2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ベトナム4日目②〜ホーチミン観光&焼肉アゲイン&おじさん家にお泊り〜 世界一周275日目★後編

今日は朝6時に起床し、ホーチミンの朝の顔を散歩しながら見学した。

 

公園へ行けばズンバ太極拳。交差点を見ればカオス。 市場へ行けばフォー

 

ベトナムの朝は面白みに満ちていた。

 

お昼ごはんに珍しいビーフシチュー味のフォーをいただいた後、

とりあえず夜におじさんと合流するまでホーチミンの街をプラプラして暇をつぶす。

 

(20000ドン=約97円 2017年3月25日。)

 

▼前回の記事

earthtravel.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

f:id:Relie:20171111111147j:plain

 12時50分。

昼食後は適当に散歩。

 

ベトナムの国花『蓮(ハス)の花』が綺麗だ。

 

f:id:Relie:20171111094549j:plain

途中、公衆トイレへ。

 

f:id:Relie:20171111094545j:plain

この公衆トイレ、なぜか履物をトイレ用に履き替えなければならない。

変なところで厳しいな。

 

f:id:Relie:20171111094616j:plain

『ベトナムの雑貨マート』と書かれた店に寄ってみた。

 

f:id:Relie:20171111094554j:plain

ここのお店、すごくサービス精神旺盛でお茶とかコーヒー、ワインとかビール、クッキーとかチョコレートまでサービスで置いてある。

 

f:id:Relie:20171111094602j:plain

2階はこんな感じで、がっつり休憩できるような空間。

 

f:id:Relie:20171111094607j:plain

卓上にはどうぞと言わんばかりに試食が置いてあり、イスに座って休んでいるとスタッフがお茶を持ってきてくれる。

 

すごく嬉しいサービスなのだが、何も買う予定のない我々が堂々とくつろぐのはなんか気まずかった。。

 

f:id:Relie:20171111094622j:plain

お次に訪れたのは『たんぽぽ』という雑貨屋さん。

名前からして日系の店だなと想像がつく。

 

f:id:Relie:20171111094626j:plain

『アジアでは雑貨を買いまくる。』

 

とか言いながらここまでほぼ何も買っていない相方は、ここで札入れを1つ購入。

 

カンボジアもそうだったけど、

ベトナムにはコインのお金というものが存在せず、札のみが出回っている。

 

そうなるとおのずと札ばかりがどんどんたまっていくので、札入れが欲しくなるというのは自然な流れ。

 

1つ3ドルだったが、

H.I.S.の無料ラウンジでもらったマップにたんぽぽの10%オフクーポンがついていたので、それを使って安く買うことができた。

 

f:id:Relie:20171111094644j:plain

14時。

買い物も済ませたくさん歩いて少し疲れたということで、近くにあったカフェへ入った。

 

おしゃれなカフェがそこらじゅうにあるのと、

ベトナムコーヒーの意外なうまさにハマりつつあるということもあって、私はちょっとカフェ巡りが楽しくなってきていた。

 

女子の気持ちが少しわかったような。

 

f:id:Relie:20171111094639j:plain

ここのカフェ、店内はおしゃれな雰囲気でいいのだが、それなりに繁盛していて全然席が空いてねぇ。

 

f:id:Relie:20171111094631j:plain

結局2階の狭〜いテラス席に腰掛けて一息つく。

テラス席ではクーラーが効いてないので暑い。

特に今日は日差しが強く本当に暑い。。

 

f:id:Relie:20171111094635j:plain

さらに追い討ちをかけるように、掃除のおばちゃんが容赦なく足元にモップを突っ込んでくる。

 

ま、このあたりは発展途上国の真骨頂だろう。

 

f:id:Relie:20171111094649j:plain

全くくつろげないままたまらずカフェを飛び出し、宿に戻る。

 

途中、インド系の寺院を見つけたので入ってみた。

 

f:id:Relie:20171111094654j:plain

マレーシアやシンガポールでよく見た雰囲気。

 

やはりヒンドゥー教寺院は新鮮だ。

 

f:id:Relie:20171111094659j:plain

サイババの写真が飾られていた。

 

f:id:Relie:20171111094709j:plain

f:id:Relie:20171111094716j:plain

f:id:Relie:20171111094723j:plain

その後、宿近くのロッテリアの3階へ登り、今朝同様交差点を見下ろしてみる。

 

相変わらずカオス。

 

朝よりすごいことになっている気がするが、決してぶつからない日体大の集団行動ぶりは健在。

 

f:id:Relie:20171111094729j:plain

16時30分。

18時になったらおじさんが迎えに来てくれるので、それまで宿のくつろぎスペースでくつろぐ。

 

私はこの時なぜか頭が痛かったので、少し仮眠をとった。

 

f:id:Relie:20171111094735j:plain

おじさんは仕事帰りに我々の宿に寄ってくれた。

そして、ついでに昨日注文しておいたオーダーメイドのアオザイを取りに行く。

 

運転手に地図を見せてアオザイ屋さんの場所を言っているのに、なぜか違う店に連れて行かれた。

 

どうやら同じ名前の店が2店あるみたいで、連れて行かれた方が本店っぽい雰囲気。

 

でも、なんで地図を見せているのにその場所へ行こうとしてくれないのだろう。。

 

f:id:Relie:20171111094739j:plain

昨日我々が行った店から若い娘が出来上がったアオザイを持ってきてくれた。

早速着てみてサイズを確かめる。

 

がしかし、ズボンの裾が少し長いと。。

 

1時間でお直しができるというが、今日はもう待っている時間はない。

 

明後日にまた取りに来る約束をし、今日のところはお金だけ払って店を後にした。

 

『支払いはまた今度でもいいわよ。』

 

という若い娘の横からすかさず

 

『今よ。』 

 

と割り込んできたおばちゃんスタッフが少し怖かった。。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:Relie:20171111094747j:plain

20時。

おばさんとも合流し、今夜の晩御飯はまたしても焼肉。

 

しかも今回は日本風の焼肉ではなく、本場韓国の焼肉店だ。

 

f:id:Relie:20171111094752j:plain

今日もたくさんご馳走になった。

もう食えない状態になってもまだまだ料理が運ばれてくるという、超贅沢な苦しさ。

 

日本風の焼肉もうまかったけど、やはり本場韓国の焼肉もうまい。

 

f:id:Relie:20171111094804j:plain

22時前。

夕食後はおじさんとおばさんが住んでいる家へお邪魔する。

 

予想をはるかに上回るめっちゃいいところでビックリした。

 

f:id:Relie:20171111094759j:plain

”これホテルじゃん!”っていうクオリティー。

 

しかも外には専用のプールがあるという贅沢さ。

 

基本貧乏旅行を続けてきた我々にとっては天国のような環境だ。

 

f:id:Relie:20171111094829j:plain

寝る前にはレモンティー。

これもめちゃうまかった。

 

本当、ホーチミンにいてくれてありがとう、おじさん&おばさん。

 

そう感謝しながら、今日はゆっくりと疲れを癒し就寝した。

 

▼次回記事

earthtravel.hatenablog.com

 

 ▼あわせて読みたい 

earthtravel.hatenablog.com

earthtravel.hatenablog.com