2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ベトナム9日目①〜ドラゴンブリッジとマードラゴン。フエ行きのバスチケット購入〜 世界一周280日目★前編

現在ベトナムのリゾート地、ダナン。

ここで、一歩間違えば即帰国という旅史上最悪な喧嘩をしてしまった我々だが、昨日なんとか仲直り。

気持ちを新たにホテルを変更し、

その変更したホテルというのがおそらく旅史上最高のホテル候補になるくらい素晴らしいホテルで、下降気味だった我々のテンションも一気に急上昇。

 

今日は前回は喧嘩のためあまり楽しめなかった世界遺産の街ホイアンにもう一度訪れる予定。

まぁこれも、ホテルでホイアンの無料送迎サービスがあったから行くことにしたんだけどね。

 

(1ドン=約0.00485円 2万ドン=約97円 2017年3月30日。)

 

◉前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

f:id:Relie:20171119144024j:plain

朝6時30分ごろ起床。

外を見ると、ホテル前の道をスタッフが掃除しているではないか。

こんなに朝早くから、感心感心。

さすがは日系のホテル。

すべてが日本流。

 

f:id:Relie:20171119143212j:plain

我々が張り切って早起きをした理由はこれ。

朝食バイキング。

 

f:id:Relie:20171119143221j:plain

バイキング形式の他にも、オーダー制のメニューもある。

 

f:id:Relie:20171119143235j:plain

日本米、味噌汁、焼き鮭など、日本食が豊富に揃えられているのが嬉しすぎる。

しかも味も美味しい。

 

f:id:Relie:20171119143246j:plain

こちらオーダー制のおかゆ。

 

f:id:Relie:20171119143258j:plain

こちらもオーダー制。

なんっていう料理かは忘れた。。

 

f:id:Relie:20171119143307j:plain

玉子焼きはこんな感じのが出てきた。

 

f:id:Relie:20171119144442j:plain

そして個人的に嬉しかったのは、ベトナムコーヒー飲み放題

こちらもオーダー制で、注文をしてから作ってくれる。

味もカフェ顔負けにうまい。

バンバン飲みたいところだったが、オーダー制だと少し気を使うのも事実。。

 

f:id:Relie:20171119143320j:plain

ちなみに朝食会場は昨晩の『夜泣きフォー』と同じ最上階のレストラン。

眺望のいいところで食べる朝ごはんはうまさが増す。

 

f:id:Relie:20171119143418j:plain

豪華な朝食に大満足。

その後は部屋でゆっくりと過ごした。

ホイアンへの送迎は15時15分なので、それまではミーケビーチなどへ行ってもいいな、と考えていたのだが、

部屋の居心地が良すぎてなかなか動くになれなず、

結局、時間がなくなりミーケビーチは諦めた。

 

f:id:Relie:20171119143337p:plain

12時過ぎごろ。

ダナンから次の目的地フエへ行くためのバスを予約しなければならないことを思い出した我々は、徒歩でダナン市街にあるShin Tourist(シン・ツーリスト)のオフィスへ。

 

ホテルを出ようとすると、受付のお姉さんが私に渡したいものがあると言ってきた。

『今日、誕生日ですね?』

そう言って私にコブクロを手渡してきたのだ。

 

私の誕生日は明日なんだが、、

 

と思いつつも、ことを穏便に進めるために『ありがとうございます!』と言って笑顔でプレゼントを受け取った。

”誕生日にホテルに宿泊するときは一言受付に言えば何かサービスがあるかもしれない”

という話は聞いたことがあるが、

何も言わなくてもこのようなサービスを用意してくれたことにすごく驚いた。

 

ますますこのホテルの評価が高まってしまうではないか。

 

f:id:Relie:20171119143445j:plain

13時。

ホテルから徒歩約30分シンツーリストオフィスに到着。

全然見つからなくてようやく見つけたと思ったら、門が閉まっているではないか。。

どおりで見つけづらかったわけだ。。

 

隣の店の人に聞いてみると、

『今は昼休憩中だから、1時間後くらいに再開すると思うよ。』

と言われる。

 

”い、1時間後だと。。!?”

 

◉シンツアーダナン支店の場所(だいたいこの辺)↓↓

 

f:id:Relie:20171119143353j:plain

仕方がないので暇つぶしがてらドラゴンブリッジへ散歩。

2013年に開通した文字どおりドラゴンの橋はダナンの新名所か。

 

f:id:Relie:20171119143402j:plain

長さ666メートル。

毎週土日の20時45分〜約30分間、

このドラゴンは火を噴くそう。

さらに火を噴いた後は水も噴くそう。

その時間帯はドラゴンブリッジ周辺に大勢の人だかりができるらしい。

 

f:id:Relie:20171119143412j:plain

f:id:Relie:20171119143431j:plain

全体でみたらこんな感じ。

ダナンも派手なの作ったなぁ。

 

f:id:Relie:20171119143425j:plain

そしてドラゴンブリッジを渡りきって少し進んだところには、

『マーライオン』ならぬ『マードラゴン』たるものがあった。

 

若干名古屋のしゃちほこを連想させるが、

確かにマードラゴンという言葉がしっくりとくる。

本家シンガポールのマーライオン同様、水を吐いたり夜になるとライトアップされるらしいが、

我々が訪れた時は残念ながら水は吐ききってしまっていたようだ。

ちなみに、完成したのは2015年とわりと最近。

 

◉マードラゴンの場所↓↓

 

f:id:Relie:20171119143456j:plain

そして、

ここマードラゴン周辺は『愛の桟橋』というエリアになっていた。

 

f:id:Relie:20171119143440j:plain

もちろん定番の南京錠もたくさんかけてあった。

いわゆる、リア充スポットだな。

まだまだ閑散としていたので、シンガポールくらいの賑わいぶりになるまではまだ長い道のりがありそうだ。

 

f:id:Relie:20171119143501j:plain

14時10分。

言われた通り1時間後くらいに戻ってきたら、シンツーリストオフィスは開いていた。

 

f:id:Relie:20171119143510j:plain

店内には時刻表があるのでわかりやすい。

 

f:id:Relie:20171119153138p:plain

明日の14時30分ダナン発フエ行きのバスチケットを購入。

料金は1人99000ドン(約480円)。

 

明日14時にはこのオフィスにくるように言われた。

フエ到着は同日17時の予定。

 

何はともあれ、無事にフエ行きのバスチケットをゲットできてよかった。

これが満席だったらもう一泊あの素晴らしいホテルに宿泊するという口実ができたのも事実だが。

 

〜後半へ続く〜