2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ネパール5日目①〜インドビザ申請 in カトマンズ(1回目)【韓国人は高額だよ】〜 世界一周306日目★前編

現在ネパールの首都カトマンズ。

『カトマンズでインドビザの申請をした方が安い』という情報を得たのは先週の金曜日のことだった。

 

ようやく土日が明けたので、今日は待ちに待ったインドビザ申請(1回目)に出かける。

(インドビザ申請は合計2回オフィスに赴かなければならない。)

 

インドビザ申請に必要なものを最初に書いておくと、

・パスポート

・パスポートのコピー

・ネパールビザのコピー

・オンライン申請用紙(顔写真を貼って)

・現在滞在先の住所

・申請料金(日本人は1550ネパールルピー(約1627円))

 

(1ネパールルピー=約1.05円 2017年4月24日。)

 

スポンサーリンク

 

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

f:id:Relie:20180208150515p:plain

朝7時ごろ起床。7時30分ごろ朝食をとる。

今日は誰とも朝食かぶらなかったな。

 

f:id:Relie:20180208150521j:plain

9時ちょい過ぎくらいにインドビザ申請オフィスへ徒歩で向かう。

カトマンズに来て以来曇り空の日が続いていたが、今日は気持ちいい青空が広がるいい天気。

 

この時間、登校途中の学生をよく見た。

学生の登下校の風景はローカル感が味わえてなんかいいな。

 

f:id:Relie:20180208150530j:plain

9時40分。

インドビザ申請オフィスに到着。

タメル地区から結構距離があるが、歩いて行けない距離でもない。

我々の宿トラベラーズホームからは徒歩約20分くらいかな。

 

ちなみに、ここまで来る間にカトマンズの空気の悪さを再確認した。。

 

▼インドビザ申請オフィスの場所

 

f:id:Relie:20180208150535j:plain

もうすでに結構な人が待ち状態になっていて、我々の待合番号は55番。

ちなみに現在はまだ9番目。

 

ちくしょう。。やはりもっと早く、できれば9時前にここに到着しておくべきだった。。

 

*マジで長時間待たされるので、遅くとも9時ちょうどくらいに行った方が絶対いい。

ちなみに、オフィスの営業時間は平日の朝9時〜12時。

 

f:id:Relie:20180208150545j:plain

インドビザ申請オフィスの隣にあるプリント屋さんでオンライン申請の用紙を印刷。

1ページ25ネパールルピー(約26円)だった。

 

f:id:Relie:20180208150539j:plain

ちなみにここではインドビザ申請用の写真撮影もやっていて、

我々が撮影した町の写真屋さんよりも安い値段だった。

こっちで撮ればよかった。。。

 

f:id:Relie:20180208150558p:plain

これが印刷したオンライン申請の用紙。

インドビザ申請オフィスにはのりが常備されているので、ここで顔写真を申請用しに貼る。

 

f:id:Relie:20180208150550j:plain

あとはひたすら、自分らの番(55番)が来るのを待つ。

ワイファイは飛んでいないので非常に退屈だ。。

 

 

 

13時ごろ。待つこと約3時間30分。。。

ようやく55番がコールされた。

 

f:id:Relie:20180212142435j:plain

パスポート、パスポートのコピー、顔写真付きオンライン申請用紙が必要と聞いて準備していたのだが、

その他にもネパールビザのコピーも必要ということだったので、

すぐさままた隣のプリント屋さんへ行きネパールビザのコピーを取った。

1枚10ネパールルピー(約10円)

 

 

 

オフィスに戻って手続きを再開。

すると今度は現在滞在中のホテルの住所も聞かれた。

”住所なんて分かんねぇよ”、と思ったが、偶然部屋の鍵に住所が書いてあったのでそれを見せて事なきを得た。

 

 

すると今度は私に向けて、

『お前、韓国の住所はどこなんだ?』と聞いてきた。

 

(ここで説明すると、私は国籍だけを見たら韓国人になるのだが、生まれも育ちも日本なので韓国の住所なんて無いし、あったとしても知らない。)

 

『韓国の住所?無いよ。日本生まれだから。』

 

私がそうやって答えると、窓口のスタッフは困惑した様子で

『住所が無い?韓国籍だろ?どういう事だ?』

と聞いてきた。

 

『こういう事だよ。』

と、私が特別永住証明書を見せるとスタッフはようやく理解した様子だった。

全く、毎回毎回こういうやりとりは正直めんどくさい。。。

 

『OK。じゃあ料金はイレブンサウザンド・フィフティーだ。』

と言われる。

 

”1150か。確かそんなもんだったな。はい。”

 

と、2000ネパールルピーを差し出すと、スタッフはまた困惑気味に。

そして再び『イレブン・サウザンド・フィフティーだ。』

と、レシートを見せてまた言直してきた。

 

そのレシートを見ると、

イレブンサウザンドフィフティー、、

 

11050!?

