2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ラオス3日目〜ヴィエンチャン最終観光。アリホテルとカオチーサイクワン〜 世界一周289日目★

昨日は世界一静かな首都と言われるラオスの首都ヴィエンチャンをテキトーに観光。

確かに、大都会東京を首都に持っている我々日本人からすると、

思わず  ”ここが首都?”  と思ってしまうくらい小さくてのどかな街だった。

 

道を歩いていたらいきなり首相官邸が現れて、 ”あぁ、そういえばここ首都だったな。” と思い出すくらい。

 

今日はそんなヴィエンチャンにもう1泊する予定。

特にすることがあるわけではなく、まぁゆっくりしようじゃないか、って感じかな。

 

(1キップ=約0.0135円 2017年4月 )

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

f:id:Relie:20171204234302j:plain

朝8時30分。

昨日はグアテマラコーヒーだったが、今朝はハノイで買ったばかりのベトナムコーヒーを作ってみた。

 

f:id:Relie:20171204234312j:plain

まずはコップにコンデンスミルクを注ぐ。

そしてベトナムコーヒー専用のドリッパーにコーヒーの粉を入れ、落としぶたをしてお湯を注ぎフタをする。

 

f:id:Relie:20171204234319j:plain

ドリップが完了するまでしばらく待つ。

ドリップ時間が長〜いのがベトナムコーヒーの特徴。

 

f:id:Relie:20171129164122j:plain

しかし、なぜかあっという間にドリップされてしまい、味が薄い。。

このままだと飲めたもんじゃなかったが、コンデンスミルクをかき混ぜたら甘くて美味しくなった。

コーヒーの味はほとんどせず、ただコンデンスミルクをお湯で薄めたような飲み物になってしまっていたが。。

 

こうして、初めてのベトナムコーヒー作りはあえなく失敗に終わってしまった。

 

f:id:Relie:20171129164133j:plain

11時30分。

チェックアウトして、徒歩で宿移動。

 

f:id:Relie:20171129164157j:plain

11時40分。

予約していた『ALI HOTEL(アリホテル)』という宿に到着。

 

▼アリ・ホテルの場所

 

f:id:Relie:20171129164205j:plain

まだ早すぎてチェックインはできないので、とりあえず荷物だけ預けて昼飯を食べに外出した。

昼間のヴィエンチャンはものすごく暑く、できれば外出なんてしたくないくらい。

マーケットも出ていないので、非常に閑散としている。

これが世界一静かな首都と言われる所以か。

 

f:id:Relie:20171129164214j:plain

テキトーに歩き、『カオチーサイクワン』というラオス名物が売られている屋台を発見。

あまり歩き回るのも嫌なので、ここで昼食をとることに決めた。

 

f:id:Relie:20171129164226j:plain

これがカオチーサイクワン。(ベトナムで言うバインミー

ラージサイズを20000キップ(約270円)で購入し2人で半分こして食べた。

食べやすいように適当に切れ目を入れてくれている。

味は美味しく、サブウェイなんかより断然コスパがいい。

 

ベトナム同様、ラオスもフランスに統治されていた時代がある。

このカオチーサイクワンもフランス統治時代の食文化の名残で、パンは見ての通りフランスパンが使用されている。

 

(東南アジアの言葉は覚えにくいが、『カオチーサイクワン』は『顔小さい食わん』と語呂ですんなりと覚えることができた。)

 

f:id:Relie:20171129164148j:plain

13時。

昼食をとり終えたら宿に戻りチェックイン。

 

の、はずだったのだが、、

ここでトラブル発生。

何度確認しても我々の名前が予約リストにないというのだ。

 

 『そんなはずはない。ちゃんと予約したんだ。』

と言っても、予約表を見せてきて名前がないと言い張る。

 

どうにかうまく対処して欲しいのだが、ここの宿、部屋数がたくさんあるくせに受付は1人と超人手不足。

チェックインチェックアウト、食事の注文、バスの注文、電話などなど、、

全ての仕事を1人でこなしていて受付の男はてんやわんや。

我々の名前がないという件も、気づけばどんどん後回しにされていく。。

 

たまらず我々はこの宿を予約したサイトであるホテルズドットコムに直接電話をかけることにした。

 

f:id:Relie:20171129164140j:plain

ホテルズドットコムのカスタマーサービスによると、確かに予約は完了されている、とのこと。

『でもホテル側は予約なんて来てないって言うんです。一体どうなってるんですか?』

 我々はそう聞いてみた。

 

結局ホテルズドットコムで無料キャンセル扱いにしてくれて、

そして再び宿で直接部屋をとりなおす、という運びになった。

 

直接宿でとるとホテルズドットコムでとったよりも少し高い金額になってしまうが、

その分の差額はホテルズドットコムで次回から使えるクーポンで還元してくれることになった。

(言うても200円くらいだが。)

