2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ラオス9日目②〜理想郷ユートピアと現実問題浮上〜 世界一周295日目★後編

今朝はルアンパバーン名物の托鉢を見学。

その後宿を移動してプーシーの丘に登って世界遺産ルアンパバーンの街を一望した。

 

(1キップ=約0.135円 2017年4月13日。)

 

 ▼前回の記事 

earthtravel.hatenablog.comf:id:Relie:20171212043558j:plain

プーシーの丘を降りたら、『Utopia(ユートピア)』というレストラン&バーへ徒歩で向かった。

ここはカンボジアのプノンペンで出会った女性に

『ルアンパバーンへ行くならここがオススメです。』

とオススメされていたスポットだ。

 

f:id:Relie:20171212043601j:plain

13時30分。

細い道を通り、ユートピアに到着。

 

▼ユートピアの場所

 

f:id:Relie:20171212043607j:plain

ユートピア店内。

欧米人が好きそうなダラーンとした雰囲気。

 

f:id:Relie:20171212043610j:plain

そしてなんと言ってもここ。川沿いのテラス席

ここに寝転がってダラダラするために我々はここに来たのだ。

まさに理想郷。

 

f:id:Relie:20171212043634j:plain

運良く席が空いていた。

川は少々干からびている様子だが、まあいいだろう。

 

ちなみに、ここの席はワイファイのつながりがあまり良くない。。

(ラオスクオリティーなので時によるかもしれないが。)

 

f:id:Relie:20171212043615j:plain

f:id:Relie:20171212043620j:plain

f:id:Relie:20171212043624j:plain

f:id:Relie:20171212043629j:plain

メニューはこんな感じ。

結構たくさんメニューがあって迷っちゃう。

 

f:id:Relie:20171212043638j:plain

私はイギリスで食べて以来のフィッシュ&チップスを久々に食べてみることに。

料金は45000キップ(約607円)

 

本場イギリスのような豪快なフィッシュフライではなく、ここのやつはまるで鳥の唐揚げのような見た目。

弾力のある食感で、味もまさに鳥の唐揚げそのものだった。

これが魚だというなら、一体何の魚なんだ?

 

f:id:Relie:20171212043641j:plain

相方が注文したのはマルゲリータ。

料金は50000キップ(約675円)。

マルゲリータもそれっぽくなく、トマトソースの味はほぼしない。

トッピングでのっている小さなオリーブの味が強い。

まぁ、これはこれで美味しいのだが。

 

f:id:Relie:20171212043647j:plain

それっぽくはないが味はまぁまぁ美味しいフィッシュ&チップスとマルゲリータを方張っていると、どこからともなく猫が寄ってきた。

食料を求めてのことだろうが、私はこういう猫に餌を与えない主義。

それにもかかわらず、猫は私の足元から離れようとしない。

結局、料理を食べ終わっても猫は離れることなく、ずっと私の足元を陣取っていた。

 

f:id:Relie:20171212043651j:plain

雨が強く降ってきて、足を延ばすと足が濡れる感じになってきたので席を移動。

こちらの席はワイファイのつながり良好だった。

 

f:id:Relie:20171212043654j:plain

コンセントもあるので、パソコン作業などをするのにもオススメ。

 

f:id:Relie:20171212043658j:plain

16時20分。

相方が『危険そうなアリがいる。』と言うのでユートピアを去る。

宿があまりいいところではないので、まだまだカフェで時間を潰したい気分。

2軒目を探して街を歩くが、下手に歩きすぎるとパーティーピーポーにびしょ濡れにされる。

 

どういうわけか、地元民より欧米人たちの方が水かけを楽しんでいる感があるのは気のせいだろうか。。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20171212043702j:plain

テキトーに見つけた『Namkhong Cafe』というカフェに決める。

 

