2人で地球を旅行中。(カップル世界一周ブログ)

カップル世界一周ブログ。初海外が世界一周のアラサー女子と海外経験まぁまぁの20半ば男子の旅の東西南北世界見聞録。そこへ行くかはお金と気分次第。海外の情報や日々の生活を書き留めます。

スポンサーリンク



ベトナム7日目①〜ダナンからローカルバスで世界遺産ホイアンへ〜 世界一周278日目★前編

昨日、

ベトナム南部の都市ホーチミンから飛行機でベトナム中部のリゾート地ダナンへ飛んできた我々。

 

ホーチミンからダナンまではバスでも行けてバスの方が値段は安いが、

時間と費用をトータルで考えた場合圧倒的に飛行機の方がコスパがいいということがわかったので飛行機を使用した。

(*詳しくはこの記事内で↓↓)

earthtravel.hatenablog.com

 

ダナンではちょっとホテルをミスって、正直あまりいい滑り出しとは言えない。

特に相方の方は『ダナンではいいホテルに安く泊まるぞ!』と前々から意気込んでいたので、そのショックは私の数倍ほどに及んでいることだろう。。

 

(1ドン=約0.00485円 2万ドン=約97円 2017年3月28日。)

◉前回の記事↓↓

earthtravel.hatenablog.com

f:id:Relie:20171115100443j:plain

朝8時起床。

ホテルからの景色。

空はあいにくの曇り模様。

 

f:id:Relie:20171115100448j:plain

無料の朝食はフォーだった。

ホテルのクオリティーからしてあまり期待していなかったが、

心のどこかで少し期待をしてしまっていた我々が馬鹿だった。

全然美味しくない。。

 

f:id:Relie:20171114214624j:plain

朝食のマズさにとどめを刺された我々は、ちょっと考えた後受付へ行った。

明日の宿泊のキャンセルを申し出に行ったのだ。

もちろん、キャンセル料は全額かかる。

でも、900円くらいなら払ってでも別のホテルに泊まりたい。

そんな相方の強い希望でキャンセルに踏み切ったわけだ。

 

我々がキャンセルを申し出ると、オーナーが出てきて直接交渉。

『なんでだ?何かこのホテルに悪いことでもあったのか?』

オーナーはしきりにそう聞いてくるが、

我々は『予定が変わったんだ。』と言って何とかキャンセルすることに成功。

 

というか、何でキャンセルするだけなのにこんなに労力と時間がかかるんだ。。

 

f:id:Relie:20171115100453j:plain

10時。外出。

この時、

宿をキャンセルしたことによってなぜか我々の間に不穏な空気が流れてしまい、ほぼ別行動みたいな感じでダナンの街中へ徒歩で向かっていった。

 

f:id:Relie:20171115100458j:plain

相方はどんどん先へ進んでいってしまい、ついには見えなくなってしまった。。

 

f:id:Relie:20171115100503j:plain

10時40分。

目的地としていたH.I.S.のダナン支店に到着。

 

f:id:Relie:20171115100523j:plain

ここもホーチミン同様、『Grobal Tour Lounge』という無料のラウンジがある。

聞くところによると、H.I.S.は近年ベトナムに力を入れているらしい。

 

 *ホーチミンのグローバルツアーラウンジ↓↓

earthtravel.hatenablog.com

 

◉H.I.S.ダナン支店の場所↓↓

 

f:id:Relie:20171115100528j:plain

お土産も売っているし、

 

f:id:Relie:20171115100513j:plain

アオザイレンタルもあるし、

 

f:id:Relie:20171115100518j:plain

2階にあるのがラウンジかな。

今回はなんとなく使用するのは控えておいた。

 

f:id:Relie:20171116151458j:plain

ホーチミンで行ったボディーマッサージ&スパの味が忘れられなくなってしまった我々は、ここダナンでもスパへ行こうと考えていた。

 

そこでとりあえずH.I.S.にスパのオプションを見に来たわけだが、

さすがに少々値が張るものが多い。

まぁ行ったとして480000ドン(約2328円)のやつかな〜。

 

f:id:Relie:20171115100532j:plain

11時20分。

我々の間に漂っている不穏な空気はいまだ解消されていないので、特にスパを申し込むこともなくH.I.S.を出た。

 

とりあえず訪れたのは近くにあったダナン大聖堂。

ピンキーで可愛らしい大聖堂だ。

空が青かったらすごく色合いが良かっただろうな。

教会てっぺんの十字架の上には風見鶏のように鶏が付いていることから、

『鶏教会』という愛称が付いている。

 

f:id:Relie:20171115100537j:plain

ダナン大聖堂はフランス統治時代の1923年に完成したカトリック教会。

ダナンに建てられた唯一の教会なのらしい。

 

内部見学は自由にできるが、ミサの時間じゃないと開放されていないのだという。

ミサの時間は5時と17時。

日曜日は 5:15 8:00 10:00 17:00 18:30 と頻繁に行われていみたい。

 

f:id:Relie:20171116153136j:plain

教会内部は入れなかったので、教会の周りだけ見学していった。

 

f:id:Relie:20171115100542j:plain

11時30分。

ダナン大聖堂の前にあるバス停から、ローカルバスに乗って世界遺産の街ホイアンへ向かう。

ダナンからホイアンへ行くのはこのローカルバスを使用するのが最安

 

◉ダナン大聖堂前のホイアン行きバス停の場所↓↓

 

f:id:Relie:20171115100548j:plain

ホイアン行きのバスは頻繁に出ているっぽく、この時もすぐに来た。

『Hoi An』と書かれたバスが来たら手を上げてバスを止めて乗り込む。

 

f:id:Relie:20171115100553j:plain

しばらく乗っていると、料金徴収係の兄ちゃんが回ってくるのでそのタイミングで支払いをする。

 

実はこのローカルバスには外国人料金と地元民料金があって、

観光客の場合だと1人40000ドン〜(約194円〜)くらい請求されるらしい。

地元民価格だと1人15000ドン(約72円)くらいだったかな。

そういう事前情報を持っていたので、我々は『ホイアン』と言って1人25000ドン(約121円)を徴収係に渡した。

 (ちょっと多めに払う感じね。)

 

f:id:Relie:20171115100558j:plain

その時はそれで事が済んだが、

すべての回収が終わると徴収係が我々の元に戻ってきて『もっと金をよこせ。』と言ってきた。

『もうお金は払ったでしょ。』と言って無視していたら、徴収係は諦めたらしくもうそれ以上金を請求してくることはなかった。

まぁ、たった数十円のことなんだけどね。

 

ちなみに、

先ほど訪れたH.I.S.だとダナンからホイアンまでのシャトルバスは1人8ドル(片道!?)かかるという。

 

f:id:Relie:20171115100603j:plain

12時30分。ダナン大聖堂前から約1時間でホイアンに到着。

 

バスはホイアンの中心から1㎞くらい離れた場所に停まる。

そこらバイクタクシーを使うという方法もあるが、1kmくらいだったら我々は徒歩で向かった。

 

〜後半へ続く(ホイアンの街散策)〜

earthtravel.hatenablog.com

 

◉タイムズスクエア年越し情報↓↓ 

earthtravel.hatenablog.com