 

なにこれ!?くそ高けぇじゃん!?

 

なんかの間違えだろ?

と思って相方の方の料金を聞くと、『彼女は1550だ。』と。。。

 

『日本人だから?』

と聞くと、

『そうだ。』と。。。

 

『私もこの値段でできないのか?』

と聞いてみると、

 

『だってお前はコリアンパスポートだろ。』

とひと蹴りされた。。。

 

なんという事でしょう。。。

韓国人はインドビザ申請料が日本人と違うのか。。。

1550ネパールルピー(約1627円)で済むと思っていたのが、

一気に11050ネパールルピー(約11602円)まで跳ね上がった。。

約10倍じゃねぇか。。。

 

こうなると、インドへ行く事自体考え直しが必要になる。

『ちょっと待って!』と、10分ほど時間をもらって、インドへ行くかどうかを話し合った。

 

スポンサーリンク

 

 

なんでも、インドの現地ビザはオンラインで事前申請をしていれば50ドルで取得できるという。

11050ネパールルピーなんかより半額くらい安い。

でもその申請には約2ヶ月を要するという事なので、その時点で現地ビザ取得は断念。

 

うーん、でもせっかくここまで来たんだし、逆にこれでインド行きを断念する事の方がもったいない。

相方は安く済むんだし、これはもう大金払ってインドへ行こう。

 

そういう結論に至って、再び窓口へ行き支払い。

しかし、クレジットカードは使えないという。

仕方ないのでこのとき持っていたありったけのネパールルピーを出してみたが、

わずかあと600ネパールルピーほど足りない。。。

もちろん、ここでは値引き交渉なんてできるはずがない。

 

『外で両替してまた戻って来い。』

そう言われ、急いでATMを探しに外へ出た。

 

f:id:Relie:20180208150604j:plain

隣のプリント屋で両替ができたが、こんなところで貴重な米ドルを消費したくないという思いに駆られ、私はこのときATMにこだわった。

 

大通りの方へ出て行ったところにATMがあったので早速キャッシングを試みるが、『PLUS』マーク使えず。。。

(新生銀行のキャッシュカードは『PLUS』マークがないと使えない。)

 

f:id:Relie:20180208150608j:plain

他にも歩き回って何台か『PLUS』対応のATMを見つけたが、今度は10000ネパールルピー以上の引き出しが不可。

 

実際10000ネパールルピーもおろせればビザ代支払いには十分だったのだが、

どうせ下ろすなら手数料がもったいないので一気に20000くらいおろしたい、というのが正直なところ。

典型的な貧乏性ですな。

 

でも探せど探せど、10000以上おろせるATMはなかなか見つからない。

そして、なんか流れが悪い。。

一刻も早くこの負の連鎖を断ち切りたい。

そのためにも、絶対に10000以上おろせるATMを見つけねば。

 

f:id:Relie:20180212110331j:plain

もう諦めて両替屋に入ろうとしたところで、ようやくそういうATMは見つかった。

かれこれ30分以上ATMを探し回っていた事になる。。

 

ここで一気に25000ネパールルピーを下ろした。(手数料は500)

 

f:id:Relie:20180212110337j:plain

14時。

オフィスの窓口に戻ると『いったいどこへ行っていたんだ?』と言われた。

まぁそんなことは軽くスルーして支払い。

一気に11050ネパールルピーが手元から離れていった。

 

そして、『次に来るのは28日の金曜日だ。パスポートを忘れずに。』と言ってスタンプが押された用紙を渡された。

 

そう。

前述した通りインドビザ申請は1発では終わらず、2度に分けてオフィスを訪問する必要があるのだ。

 

話を聞くと2営業日くらいなら来るのが遅れてもいいという事だったので、

つまりは金曜の2営業日後の火曜日に行っても大丈夫という事だな。

今日が月曜日なので、まるまる1週間猶予ができたという事だ。

 

よし。その間はゆっくりポカラ観光だな。

 

f:id:Relie:20180212143153j:plain

そんなこんなで、やっとインドビザ申請の第1日目を終える事ができた。

9時すぎに行くとめっちゃ待つし、韓国人はビザ代クソ高いし、ATMはなかなか見つからないし。。。

 

めっちゃめんどくさかった。

 

まぁでもとりあえず今日のメインは終わったので、この後はテキトーにモンキーテンプルでも観光しに行こう。

 

▼後編へ続く〜

earthtravel.hatenablog.com

 

▼インドビザ申請2回目&3回目

earthtravel.hatenablog.com

earthtravel.hatenablog.com