▼Namkhong Cafeの場所

 

f:id:Relie:20171212043706j:plain

f:id:Relie:20171212043710j:plain

f:id:Relie:20171212043713j:plain

メニューはこんな感じ。

 

f:id:Relie:20171212043717j:plain

アイスコーヒーを10000キップ(約135円)、

アイスクリーム3スクープを15000キップ(約202円)で注文。

あま〜い冷たいものを食べたり飲んだりしたい気分だったんだ。

 

このカフェで今後の進路についてちょっと真剣に考えてみた。

この後はタイのチェンマイに行ってその後はミャンマーにでも入国していくのだろうな、となんとなく思っていたのだが、

いろいろと調べてみるとミャンマーはビザがいるし入国も面倒くさそうだし、、

ということが発覚した。

 

さらに、

ミャンマーに行ったとしてその後はどうする?

猛暑のインドはどうする?

残金も思っていたよりあまり残ってないよ?(残りあと60〜70万円くらい)

この先南米まで行ける?

帰国したら日本一周もするの?

などなど。。

 

予算とルートを考えると、急に旅の終わりが見えてしまった感が出てきて虚しい気持ちになった。

 

そしていろいろと考えたらこの先どうしていいのかわからなくなり、

完全にお先真っ暗な状態になってしまった。

 

その流れで、帰国後何をするのか?なども頭に浮かんできて、急に現実が目の前に現れた感じがしてきて息苦しくなった。

 

こりゃそろそろちゃんとこの先を考えんとかんな、と思わされた瞬間だった。

全ては入国しづらいミャンマーのおかげだ。。

 

というか、今までよくお気楽で入られたなぁ。

 

f:id:Relie:20171212065145j:plain

最近は新たな土地についての情報や宿を探すのもかなり面倒くさくなってきている。

チェンマイ行って何するの?そこいく必要ある?どうせ似たようなところでしょ?

など。。

旅を続けることに少し疑問を抱いてしまった。

 

でも考えたら、我々は一時帰国から再出発してからまだ1ヶ月弱しか経っていない。

そんな短期間でこのような感情を抱いてしまうのは、これはもう帰った方がいいんじゃないか?

一時帰国前の6ヶ月とは何が違うんだろう?

 

パッと思い付いたのは、

予算のリミットが近づいてきたことに対する焦り。

マンネリ化。

そして目標(ゴール)のなさ。

 

特に”ゴールのなさ”というのは強く思った。

例えばアメリカ横断の時には、『35日間でサンフランシスコを目指す』という具体的な目標(ゴール)があった。

あの時は非常に充実感溢れる旅ができていた気がする。

 

目指すものがないって、こんなにも虚無なものだったのか。。

好んであてのない旅を行っていた私だが、

この時初めて期間とルートを決めてそれに従って旅していくスタイルの良さがわかった気がする。

 

目標があれば、どんな道を通ろうともそれに向かって進んでいける。

でも目標がないと、どこに向かっていいのかわからなくていまいち力が入らない。

 

このカフェではそんなことをぐるぐると考えていた。

 

でもとにかく、そんなことより今はチェンマイの後どこへ行くかを決めるのが先決だ。

私は働かなくなった頭を無理やり動かしてその先のルートを考えた。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20171212050108p:plain

18時10分。

そろそろ宿に戻ろうということになった。

相変わらず道沿いでは水かけが行われている。

 

私もちょっと被害を被ったが、

この水をかけられるという行為はありがたい行為なので怒ってはいけないらしい。。

 

f:id:Relie:20171212043724j:plain

18時50分。

スーパーに寄ってインスタント麺とポテチを買ってから宿に戻った。

今日はもうどこへも行きたくなく、夕食も軽く済ませたい気分だ。

 

夕食後。

シャワーを浴びるのもめんどくさく、先ほどカフェで考えていたことの延長戦を行い、結局そのまま就寝となった。

本当、チェンマイの後どこへ行けばいいんだろう。。

 

とにかく、明日はルアンパバーンからそのチェンマイへ飛行機移動。

まぁ、とりあえず少しでも先に進めばまた新たな先が見えてくるかな。

とポジティブに考えたい。

 

 ▼次回記事

earthtravel.hatenablog.com