読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人で地球を旅行中。〜世界一周★Earth Travel〜

2人で世界一周中‼︎初海外が世界一周になってしまったアラサー女子(相方)と海外経験まぁまぁの20半ば男子(パートナー)のどこへ行くかは気分とお金次第の旅の東西南北世界見聞録。日々の生活、ハプニング、現地情報などを日記的な感じで記録していきたいです*\(^o^)/*

スポンサーリンク



カナダ7日目〜カルガリー空港ラウンジ&トロント着〜 世界一周102日目★

北米 北米-カナダ カナダ 空港-カルガリー国際空港 空港 カナダ-トロント
スポンサーリンク



https://gyazo.com/55a5a425b4ffa412cdeae4544e746eff

午前6時イエローナイフ空港を離陸した飛行機は、無事カルガリー国際空港に到着した。

 

前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

旅のインスタ(ほぼリアルタイム更新)↓↓

www.instagram.com

 

YouTube(ようつべ) ↓↓

www.youtube.com

 

 

 

https://gyazo.com/a6877e9cdf7673db3f9f72ccf8731cb2

https://gyazo.com/80fc85c27d0ce02d202522d540378d7d

カルガリー国際空港には遊園地のような雰囲気があり子供が喜びそうだった。

例によって向かう先は空港ラウンジなのだが、その場所がなかなか見つけられない。

イオローナイフほどではないが、こんなに小規模な空港なのになぜ見つからないんだ。

いや、小規模すぎてそもそもラウンジなど存在しないのか。

それでもネット情報によると確実にこの空港内のどこかにそれは存在するはず。

その辺の店の人に聞くところによると、ラウンジはセキュリティーチェックを出てすぐ左側にあるとのこと。

先ほどセキュリティーチェック付近まで探しに行った時にはそれらしき所は見当たらなかったのだが、我々はまた同じ道を戻り再びセキュリティーチェックのところまで歩いて行った。

 

https://gyazo.com/9cba2f6d1e0341027bee0b19cf383c37

 よく見ると確かにラウンジがあった。

しかしその場所はメイン通りから少し奥に入ったところだったためあまり目立たず、それゆえ先ほど気づくことができなかったのだ。

 

https://gyazo.com/93b3fb6f791b5632bf218436181ee24f

https://gyazo.com/203f11c2ce3b90fe3951786973bec536

https://gyazo.com/8032afd377160a81daf856316ce6cf16

https://gyazo.com/afb73512fd4d76a7a4e2820cf310eec8

カルガリー国際空港のラウンジはCHINOOK LOUNGE と言った。

規模は空港同様あまり大きくはなく、冷たいサンドイッチや野菜にフルーツがメイン的な感じで、あとはポテトチップスなどのスナック類がちらほら用意されていた。

 

https://gyazo.com/0e39c459ec430739ad778548284e2c95

https://gyazo.com/58a3d70a9fab577a09cdb75b7da5b90e

https://gyazo.com/883ceeb53359288a00dc19c37efa5715

 規模は小さいが、このラウンジからは飛行機の滑走路を眺めることがでた。

朝の陽の光を浴び、いい1日が始まりそうな予感がする。

 

https://gyazo.com/01cbab2201c9c15bb46028693c0303b3

例によって我々はこのラウンジでの食事を朝食とし、10時に搭乗ゲートに向かうまで約1時間ラウンジを満喫した。

 

https://gyazo.com/1d810a482c057ed94f32c1ef4e9af421

10時30分、トロント行きの飛行機はカルガリー国際空港を飛び立った。

航空会社はまたしてもウエストジェット。

もうこの飛行機の中で提供されるドリンク&スナックサービスにもすっかり慣れ、このやりとりに関しては何の突っ掛かりもなくごく自然にCAさんとやりとりできるようになっていた。

言語って、こうして同じようなシチュエーションを繰り返し慣れながら身につけていくものなのだなと改めて感じた。

 

https://gyazo.com/4a69e091fe4daa8cb658a9b99da70416

 現地時間の16時30分ごろ、我々を乗せた飛行機はトロントピアソン国際空港に到着した。

飛行機を降り荷物受取所へ向かう途中にこの空港のラウンジがあった。

これほど大きな空港ならそのラウンジの規模も空港に比例して大きいものに違いない。

そう思った我々はこのラウンジへの入場を試みようと考えた。

しかし入ってもすぐに出ないと手荷物がずーとコンベアで流されっぱなしになってしまうし、第一この空港発の航空券を持たない我々がこのラウンジを使用できるのかどうか分からなかった。