 

正直、以前にもホテルズドットコムを利用してトラブルがあった経験があるので、

もうこれ以上ホテルズドットコムを使用したいとは思わないのだが。。

 

f:id:Relie:20171129164236j:plain

14時15分。

チェックインに1時間以上もかかり、ようやく部屋に入ることができた。

 

あの受付のてんやわんや感を見る限り、絶対宿側の確認ミスだと思う。

ホテルズドットコムの人もポロっとそれっぽいことを言っていたもんな。

それでも受付は『I'm sorry.』と平謝り。

そういえば、予約時ホテルズドットコムのサイトに記載されていたウェルカムドリンクなんて出てこなかったな。。

 

部屋はダブルルーム。1泊1人60000キップ(約810円)。

ワイファイ無料、朝食込み。

 

この部屋、小さなアリが大量に発生していて最悪だった。

まさにアリホテル。。

部屋に入って間もないが、もう2度と泊まりたくない。と思った。

 

f:id:Relie:20171129164249j:plain

共用テラス。

 

f:id:Relie:20171129164258j:plain

共用洗面台。

 

f:id:Relie:20171129164307j:plain

共用シャワー。

何個かあるが、場所によってはあまり良くない。

 

f:id:Relie:20171129164320j:plain

ルーフトップは洗濯物干し場になっていた。。

 

f:id:Relie:20171129164333j:plain

部屋で次の目的地ヴァンビエンの宿探しに時間をかなり取られ、16時30頃にようやく決まり外出。

 

外の両替屋さんで10000円を両替。

 

f:id:Relie:20171129164403j:plain

この時間帯になると出店が出てきている。

 

f:id:Relie:20171129164350j:plain

匂いに誘われ、この焼き鳥を購入。

スモールは1本17000キップ(約229円)

ラージは1本20000キップ(約270円)。

 

我々はスモール1本と、スティッキーライスを3000キップ(40円)で購入した。

スティッキーライスは地元民が例外なく買っていくので、それにつられ途中で我々も追加注文した。

 

f:id:Relie:20171129164413j:plain

購入した焼き鳥とスティッキーライスを持って、夕日が綺麗なメコン川沿いの土手へ持って行って食べる。

 

f:id:Relie:20171129164431j:plain

f:id:Relie:20171129164454p:plain

メコン川に沈んで行く夕日を見ながら焼き鳥をほうばる。

なんかいい感じだが、実際鳥の味は微妙なもの。

骨が多いし、味があんまりついていなくておまけにパサパサ。

スティッキーライスは温かく、やはりクセになる味で美味しかった。

 

f:id:Relie:20171129164503j:plain

相変わらずまん丸になる夕日。

綺麗だ。

 

f:id:Relie:20171129164512j:plain

もちろん焼き鳥とスティッキーライスだけではお腹は膨れない。

なんか甘いものでシメようと思い安そうなカフェを探しまわるが、なかなかいいカフェが見つからない。

結局、先日も利用した台湾式タピオカジュースの店でタピオカジュースを購入。

 

f:id:Relie:20171129164521j:plain

今回はBLACK MILKのタピオカなしを8000キップ(約108円)で購入。

甘さは70%にしたけど、100%との違いがよくわからないくらい甘かった。

 

f:id:Relie:20171129164530j:plain

18時50分。

タピオカジュースを持って宿に戻り、4階のテラス席から景色を眺めながらそれを飲む。

ナイトマーケットの駐車場に入っていく地元民のバイクの量がハンパない。

どっからこんなに人が湧いてきたんだ。。?

 

f:id:Relie:20171129164542j:plain

予約は取れていないし、部屋にアリが大量にいるし、

チェックイン前からアリホテルには最悪な印象しかなかったけど、

この4階のテラス席はなかなかいいところだった。

 

f:id:Relie:20171129164556j:plain

いい景色、気持ちのいい風、冷たい甘い飲み物。

これらの組み合わせはサイコーだな。

 

夜風に吹かれ、 しばらくこのテラスでいい時間を過ごす。

 

f:id:Relie:20171129164607j:plain

しばらくしたら受付へ行き、外出前に予約を入れておいたヴァンビエン行きのバスチケットの支払いを済ませる。

ヴァンビエンまでのバスは1人45000キップ(約607円)。

 

その後は部屋に戻って就寝。

(この時相方は『腹痛が痛い』と苦しんでいたが、鳥かなぁ。。?)

 

テラスから聞こえる欧米人のしゃべり声、

外から聞こえるナイトマーケットの風船割りのパンパンという音が地味にうるさい。。

それだけがすべての原因じゃないと思うけど、今夜は全然寝付けなかったな。。