったので今回は撮影は自粛。

 

スリ・ヴィラマカリアマン寺院と同じように、

カラフルなヒンドゥー教神様や牛などの像がびっしりと飾られていて見ごたえがあった。

 

日本の寺とは大きくかけ離れている世界観なので新鮮。

 

f:id:Relie:20171029122506j:plain

14時ごろ。

チャイナタウンを後にしたら、シンガポールの中心地へ。

 

ラッフルズ・プレイスというところへ行って、シンガポールの創設者であるラッフルズの像を探した。

 

しかし、

実際にラッフルズの像があるのはシンガポール川沿いのアジア文明博物館の近くだった。

 

ラッフルズ・プレイスという名前が付いているならそこにあるだろう、と思った私の考えが浅はかだった。。

 

◎ラッフル像がある場所↓↓

 

f:id:Relie:20171029122509j:plain

結局ラッフルズ像は見れず終いで、マリーナベイサンズ方面へ移動。

相変わらずここは近未来的なエリアだ。

 

f:id:Relie:20171029122513j:plain

シンガポールでオリンピックあったっけ?

 

なぜか知らないが、この道はオリンピック・ウォークと呼ばれている。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20171029122525j:plain

マリーナベイサンズ前。

ここで渦を巻いている水は、マリーナベイサンズ内へと落ちていく。

 

f:id:Relie:20171030191813j:plain

こんな感じ。

逆さ噴水とでもいうべきか。

なかなか面白い設備だが、水が流れ落ちる際の”ザーッ”っていう音がちょっとうるさい。

 

f:id:Relie:20171029122517j:plain

さあ、とりあえずマリーナ・ベイ・サンズ内へ入ってみよう。

 

マリーナベイサンズの1階2階あたりはショッピングモールみたいになっていて、

宿泊者じゃなくても誰でも自由に出入りできる。

 

f:id:Relie:20171029122521j:plain

屋内にはヴェネチアを彷彿させる運河が流れていて、そこをゴンドラが運行している。

ゴンドラに乗るのは高いんだろうなぁ。 

 

f:id:Relie:20171029122533j:plain

ラスベガスのヴェネチアンというカジノホテルみたいだ。

 

f:id:Relie:20171029122529j:plain

テキトーにサンズ内を散策し、カジノを見つけた。

これは、ラスベガスでの負けを取り戻すチャンス!?

 

f:id:Relie:20171029122537j:plain

そう思いカジノフロアへ入ってみた。

しかし、そこには行列が。。

 

どうやら外国人は審査を受けるために列が出来ているようだ。

 

ブラックジャックで小銭を稼いでケーキでも食べようと思ったが、審査がめんどくさいのでやめておいた。

 

あくまでも、審査がめんどくさいからやめておいた。

 

決して日和ったわけではない。

 

f:id:Relie:20171029122540j:plain

さらにマリーナベイサンズ内散策を続けていると、ここが皆がイメージする有名な建物内ではないことに気がつく。

 

迷いながらもなんとか外へ出れて、本塔へ続く道を見つけた。

 

f:id:Relie:20171029122544j:plain

ここがマリーナベイサンズのホテルロビーのようだ。

あそこも後で行きたいなぁ。

 

とりあえず今は渡り廊下を渡り、さらに建物の裏側へ進んでみる。

 

f:id:Relie:20171029122601j:plain

マリーナベイサンズの裏側に出た。

 

あの建物の裏側って、そり立つ壁みたいに曲線を帯びて反り返ってんだな。

ますますすごい建築物だ。

 

f:id:Relie:20171029122552j:plain

 マリーナベイサンズの裏側には、

『Gardens By The Bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)』という巨大な植物園エリアがあった。

 

f:id:Relie:20171029122555j:plain

橋を渡ってそっちの方へ行ってみる。

なんかすごいのが見えてるけど。

 

f:id:Relie:20171029122548j:plain

やっぱりすごかった。

 

”なんだこれ!?”

 

と思わずにはいられないほどSFチックな空間。

 

SF映画アバターを彷彿させる。

 

もちろん、

スーパーツリー・グローブという紫色をした大きなツリーは植物ではなくて人工の建物。

 

f:id:Relie:20171029122604j:plain

 SFの世界に舞い降りてみた。

なんか空中の橋を人が歩いている。

スーパーツリーグローブの高さは大きいもので50メートルにもなるという。

 

f:id:Relie:20171029122621j:plain

どうやらあの橋(スカイウェイ)を渡るは有料らしく、

大人1人8シンガポールドル(約640円)かかるようだ。

 

f:id:Relie:20171029122617j:plain

クラウド・フォレストという植物園もあるらしいが、そこも有料で大人1人28シンガポールドル(約2240円)するという。

 

 もちろん我々は訪れていない。

 

f:id:Relie:20171029122609j:plain

遠くから見たらすげぇー!!ってなったけど、

実際にその場に訪れてみると結構閑散としていた。

 

みんな植物園に行っているのか?

遠くから見る方が興奮したな。

 

f:id:Relie:20171029122613j:plain

この着ぐるみも、人がいなさすぎてまったく盛り上がりを作れないままお役御免。

隣で歩くインド系が励ましているようにも見える。

 

この後は再びマリーナ・ベイ・サンズ内に戻り、

夜にはここ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで行われるナイトショーや、

マリーナ・ベイ・サンズ前で行われるワンダーフルを鑑賞する。

 

本当、マリーナ・ベイ・サンズだけで1日潰せそうだ。

 

というか、

1度マリーナ・ベイ・サンズ内に入ったらそこから出るのが億劫になる。。

 

 

〜後半へ続く〜

earthtravel.hatenablog.com

 

*あわせて読みたい*

earthtravel.hatenablog.com