少し悩んだ結果、今回はこのラウンジはスルーすることにした。

荷物を受け取り空港を出て、192番のバスでトロント市街へ向かった。

料金は確か1人3カナダドル(約234円)くらい

精算に手こずっていると、全額を払う前に『もういいから乗れ』的なことを運転手に言われ、結局2人で5.25カナダドル(約409円)しか払わなかった。

この現象はカナダに来て2度目だ。

 

https://gyazo.com/38dc5d778eb2f588990bbf9621ec6b38

バスは20分ほどでkiplimg(キプリング)駅に到着し、そこで乗客全員がバスを降りた。

そこからまた地下鉄の切符を買って市街地まで行くのかと思いきや、辺りを見渡しても駅内に切符売り場のようなものは見当たらなかった。

改札すらないのでそれならと思い、そのまま地下鉄に乗り込み今回の宿の最寄駅であるクリスティー駅へと向かった。

 

https://gyazo.com/7cd7ed55024c22443ddb75b09960606e

約20分後、クリスティー駅に到着した。

切符を買っていなかったこともあり無事に駅から出れるか少し心配だった。

しかしこの駅には改札はあるもののなぜか改札を通らなくても出入りできるスペースもあり、駅員がいる窓口も無人状態となっていた。

そのため何事もなく駅から外へ出ることができた。

駅を出たら宿の位置を確認するためまず管理人さんに電話をした。

その電話で今回の宿が現金払いであることを思い出し、慌てて近くのATMで現金200カナダドル(約15600円)をおろした。

この時私はカナダに来て初めて現金を手にした。

ちなみにATM手数料2.50カナダドル(約195円)をとられた。 

 

https://gyazo.com/d2210394c8a709aeddca5dd5474e4077

クリスティー駅はトロント中心地からわずか数駅という好立地。

さらに今回の宿はそんな好立地のクリスティー駅の目の前という重ねての立地の良さ。

 

https://gyazo.com/54e1d4823e5dba8dcba84419939eb092

https://gyazo.com/7dd063a7b10b4c2d88377695db6db75a

e-Maple(イーメイプル)という主にカナダでワーホリをしている人向けのサイトで見つけ出した短期滞在OKのシェアハウスが今回の宿となる。

値段は5泊2人で250カナダドル(約19500円)。

1人1泊25カナダドル(約1950円)。

この好立地、さらにキッチン付きでこの値段はなかなか安い方なのではないか。

衛生面の問題もなかったし。

 

https://gyazo.com/1709ac2cb7fcbf834b034c6cc93f03e7

 宿で少しくつろいだ後、買い物がてら外へ散歩へ出ることにした。

クリスティー駅一帯はコリアンタウンになっていて、韓国料理屋や韓国スーパーが軒を連ねていて、通行人にも韓国人が多い。

 

https://gyazo.com/040843fcde02dea3423fd798d496a81e

我々はP.A.T centralという韓国スーパーで白菜、玉ねぎ、豚肉、米を11.86カナダドル(約937円)で購入した。

韓国スーパーの物価はなかなか高かったので一度そこを出て街をぶらつき他のスーパーにも入ってみた。

しかしどこも物価は変わらず、結局は品揃えが一番豊富であろう韓国スーパーでこれらの食材を購入することになった。

物価が高いとはいえ、豚肉は100gあたり1.01カナダドル(約78円)というかなりの安さだった。

 

https://gyazo.com/526d7aee24d7601268d8117766057ec5

20時ごろ、宿の共用キッチンで夕食作りを開始した。

今夜の献立は豚肉丼。

 

https://gyazo.com/5c827c0efa2adbaa5f673d07f9137688

 米の量が少なかったことと味付けの薄さは少々気になったが、肉は柔らかくてなかなか美味しかった。

次はあらかじめ肉を醤油に漬け置きして味をつけておこう。

 

明日は天気が良さそうなので船に乗ってトロントアイランドにでも行ってみよう。

スポンサーリンク